管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮 上から下まで皆おなじ
 祖国が大変なことをやらかしたのにもかかわらず、未だに知らん顔して差別だの弾圧だのと言って、喚いている朝鮮総連とその関係者達。先日のエントリーでは、薬事法違反の容疑などで警察当局が朝鮮総連を家宅捜索したことに対して、衆院議員会館前で嫌がらせもとい抗議の座り込みをしたり、都内で抗議集会を開いた・・というニュースを紹介しました。

 彼らは自分達の非は一切認めず、とにかくうるさく騒いで存在アピールをしておられるわけですが、彼らの祖国である北朝鮮も、同じようなアピールを行っているようです。しかも国際会議の場で。こちらをご覧ください。(IZA産経から以下引用)

北の薬物、狭める包囲網 国連会議が“日本案”を全会一致で採択

 タイ・バンコクで11月開かれたアジア太平洋地域の薬物の取り締まりに関する会議(国連加盟の27カ国・2地域が参加)で、日本の警察庁が提案した「北朝鮮の薬物密輸に対する国際協力」の勧告案が全会一致で採択された。取締実務者による国連会議で、特定の国に対する包囲網の強化が採択されるのは異例。

 北朝鮮は会議加盟国でないにもかかわらず採決直前に外交官らが議場に“乱入”、対日非難や反論を展開して“妨害”に及んだが、中韓の支持を得られず、包囲網を狭められる結果になった。

 会議は国連の「アジア太平洋地域薬物取締機関長会議」。11月14日から17日まで、バンコクの国連会議センターで日本、中国、韓国、ロシアやフィリピン、タイなど27カ国と2地域が参加した。日本からは警察庁と海上保安庁が出席。ヘロインの密売や証人の保護、海上取引対策などが議論された。

 警察庁は会議3日目に、北朝鮮を積み出し地とする薬物密輸事件について発表。平成13年12月に鹿児島県奄美大島沖で北朝鮮の工作船が海保の巡視船と銃撃の末、自沈した事件が北朝鮮による覚醒(かくせい)剤密輸事件と判明した経緯や、日本近海で10年、12年、14年に起きた覚醒剤漂着事件と北朝鮮との関連などを銃撃シーンの映像を流しながら説明した。北朝鮮の国家犯罪である薬物の密輸に対する情報交換や取り締まり連携の強化を訴え、勧告の採択を提案した。

 これに対し北朝鮮は、最終日の採決直前、在タイ大使館員とESCAP(国連アジア太平洋経済社会委員会)代表部員の2人が、突然議場に乗り込んだ

 北朝鮮は会議加盟国でないにもかかわらず、2人は会議事務局に「わが国は国連加盟国であり、会議への参加を拒む理由はない」「議席をよこせ」などと大声で怒鳴り立て、議場は騒然としたという

 会議出席者によると、「参加国側は北朝鮮側の意向を受け入れ、議席を与えることになり、北朝鮮代表のためにわざわざ席を1つずつずれ、急ごしらえの名札も据えた」という。

 北朝鮮の大使館員らはこの席で、「日本の発表は、国際社会での(北朝鮮に対する)名誉棄損である。薬物はわが国でも違法であり、厳しく取り締まっている。日本こそ、しっかり取り締まったらどうか」「日本の勧告案は、わが国を陥れようとする誹謗(ひぼう)中傷で、政治的な意図を感じる」などと、約5分にわたり気色ばんだ。

 会議出席者は「演説は北朝鮮のテレビアナウンサーのようにヒステリックな調子で、原稿を読み上げていた」と証言。「各国代表は騒然とするやら、あっけにとられるやらで、異様な出来事を楽しんでいる代表団すらあった」という。

 結局、勧告案は、心配された中国、韓国、ロシアの反対もなく、全会一致で通過。包囲網の構築が決まった。

 各国の外交上の利害が錯綜(さくそう)する国連の会議では、特定の国を名指しして非難・制裁的な対策をとる決議の採択には消極的な傾向が強い。しかし今回の薬物取り締まり決議は「各国の反対もなく、すんなり通過した」(警察庁幹部)。日本の「捜査力」が、北朝鮮の妨害工作を排除した格好となった。(加藤達也)


 がはは・・『異様な出来事を楽しんでいる代表団すらあった』って(笑)。ああ、この場にいたかったなあ。あの名調子(?)を生で聞けるなんて激しくうらやましい。しかもこれだけ大騒ぎしたのにスルーされるとは・・下手なお笑い番組より面白かったでしょうね。

 演説ではナニナニ?『薬物はわが国でも違法であり、厳しく取り締まっている。日本こそ、しっかり取り締まったらどうか』と反論ですか。おいおい、『国家ぐるみ』で麻薬の製造・販売をしているくせに、どの口が言いますか?という話ですよ。それに名誉毀損だの誹謗中傷だの、言うことが相変わらずですねえ。

 しかしさすがというか当然というか、気に入らないことがあれば押しかけて騒ぎまくるのは、総連も本国も同じなんですね。外交官レベルでも同じようなことをやるなんて、ちょっと信じられないですが、この手の騒ぎを国際会議の場で起こすのは、国際社会が北朝鮮、さらに言えば半島の人々の『アレさ(関連エントリー2を参照)』を理解するのに役立つと思うので、どんどんやれば良いと思う。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:更新再開のご挨拶&ノイジーなだけの団体
関連エントリー2:韓国 被害者はやめられない
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。