管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 破滅まっしぐら
 北朝鮮による核実験実施の発表を機に、外交部、国防部、統一部など、外交・安全保障関係トップの人事の改編に踏み切った韓国。しかしこの人事によって、これまでの反米・親北姿勢が改まるのかと言えばそうではなく、盧武鉉大統領のお気に入りがそれぞれ後任におさまる予定になっていることから、ヘタをすればさらに反米・親北姿勢が鮮明になる気配を見せております。

 以前のエントリーでは、潘基文外相の後任候補の中で、最有力と目される宋旻淳氏が、米国を無駄に刺激する発言をして物議をかもしているというニュースを紹介しましたが、次の統一部長官に内定している人も、何やら危うい発言をしているようです。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

朝鮮戦争しぶしぶ「南侵」 拉致「事実かどうか…」 親北の韓国新統一相

 【ソウル=黒田勝弘】「朝鮮戦争が北の侵略戦争だったかどうか言えない」「北による外国人拉致など事実かどうかは判断できない」-が韓国で盧武鉉大統領によって新しい統一相に指名された李在禎氏(62)が、国会の人事聴聞会であまりにも“親・北朝鮮”的な姿勢を見せ問題になっている。ハンナラ党など野党陣営は「南北関係を担当する統一相にはふさわしくない人物」として正式任命には反対しているが、盧大統領はそのまま任命強行の方針だ。

 李氏は神学博士号を持つ英国聖公会系の牧師出身。左派・親北のキリスト教反政府活動家として知られ国会議員も務めた。盧大統領当選に功績があり、先の内閣改造で統一相に起用され保守派などから強い懸念の声が上がっていた。

 李氏は国会聴聞会で「金日成をどう評価するか?」と聞かれ「(評価は)歴史がやることだが歴史的に(まだ)整理されていない」と回答を避け、「朝鮮戦争は北による侵略と思うか?」との質問にもしばらく沈黙した後、「自分がここで言うのは適切でない」と述べた

 質問者が「北を非難したくないというのは分かるが、歴史的事実には明確な認識が必要だ」とさらに追及したためやっと「南侵という事実はすでに規定されている」としぶしぶ答えた。

 また「スパイ事件やドル偽造、麻薬密売など北朝鮮による国際的な不法行為が拡散しているが」との質問に対しては「確証がない」と述べ、「北では拷問、公開処刑、女性の人権侵害、外国人拉致なども起きているが…」という質問に対しても「民主化された国でも似たようなことがある。そうしたことは検証する方法がないので事実かどうか判断することはできない」と答えた。

 拉致事件に関しては、日本人拉致にかかわったとして日本政府が国際手配したキム・ミョンスクや辛光洙容疑者(韓国政府が北に送還)について韓明淑首相は国会答弁で「(そんな人物は)知らない」と答えている

 さらに李氏は「過去、韓国の軍事政権は統一の障害物として批判したが北の軍事政権は批判しないのか?」との質問には「北はともに統一すべき相手であり、わが国の内部体制を批判することと北を批判することは違う」と述べるなど、最後まで北朝鮮に対する批判、非難は避けた。

 盧政権は対北政策で表向き対米協調や日米韓協力を強調しているが、今回の統一相人事をはじめ国内的には依然、親北姿勢を維持、強化するなど“二重性”が目立つ
(産経新聞) - 11月22日8時1分更新


 わははは・・今度の統一部長官は、絵に描いたような親北派のようですね。前の人も酷かったですが、さらにその上をゆく感じです。朝鮮戦争勃発の際、韓国が北朝鮮に攻め入ったという北進論を唱えているのは、今や北朝鮮とその関係者(工作員・信奉者)のみ。

 それを『しぶしぶ認める』、北朝鮮による外国人拉致は、金正日自らが『認めている』にもかかわらず『事実かどうか判断できない』などと言う・・間違いなく工作員かなにかでしょう。こういった人が南北の統一問題を扱う部署のトップに立てば、どうなるかは自明ですね。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 下り坂転がり続ける
関連エントリー2:韓国 ヤバすぎる人事
スポンサーサイト
民主党 若手の決起まだあ?
 今年最大の決戦と位置づけた沖縄の知事選に敗れ、知事選前までは悉く拒否していた国会での審議に、どの面下げてか『条件付』で復帰することにした民主党。

 知事選の結果を受けて、民主党の鳩山幹事長は談話を発表し、その内容を当ブログでは紹介しましたが、鳩山氏は負けたにもかかわらず責任感ゼロの電波を放出(関連エントリー参照)。21日、小沢代表も何やら電波を放出していたようです。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュース毎日から以下引用)

<小沢代表>参院選へ向けた野党共闘路線は変えない

 民主党の小沢一郎代表は21日の記者会見で、来夏の参院選へ向け与党との対立軸を鮮明にする野党共闘路線について「沖縄で負けたから変えますなんて、そんなバカなことはない」と述べ、19日の沖縄知事選の野党候補敗北を受けて見直す考えはないことを強調した。党内が意気消沈しているとの指摘に対しては「全然そう思わない。(12日の福島知事選と19日の福岡市長選を合わせた)三つのうち二つ勝ったんだから」と反論した。
(毎日新聞) - 11月21日18時34分更新


 わはは・・物は言いようですな。2勝1敗ですが何か?とでも言いたげですが、先の衆院補選の神奈川16区と大阪9区で負けてますが?それを合わせると2勝3敗ですよね(笑)。何がなんでも責任は取りたくないと。そういうことですね、鳩山さんと同じく。

 で、野党共闘路線を変えるつもりはないと。圧倒的とは言えないものの、比較的アッチ系の主張が受け入れられ易い土壌がある沖縄でさえ、この共闘路線で負けたのに、他で通用するわけないと思うんですがね。思考が停止してるんでしょうか?

 さて、そんな思考停止気味の小沢代表。やるべきことは他にいくらでもあるはずなのですが、自民党を批判しております。こちらをどうぞ。(Yahoo ニュース時事から以下引用)

造反組復党の動きを批判=小沢民主代表

 民主党の小沢一郎代表は21日の記者会見で、自民党が郵政民営化造反組の復党へ調整を進めていることについて「とにかく自民党は何でもありで、その場、その場で何でもやる。(郵政解散の)熱が冷めて、このままでは自分に不利だとなったら、なりふり構わずだ」と批判した。 
(時事通信) - 11月21日19時1分更新


 お前が(ry・・まあ確かに、今の段階で造反組を復党させてしまえば筋が通らない。小沢民主党と同レベルとまでは言わないが、融通無碍、何でもありの自民党という古いイメージに戻ってしまいかねないわけで、そうとなれば民主党と何が違うのか見え難くなるし、ひとことで言って白ける。何のための衆院解散だったのか、と国民は思うでしょう。

 ああ、話が脱線してしまいました。しかしこれ、小沢氏が言っちゃダメでしょう。記事中の『自民党』を『民主党』に代えれば、そのマンマ今の民主党の姿ですよ。だって非武装中立!などと未だにお花畑の国に住まう社民党と『共闘』してるんですから。何でもありはあんただろ!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:鳩山幹事長は厚顔無恥
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。