管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
身勝手極まりない外国人
 日本に住む外国人でありながら、日本人と同等の権利あるいはそれ以上の特権をよこせ!と喚く人達がおります。差別という言葉を盾にあれよこせ!これよこせ!・・彼らの要求はとどまるところを知らない。そんな人達が何やらまたぞろ喚いてらっしゃるようです。こちらをご覧ください。(毎日新聞から以下引用)

外国籍無年金:運動団体や研究者ら、解決求め韓国へ手紙 日本側にも協力要請 /京都

 国民年金法に国籍条項があったため、外国籍の高齢者や障害者に無年金の人がいる問題で、運動団体や研究者らがこのほど、東京・韓国大使館を訪れ、早期解決を求める盧武鉉大統領あての手紙を提出した。また、日韓議連との合同総会のため来日中の韓日議連にも協力を要望。17日発表された日韓・韓日議連の共同声明に初めて無年金問題が盛り込まれた。

 当事者団体や、京都在住者が原告の在日無年金訴訟支援団体メンバーらが参加した。

 手紙では▽裁判で棄却判決が続き04年の救済立法でも外国籍者は排除された▽外交の場で問題提起しても改善しない--などの現状に触れ、公式会議で日本政府へ抜本的解決を求めるよう要請している。韓日議連の議員とも懇談。会長あての要望書を渡した。

 また、先月下旬にメンバーが韓国の与野党議員に要請するなどした結果、総会の共同声明では無年金問題について「支援が早期になされるよう、日本側の協力を要請した」との文言が盛り込まれた。今後は12月の局長級協議などにあわせ、日本政府へ働きかけを行うという。【中村一成

毎日新聞 2006年11月20日


 あのさ、掛け金を払ってないだろ?払ってないなら貰えないのは日本人でも同じ。貰いたい人は掛け金を払う。払わない人は貰わないという話で終了。で、国籍条項がどうのと言って、日本側がこれまで救済措置をしてないような書き方ですけど、何度も年金制度に加入したら?と誘われてませんでしたっけ?それを『祖国に帰るんだからいらない』なーんて言って拒否してたのはそっちだったんじゃ?

 で、盧武鉉大統領に手紙を出したそうですが、韓国政府に対して年金を下さいと言うんじゃなくて、日本政府が年金を払うよう韓国から圧力をかけてもらうためなんですね。もうビックリです。ちょっとこれを見てください。(共同通信から以下引用)

年金不支給、2審も合憲 在日高齢者めぐり大阪高裁

 外国籍を理由に国民年金制度から除外され、老齢年金を受給できないのは違憲として、大阪府の在日韓国人5人(うち1人死亡)が国に1人当たり1500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は15日、国会の広い裁量権を認めた1審大阪地裁判決を支持、原告の控訴を棄却した。

 原告側は「国籍による制限条項の撤廃後も年齢などを理由に対象外とされた。国が立法で救済措置を取らなかったのは違法」と主張していた。

 渡辺安一裁判長は、こうした救済措置は一義的には所属する国家(韓国)が負うべきだと指摘し、「原告らに保障されている権利を違法に侵害することが明白とはいえず、立法の義務までは認めがたい」と判断した。<後略>


 一義的には所属する国家が負うべき・・つまり韓国政府が救済措置をとるべきってことですよね。手紙の内容が間違ってますよ。『盧武鉉大統領閣下、どうか私たち海外同胞に年金を支給してください』でしょ?もう日本にたかるのやめてもらえませんかね?ウンザリですから。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。