管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮は最高の反面教師ですが何か?
 本国が何を言おうが、何をやらかそうが知らんフリを決め込んで、被害者を演じ続ける朝鮮総連。朝鮮総連の機関紙である朝鮮新報は、連日のように手前勝手な理屈を振り回した記事を掲載しております。

 当ブログでは最近、朝鮮新報に掲載された記事をいくつか紹介してまいりましたが、今回のエントリーでも取り上げてみたいと思います。こちらをご覧ください。(朝鮮新報から以下引用)

朝鮮の核実験が世間を騒がせている(「世間が騒いでいる」が正しい表現か)。この間、さまざまな会合に参加し、在日朝鮮人の人権擁護を訴える要請活動にも同行した。

メディアの報道に接しながら、日本には自己を歴史的に省察する認識の枠組みが決定的に欠如しているのでは、と感じることがある。

ミサイル発射、核実験以降、在日コリアン、とくに幼い生徒、児童の置かれた状況は深刻さを増している。身辺安全のために外で母国語を使わない、日本名でお互いを呼び合うこともあるという痛ましい現実。無邪気に笑い話しながらも、時おり怯えたような表情を見せる生徒たちの姿に、いたたまれない気持ちになる。

殺伐とした状況の中でも、在日コリアンの声に耳を傾け、人権擁護のために力を尽くす人々がいることは救いだが、残念ながらその声は小さい。

先日行われたあるシンポジウムで、神奈川大の尹健次教授が「日本にとって朝鮮は自らを省みる鏡だ」と示唆に富む発言をしていた。

歴史認識が他者を通じて自己を認識する営みだとするならば、日本には真の意味での「歴史認識」がない。なぜか。「鏡」を壊したからだ。

朝鮮を蔑み、弾圧することによって自らを映す鏡を壊してしまい、自分の位置を見つけられなくなってしまっている。

これは、われわれのみならず、日本人自身にとっても不幸で悲しむべきことではないだろうか。(相)


 これ、あまり関心のない『普通の人』が読んだらさっぱりわけわからんでしょうね(笑)。なぜ歴史認識が出てくるのか。記者が言いたいのはつまり『日本は昔、もっと朝鮮に酷いことをしたんだから、この程度のことで喚くなよ』ってことでしょう。我々は完全無欠純度100%の被害者なんだから、加害者である日本が文句を言うのは気にくわないと。そういうことですね。

 まあ、この『症状』は南北問わず半島、半島出身の方々によく見られるものなんですが、そんな無茶苦茶な話がいつまでも通用すると思ってるのか?自分達あるいは本国が何かをやらかしたら、子供達を前面に押し出して『弱者ぶり』をアピールするという、このいつもの構図だって、多くの日本人は白い目で見始めてますよ。

 大体、子供達が白い目で見られるのが可哀想だと思うなら、総連として北のミサイル発射に抗議するとか、核実験に抗議するとかすれば良いじゃないか。そんなことは一切やらないで、自己正当化に終始し、挙句には日本に悪罵を投げつける。そんなんで『普通に』接してくれと言う方がどうかしてる。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:総連は日本社会に必要ですか?
関連エントリー2:北朝鮮『そのもの』が日本で自由に出来る?
スポンサーサイト
韓国 とても便利な存在『日本』
 悪いことがあると全て日本に責任転嫁して決着をつけてしまう国である韓国。王朝・政権交代の度に自ら破壊しておきながら、歴史的な資料・文献・文化財などが無いと知れば、『秀吉軍や日本軍に焼き払われた、奪われた』だの、世界一優秀な民族であると自称しながら、なかなかそれを証明できないでいると『日帝が民族精気抹殺のために鉄杭を打ち込んだ』だの。

 こういったことは挙げていけばキリがありませんが、またぞろ何やら日本のせいにして喚いてるようです。こちらをご覧ください。(神戸新聞から以下引用)

朝鮮の戦犯は「被害者」

2006/11/12 22:02

【ソウル12日共同】韓国の政府機関「強制動員真相究明委員会」は12日、日本の植民地支配下で旧日本軍兵士となり、第2次大戦後、連合国側の軍事裁判でBC級戦犯として処罰された朝鮮半島出身の83人を「被害者」と認定、名誉回復を図ると発表した。聯合ニュースが伝えた。

韓国政府機関が朝鮮半島出身者の戦犯とされた人の名誉回復を行うのは初めてとみられる。同委員会は盧武鉉政権が進める「歴史の見直し」の一環として、強制連行などの実態を調査してきた。

BC級戦犯は極東国際軍事裁判(東京裁判)で裁かれた戦争指導者(A級戦犯)と区別され、戦争中の捕虜虐待などの責任に問われた。同委員会は83人について、強制的に動員された上に日本の捕虜虐待の責任まで負わされ、二重の苦痛を受けたと認定

英国に残る裁判記録の調査で、明白な証拠なしに有罪判決を受けた事例確認したという。

同委員会によると、BC級戦犯とされた朝鮮半島出身者は148人で、うち23人が死刑となった。戦犯とされた86人の遺族らが調査を求めていた。委員会は今回被害者認定されなかった3人も、今後の調査で認められる可能性があるとしている。


 戦犯の名誉回復ね・・ふーん。いや、別に良いんですよ?確たる証拠も理由もなしに一方的に戦犯にされた人は多いですから。ただね、韓国はいわゆる戦犯を『絶対悪』とみなし、日本を責め立ててきた。おそらく日本側から『確たる証拠もないのに戦犯にされた』という主張が出てくるだけで、もの凄く反発すると思うんだが。

 気になるのは、今回『名誉回復』された人達は確たる証拠もなしに戦犯にされた人『だけ』なのかどうか。この報を最初に伝えた韓国の聯合ニュースによると『委員会は、日本軍将校や憲兵として活躍し自主的に協力したとみられるケースは被害者として認めないとの見解を示した(聯合ニュース)』・・つまり基準は親日派であるか否かって事ですね(笑)。なんとも韓国『らしい』お話でした。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。