管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザパニーズの危機
 外国を旅行している期間が長くなると、恋しくなってくるのが日本の料理。最近、海外で日本食がブームになったり、また海外に出る日本人が増えたおかげで、世界各地で日本食を提供するお店が増えてきました。

 日本食が恋しくなって、食べたいときに食べられるのは嬉しいけれど、なかには看板に偽りありのお店があります。日本食について学んだことがない、酷いのになると本物の日本食を食べたことすらない人が調理を担当している店もあるそうです。

 運悪くこういったお店に入った時は、とてもガッカリしてしまうし、また現地の人に『これが日本食なのか』といった大きな誤解を与えてしまう。ということで、政府は海外の日本食レストランへの認証制度を導入することにしたそうです(読売新聞)。このニュースを『韓国』の朝鮮日報が記事にしていますので、ご覧ください。(朝鮮日報から以下引用)

日本政府「ニセ日本食お断り」 
日本政府、来年から海外レストランに認証制度導入へ

 日本政府が「ニセ日本食店」の取締りに乗り出した。

 日本政府は2日、『正しい日本食』を強調し、日本の家庭食とはまったく異なる食事を販売する海外の食堂を取り締まるための法案を作成する計画であると明らかにした。

 日本の農林水産省は料理専門家グループを構成し、法案作成のための実質的な検討に入った。

 農林水産省は「伝統的な日本食の調理法や材料をまったく無視し、日本食だと宣伝する海外の飲食店が氾濫している」として法案の必要性を強調した。

 この法律は日本の食品業界による農産物の海外への輸出を大きく促進するものと見られ、日本国内で伝統食に従事する農業関係者や食品業界関係者の強い支持を得ているという。

NEWSIS/朝鮮日報JNS


 日本政府が「ニセ日本食店」の取締り~って何だか『酷いでしょ!』とでも言いたげですが、別に取り締まるわけではないだろう。なぜ韓国の新聞がこんな記事を書くのか??と思われた人も多いかと存じますが、結構な割合で『ニセ日本食店』を営んでいるのが韓国人だという実態があるからだと思います。いわゆる『ザパニーズ』ですね(笑)。

 私は韓国人を含めて、外国人が日本食店を営むことに反対するわけではありませんが、せめて日本食と呼べるものを出して欲しいし、知らないならやらないで欲しい。私の乏しい経験の中でも、一見しょっぱそうに見えるラーメンがもの凄く甘かったり、ルーの粘度が高すぎて固形糊のようになってる(しかも味がしない・・)カレーを食わされたりと良い思い出がない。

 うっかりこういった店で鮨なんかを食べて、次の日に大当り!なんてこともあった。認証制度が導入されることによって、このような『被害』が減ると良いなあと思いますが、認証してくれないので『被害』を受けた!とかいって、ザパニーズどもが騒ぐのが目に見えてますね(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

盧武鉉大統領 どうでも良いこと
 北朝鮮による核実験実施の発表で、一旦は北朝鮮への宥和政策の見直しを示唆したものの、わずか2日で元の姿に戻ってしまった・・だけではなく北の核実験を『小さな問題』と言い放ち、問題を矮小化しようとした韓国の盧武鉉大統領。

 その後、喋らせるとマズイと思ったのかどうなのか、盧武鉉大統領による発言は、あまり報道されてきませんでしたが、北の6カ国協議復帰の報を受けて、元気いっぱい表で発言されているようです。こちらをごらんください。(中央日報から以下引用)

盧大統領「南北の軍事バランス崩れていない」

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、2日「北朝鮮との対話の断絶を選び状況を悪化させる大統領は、韓国でこれ以上出てこないだろう」とし「政権の進退とは関係なく、この点は韓国が宿命的に選ばざるを得ない戦略だ」と述べた。

盧大統領は韓国貿易協会(KOTRA)で開かれた「外国人の投資を誘致するための報告会」に出席し「現在としては、北朝鮮が一方的に挑発できるほどに軍事的なバランスが崩れてはいない」とし、このように強調した。とりわけ盧大統領は「北朝鮮の核実験で安保を脅威する要因が増えたのは事実」とし「しかし、同問題で最も重要なのは誇張してはならないとの点だ」と語った。

また「北朝鮮が核兵器で韓半島への先制攻撃を行なうだろうかという問題については、冷静に考えてみるべきだ」とし「平和を最高の価値にし、(南北)関係を管理していけば、われわれは平和が壊れることがないよう十分管理して行くことができる」とした。

続いて「盧泰愚(ノ・テウ)元大統領は大統領になった直後、北方外交を宣言し、韓半島非核化の合意を導き出しており、南北間の基本合意まで実現した」とし「理由はどうあれ盧大統領時代にすでに南北和解・協力の政策が始まったのだ」と主張。そして「今後、誰が政権を握るとしても、平和の戦略、北東アジア共同体に向けた統合の戦略、こうした部分に逆らうことは決してできないだろう」と語った。


 うわあ・・相変わらずキテますねえ(笑)。『北朝鮮との対話の断絶を選び状況を悪化させる大統領は、韓国でこれ以上出てこないだろう』・・これは大統領の願望でしょ?まあ百歩譲ってそうなるとして、その代わりに日米をはじめ『こっち側』の国との関係は悪化させまくってるわけですが、そんなことはどうだって良いんでしょうね、この人にとっては。

 で、『南北の軍事バランスは崩れていない』とのご認識なんですが、北朝鮮が核実験を強行し、現在は米軍が握っている戦時作戦統制権がそろそろ委譲されます。この時点でバランスはグズグズに崩れるわけですが、こちらもそんなことはどうだって良いんでしょうね、この人にとっては。

 その後の平和がどうのという話は、私にはさっぱり理解できないのでスルーさせて頂きますが、南北関係を心配する前に、こんな電波ばかり放出し続けると、南の国そのものが無くなってしまいますよ?おそらく、そんなことはどうだって良いんでしょうけどね、この人にとっては。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 何とかは死ななきゃ治らない?
関連エントリー2:韓国 2日しかもたなかった・・
関連エントリー3:韓国 何があっても変わらない

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。