管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳩山幹事長は二枚舌
 今月15日、自民党の中川政調会長は報道番組で、日本の核保有について『議論は当然あっていい』と発言しました。この発言に対して、与野党の政治家、そしてマスコミが過剰反応して中川氏を叩きまくっております。

 この中川発言を取り上げたエントリーで引用した記事には、中川発言への民主党の鳩山幹事長の反応が紹介されていましたが、鳩山氏は『北朝鮮が核を持ったら、日本も核を持つという発想になったら、核が(世界に)拡散してしまう。とんでもない話だ』と批判。

 まるで中川氏が核保有すべきであると発言したかのように、曲解しているとしか思えないトンデモ批判なわけですが、鳩山氏は他にもトンデモ発言をしていたようです。こちらをご覧ください。(asahi.comから以下引用)

中川氏の「核保有論」、民主・鳩山氏「あるまじき発言」
<前略>

鳩山氏は<略>「次の内閣」の会合で、核保有の議論をめぐる中川昭一自民党政調会長の発言について「断じて日本の国民の発言としてあるまじき発言。唯一の被爆国だからこそ、核廃絶の方向で世界をリードしていく日本でなければならない。

『あいつが持ったらおれたちも持つんだ』という議論は決して日本から発出してはならない。封印しなくてはならない議論だ」と強く批判した。


 封印しなくてはならない議論ね・・ふーん、言論の自由を否定するんだ鳩山氏は。ところで、私は鳩山氏が中川発言を『ちょっとした理由』があるから、議論があっていい云々はスっ飛ばしつつ、曲解して批判してるんだと思っていたのですが、違ったようですね。そのちょっとした理由ってのはこれです。( Yellow Hiro's topic様から以下引用)

「核武装論議は容認の姿勢」 西村問題で民主・鳩山代表

8:52p.m. JST October 27, 1999
 
民主党の鳩山由紀夫代表は27日、東京都内で講演し、核武装をめぐる発言で辞任した西村真悟前防衛政務次官の問題に絡んで「核武装してもいいかどうかを国会で検討したらどうかと言った瞬間にクビを切られるとなると、国会で核をもつべきかどうかなんて議論がなされなくなる。議題に乗せることすらしてはいけないという発想もいかがなものか」と述べ、核武装の是非を国会で冷静に議論すること自体は容認する考えを示した。


 これは西村眞悟氏の核武装発言が大問題になったころの話ですが、鳩山氏は全然違うことを言ってますよね。過去に『議論くらいあっていいじゃないか』という認識を示していたので、中川氏の発言を正面から批判することはさ・す・が・にないだろうと思っていましたが、そう思った私がバカでした・・

 なにせ政府・与党を批判するためなら白を黒と言って平気、政府・与党のすることに反対するためなら、自分の党が提出した法案を拒否するという離れ業をやって平気の民主党の幹事長だからなあ。自分の言ってることが真逆であっても、何とも思わないんでしょうね。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:対北制裁決議案採択&バカ野党
関連エントリー2:タブーだらけの安全保障
関連エントリー3:周辺事態法の適用に反対する議員たち
スポンサーサイト

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

周辺事態法の適用に反対する議員たち
 先日テレビ番組で、日本の核保有について『議論は当然あっていい』・・このように述べた自民党の中川政調会長。この発言を巡っては、議論すら許さない!といった感情的としか言いようがない批判が噴出しております。

 中川発言への批判があちこちから噴出している現状を見て、核へのアレルギーがあるのはわかるけど、議論くらいはしようよと普通に思ってしまう管理人は、暗澹としてしまいましたが、核以外についても、安全保障に関する議論、取り組みに腰が引けてしまってる国会議員が多いこと多いこと。

 現在、国連安保理で採択された対北朝鮮決議案に基づき、米国などが『船舶検査(臨検)』に踏み切ろうとしていますが、日本は国内法の不備があって対応できない。ということで、周辺事態法を適用して米国などの後方支援をしよう・・という話になっているわけですが、与野党から『なぜか』反対意見が噴出。こちらご覧ください。

自民党・山崎拓氏:

『インド、パキスタンや、米中など5大国も核実験をやっているが、それをもって有事とは呼んでいない・私は日本が進んで(適用)ということには慎重で、異を唱えたい』

自民党・加藤紘一氏:

『核爆弾の実験がされたというだけで有事だとすると、中国が実験した時も有事と数えなければならない。軍事問題の視点のみで議論するのは危ないことだ』

公明党・大田代表:

『核実験をしたという1点だけで、周辺事態だとすることには少し慎重でなくてはならない』(以上 Yomiuri Online)

民主党・小沢代表:

『周辺事態法に基づく周辺事態と認定するのは無理だ』

民主党・鳩山氏:

『中国もロシアも核実験をしており、何でも周辺事態になってしまう』(以上 Yahoo ニュース)


 どいつもこいつも核実験をした『だけ』とか、どこそこの国もやってるんだから云々といって、周辺事態法の適用に反対である、と。この人達って、周辺事態法が適応される『周辺事態の類型』について知らないんでしょうか?ちょっとこれを見てください。(Wikipedia

1. 武力紛争が発生している場合
2. 武力紛争の発生が差し迫っている場合
3. 武力紛争は停止したが、秩序が回復していない場合
4. ある国の政治体制の混乱で大量の難民が発生し、日本への流入の可能性が高い場合

5. ある国の行為が国連安保理で平和への脅威と決定され、経済制裁の対象となる場合

6. ある国で内戦が発生し、国際的に拡大する可能性が高い場合


 5番なんてモロですよね(笑)。ある国の行為(北朝鮮の核実験)が国連安保理で平和への脅威(世界の平和と安全にとって明確な脅威:ロイター)と決定され、経済制裁の対象になってますから。おかしいなあ。上に挙げた人達はこの類型について知らないの?それに普段『国連!国連!』とか言って国連を崇め奉っている人達ばかりだと思うんだけど、国連安保理の脅威認定、経済制裁が盛り込まれた決議案を読んでいないのですか?

 そんなわけないですよねえ。これら議員の思惑はそれぞれ違うんでしょうが、わざと核実験した『だけ』とかいって安保理の制裁決議、周辺事態類型5番をスルーしつつ問題を矮小化。呆れてものも言えないとはこのことですが、一体なにをどうしたいんだお前らは??政府の邪魔して楽しんでるのか?そうなんだろう?・・ったくどいつもこいつも・・

もうバッチ外して田舎帰っちまえ!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:公明党に与党の資格なし
関連エントリー2:対北朝鮮制裁決議案採択&バカ野党
関連エントリー3:タブーだらけの安全保障

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。