管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安倍内閣発足 注目の顔ぶれは?
 安倍晋三自民党総裁は本日26日、衆参両院の首相指名投票で第90代の首相に選出されました。首相となった安倍氏は直ちに組閣に着手し、さきほど新内閣の顔ぶれが出揃いました。なにはともあれ、まずは内閣の顔ぶれを見てみましょう。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

新内閣の顔ぶれは次の通り(敬称略)

総理 安倍晋三(無派閥)

総務・郵政民営化 菅義偉(丹羽・古賀派)

法務 長勢甚遠(森派)

外務 麻生太郎(河野グループ)

財務 尾身幸次(森派)

文部科学 伊吹文明(伊吹派)

厚生労働 柳沢伯夫(丹羽・古賀派)

農林水産 松岡利勝(伊吹派)

経済産業 甘利明(山崎派)

国土交通 冬柴鉄三(公明党)

環境 若林正俊(森派)

官房・拉致 塩崎恭久(丹羽・古賀派)

国家公安 溝手顕正(丹羽・古賀派)

防衛 久間章生(津島派)

沖縄・北方 高市早苗(森派)

金融・再チャレンジ 山本有二(高村派)

経済財政 大田弘子(民間)

行政改革 佐田玄一郎(津島派)


 麻生氏留任!いや良かった良かった。本音を言えば私としては幹事長として活躍する麻生氏を見たかったのですが、もちろん外相でもGOOD。これで日本の外交は安泰。良かったと言えば、高市氏も入閣、おめでとうございます。

 さて、顔ぶれを見て感じるのは、各派からまんべんなく集めたなあという事(あ、総裁選で対立した谷垣氏率いる谷垣派からの入閣はゼロですが(笑))。まんべんなく・・というのは悪くないとは思いますが、ちょっと『?』がつく人の名前もありますね。松岡さんとか甘利さんとか。

 後はまたしても国交相のポストが公明に割り当てられたのもちょっと・・という感じですが、注目は閣僚級に格上げされる首相補佐官5名の人事。(Yahoo ニュース読売から以下引用)

首相補佐官に中山恭子、小池百合子氏ら5氏

 塩崎官房長官は26日、安倍内閣の首相補佐官に小池百合子・前環境相、中山恭子・元内閣官房参与ら5氏を起用することを発表した。

 小池氏は国家安全保障中山氏は拉致問題をそれぞれ担当する。また、経済財政担当には根本匠衆院議員、教育再生担当には山谷えり子参院議員、広報担当には世耕弘成参院議員をそれぞれ起用する。


 官邸機能の強化を訴えていた安倍氏。様々な配慮の跡が感じられる閣僚人事とは少し違い、首相補佐官ポストの人選には強い意志を感じます。特に拉致問題担当に中山氏を起用したのは、任期中に拉致問題を解決するぞ!という決意の表れなんでしょう。

 国民からの高い支持率、それを背景として総裁選で圧勝し首相になった安倍氏。しかし真価が問われるのはこれからです。小泉氏の後はいろんな意味でキツイとは思いますが、気を引き締めて頑張って頂きたい。期待してますよ!安部さん!

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

韓国 恐怖のパッシング
 本日26日、いよいよ発足する安倍新体制。新体制発足を前に、ここ最近首脳間の交流が途絶えていた中国は、外務省の次官を日本に派遣し、23日、日中首脳会談の実現に向けた話し合いを日本側と持ちました。(Yomiuri Online)

 まだ双方の立場に隔たりがあり、具体的なことは何も決まってないようですが、首脳会談実現に向けて話し合いを継続していくことでは一致したようです。そんな日中の動きに、何だかエラく焦っている国があります。こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用)


政府の韓日関係正常化メッセージ、安倍政権発足後に
2006/09/24 15:08
【ソウル24日聯合】政府は日本で26日に安倍晋三政権が発足した直後に「韓日関係の正常化」に関するメッセージを伝える方針だ。その後、両国の高官が接触し、韓日間の主要懸案について意見交換するものと見込まれる。

 政府消息筋は24日、「安倍政権の発足後に首相就任の祝賀メッセージを送り、両国関係の正常化の必要性に言及し両国の共同努力を促すことになるだろう」と述べた。政府内で安倍自民党総裁の首相就任後に韓日首脳会談を開催するよう主張する意見があることは事実だとし、韓日高官による協議を経て、この問題に対する政府方針が調整されるとの見通しを示した。

 政府の別の消息筋は、安倍総裁の首相就任後の訪韓招請問題が取り上げられているのは事実だが、政府の方針はまだ決まっていないとする。韓日首脳会談を1回行うよりも望ましい韓日関係を築くことが重要で、どう実践するかが問題だと述べた。「小泉首相の靖国神社参拝問題などで悪化した両国関係を正常化するのに重要なモメンタムを生かす必要があるというのが政府の考え」と伝えた。

ただ、歴史認識に対する日本の新政権の方針が韓国国民の情緒と調和すべきで、この点については両国の協議で認識レベルなどの調整が図られるだろうと述べた。

 政府が日本との関係正常化に動き始めたのは、中国がこのほど日本と外務次官会談を行い首脳会談再開について協議したこともある程度関連がありそうだ。この消息筋は、「伝統的に、日本で首相就任直後は韓日首脳会談が先に行われており、今回もこれを維持すべきではないか」と話している。


 わははは・・どうやら早い段階で日中首脳会談が実現しそうなので、慌てて『会います!僕はここにいるよ!』とアピール。中国のマネをして首脳会談するしないをカードにしてきた韓国ですが、本家の中国が腹芸をやる気配をみせた途端に不安になってしまったようです。

 伝統的に・・などと小泉政権5年半の間に、自分達が伝統的な日韓関係とやらをぶち壊した事はスッカリ忘れて、中国よりも先に会談してくれと図々しい事を言ってますが、『新政権の方針が韓国国民の情緒と調和すべき』なーんて無茶な要求をしていると、パッシングされますよ?コリアパッシング。

 おまけ:(Yahoo ニュース読売から以下引用)

シン首相が年末来日、安倍氏の4か国協構想など協議へ

 インドのシン首相が今年12月中旬に来日する。政府筋が23日、明らかにした。

 フィリピン・セブ島で開かれる東アジア首脳会議(サミット)直後の12月14日に来日する方向で日程を最終調整している。シン首相の来日は就任後初めて。来日時の日印首脳会談では、安倍自民党総裁が意欲を見せる日米豪印の4か国協議構想の実現に向けた具体策などが話し合われる

 安倍氏は著書「美しい国へ」で、「インドとの関係強化は日本の国益にとっても極めて重要」と強調するなど、戦略的な視点から日印関係を重視している。今年7月の読売国際経済懇話会(YIES)でも、「自由、民主主義、人権の価値を共有する日米豪印で戦略的に話し合う場をつくるべき」との考えを表明した。


 あ、もうパッシングされてるのね(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。