管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 自爆劇場の再演?
 26日に召集される臨時国会で首相指名が行われ、同日発足する予定になっている安倍新政権。新しい体制のもと、国会での論戦に臨むことになるわけですが、政権交代!と鼻息を荒くしている小沢民主党は、新政権に対してどう挑むのか。こちらをご覧下さい。(Sponiti Annexから以下引用)

小沢・民主党 党首討論で勝負だ

自民党の新総裁に安倍晋三氏が決まったことで、民主党には“くみしやすし”のムードが漂った。党内では、経験や政策面などで小沢一郎代表には到底及ばないとの見方が圧倒的。早くも「安倍政権」の切り崩し工作を進めている。その小沢氏は20日、太平洋戦争の激戦地だった硫黄島(東京都小笠原村)を視察した。

 自民党総裁選を横目に硫黄島視察。出発直前、小沢氏は安倍氏の政策について「よく分からない」と、党首討論で見解をただしていく考えを重ねて強調。「与野党の考え方、(党首の)人柄が一番はっきりする良い機会」と、26日招集の臨時国会では、党首討論の回数を増やすよう自民党側に働きかけている。

 党幹部の話を総合すると、この余裕の背景には当選13回の小沢氏に対し、安倍氏は5回という経験値の差に加え、小沢氏は重厚なイメージで政策通だが、安倍氏は軽薄で政策は不得手だとの認識がある。それでも、10月の衆院補選に始まり、沖縄県知事選、統一地方選、来夏の参院選と続く、選挙を通じての政権交代をにらみ、既に突き崩し工作を進めている。

 関係者によると、小沢民主党は“安倍総裁”が確定的となった8月から、女性問題や地元の企業絡みに関する不祥事などのスキャンダル探しに奔走。さらに、自民党選対関係者は「これまでの民主党は支持固めなどの基本、当たり前のことができていなかったが、小沢氏によって、選挙に対する甘えがなくなった」と警戒心を強めている。

 小沢氏はこの日、菅直人代表代行と旧日本軍将兵をまつる天山慰霊碑を拝礼。戦没者追悼の在り方を現場から考えることで、歴史認識問題への取り組みをアピールするととともに、「米国に追随するだけが政治方針なら情けないし、国民に何のメリットももたらさない」と日米同盟強化を掲げる安倍氏をけん制した。


 ふーん、くみしやすくて経験や政策面などで小沢氏に到底及ばない相手なのに、安倍氏のスキャンダル探しに奔走してるんだ(笑)。そんなに自信がおありなら、正攻法で政策論争を挑めば良いと思うわけですが、あのモゴモゴとつぶやく人が代表じゃあ、マトモにあたって勝てるわけないか。

 ということで、どうせまたクダラナイ問題を持ち出して針小棒大に騒ぐだけに終始すると思われますが、これまで幾多の自爆を繰り返してきたはずなのに、懲りない面々である民主党の皆様は、反省すること無くまたぞろ同じ失敗を繰り返すんでしょうねえ。ま、民主党の自爆劇場には、毎度大笑いさせて頂いてますから、好きにやんなさいよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

韓国 過去にしがみついて未来志向?
 今月20日に行われた自民党総裁選で、新総裁に選出された安倍氏。総裁に選出された安倍氏は、26日に召集される臨時国会で指名され、日本国総理大臣に就任する予定。いよいよ発足する安倍新政権に対して、お隣の国が何やら言ってるようなので、ご覧頂きたいと思います。こちらをどうぞ。(NIKKEI NETから以下引用)


韓国、関係改善に期待・自民新総裁選出

 【ソウル=峯岸博】韓国外交通商省の李揆亨(イ・ギュヒョン)第二次官は20日の記者会見で、自民党の新総裁に安倍晋三官房長官が選出されたことについて「新たな政権のスタートを契機に韓日関係の対立要因が解消され、未来志向の友好関係に発展することを希望する」と日韓関係改善に期待を示した。そのうえで日本側に「関係改善に向けた誠意ある態度と努力」を要求した

 一方、青瓦台(大統領府)の宋旻淳(ソン・ミンスン)統一外交安保政策室長は同日の講演で、先の米韓首脳会談の際、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が「北東アジアで対決より協力しなければならないが、(日本は)過去への謝罪に見合った行動」をすべきだと指摘し、そのための雰囲気作りを米国に要請したことを明らかにした。聯合ニュースが伝えた。 (21:00)


 未来志向未来志向と言いながら~いつまで経っても過去にしがみ付く、韓国らしい談話ですね。誠意みせんかい・・具体的にはもっと金よこせ!竹島の領有権を放棄しろ!歴史教科書を韓国と同じ物にしろ!ってことね。『慌てる乞食は貰いが少ない』と言いますが、そんな無茶なことばかり言ってると、何か日本から譲歩を引き出すどころか、関係そのものが無くなってしまいますよ?

 まあそれはそれで、こちらとしては願ったり叶ったりなので、好きにすれば良いと思いますが、協力していく上での条件として『過去の謝罪に見合った行動をすべき』と盧武鉉大統領が指摘し、米国に雰囲気作りを要請した・・という箇所が気になりますね。これでしょうか?→(朝鮮日報から以下引用)


【韓米首脳】盧大統領、日本の歴史歪曲問題に言及
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は今月14日にワシントンで行われた韓米首脳会談で、日本の歴史歪曲問題に言及していたことが分かった。

 19 日に政府消息筋が語ったところによると、盧大統領はブッシュ米大統領に対し、韓日関係について言及した際、日本による深刻な歴史歪曲問題を取り上げたとのことだ。さらに盧大統領は、ブッシュ大統領が日本の歴史歪曲問題に関心を持ち、問題解決に協力してほしいという主旨でこれに言及したという。
 
 これに対しブッシュ大統領は、「韓日関係は北東アジアの平和と繁栄に重要だ」という内容の発言をしたという。これについて、一部消息筋は「盧大統領とブッシュ大統領の首脳会談では過去の歴史問題は数回取り上げられている」と語っている


 ふーん、米韓首脳会談でも日本の歴史認識糾弾をやったんですか。どこに行って誰に会っても日本糾弾してますね、この人は。そんなに日本が嫌いなら、友好なんて求めなきゃ良いって話だ。それに、韓国は日本の歴史認識を云々してる場合じゃないだろう。日韓関係を心配する前に、米韓関係を心配しなきゃまずいんじゃないの?

 おっと、話が脱線してしまいました。雰囲気作りを要請した・・とはこの会話の事を指してるんでしょうが、最初から一方的に深刻だの歪曲だのと決め付けてる話を、ブッシュ大統領や米国側が聞くと思ってるのか?そんなモノはスルーですよ。論より証拠で、今回の米韓首脳会談後にブッシュ政権から『歴史認識』云々という話は伝わってこない。

 さらに言えば、盧武鉉大統領が過去何度も歴史問題を持ち出したことが上記事では暴露されていますが、何度も持ち出されたにもかかわらず、ブッシュ政権はこれまで一貫して歴史問題には不介入という立場を崩していない。つまり無視されてる。米国は動かないし、日本は昔の土下座@日本じゃない。まだわからないのかなあ?もう歴史認識カードは使えないってことが。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。