管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉総理最後の外遊
 今月20日に行われる自民党総裁選まで、いよいよあと10日を切りました。総裁選を経て次期自民党総裁が、首班指名を経て次期日本国総理大臣が誕生します。次期総理総裁が誕生するということは、2001年から約5年半に渡って総理総裁であり続けた小泉氏の退任を意味する。

 約5年半という長ーい間、総理の椅子に座り続けた小泉氏が退任する・・何ともまだ実感が湧いてきませんが、こういった記事を読むと『本当にやめるんだなあ』と様々な想いがこみ上げてまいります。こちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)

首相「辞めると本当に悲しい」 各国首脳、名残惜しむ
.

 ヘルシンキで10日始まったアジア欧州会議(ASEM)首脳会議で、退陣を半月後に控えた小泉純一郎首相に対し、各国首脳から名残を惜しんだり、ねぎらう言葉が相次いだ。

 小泉首相は各国首脳が一堂に会する第1回会合の会議室に入ると、親日家として知られるフランスのシラク大統領を見つけてあいさつ。2人とも握手した右手に左手を重ねて友情を確認。大統領が「お疲れさまでした。あなたが辞めると本当に悲しい」と語ると、首相は「シラクさんとはいい思い出しかない」としんみりした表情で応じた。

 イタリアのプローディ首相も同会合後に「退任後はゆっくりとお好きなオペラなどを楽しんでください」と声を掛けた。

 またアジア側首脳会合前の立ち話でタイのタクシン首相から「今、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟の各国首脳と、国際的な政党をつくろうと話していたところだ。ぜひ小泉首相に党首になってほしい。わたしは幹事長を引き受けたい」と持ち掛けられ、小泉首相が「それなら党本部はタクシン首相の別荘にしよう」と切り返すと、その場は爆笑に包まれた。

(09/10 23:35)


 これが最後の外遊なんですねえ。タイのタクシン首相とのやりとりで、その場は爆笑に包まれた・・何とも小泉総理らしいエピソードでの幕引き。小泉長期政権へのキチンとした評価をするには、まだまだ時間がかかるとは思いますが、こと外交に限って言えば、良い意味でとても存在感のある総理だったと思います。

 さて、このアジア欧州会議には、中国の温家宝首相、韓国の盧武鉉大統領も出席されていました。首脳会談を拒否し続けていた両国首脳も、小泉総理最後の外遊ということで、あいさつを交わし、短い時間だったようですが、小泉総理と立ち話をしたそうです。

 小泉総理と立ち話をした両国首脳の様子を産経は『小泉首相と温首相の会話はリラックスした様子だったが、盧大統領はいくぶん緊張気味だったという(sankei web)』と伝えております。いくぶん緊張気味だった・・これまで小泉総理をクソミソに叩いてきたのが後ろめたく、ちょっぴり良心が痛んじゃったんでしょうか(笑)?

 盧武鉉大統領の反応はともかく、短い時間だったとはいえ中韓首脳と話せてよかったですね。これで全く接触が無かったら、朝日などがボロクソに書くでしょうし、野党なんかも最後の外遊にケチをつけるでしょう。まあ、なにはともあれ終わりよければ何とやらです。小泉さん、ご苦労様でした。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:小泉首相 - ジャンル:政治・経済

大江健三郎 中国で吼える
 わざわざ韓国に出向いて総理の靖国参拝を批判し、『日本の良心』つまり自分達に都合の良い事を言ってくれる人と韓国紙に紹介された、日本の進歩的(笑)文化人(爆笑)を以前のエントリーで取り上げました。(関連エントリーを参照)

 その方のお名前は、ノーベル文学賞受賞者であらせられる大江健三郎大先生。この大江先生、今度は中国に出向いて何やら動いているようです。まずはこちらをご覧下さい。(人民網から以下引用)

大江健三郎氏が訪中、南京大虐殺記念館も訪問

ノーベル文学賞受賞作家、大江健三郎氏が9月8日~15日にわたり、北京、南京などの地を訪問する。7日の情報では、大江氏は今回の訪中期間中に3度の講演会(9日、10日、14日)を予定している。このほか、9日の午後2時半から北京市の書店・西単図書大厦で新作「さようなら、私の本よ!(中国名:別了、我的書!)」の出版サイン会を行う。「さようなら、私の本よ!」は2005年末の新作で、日本国外での出版は今回が始めて。「光明日報」が伝えた。

9月12日、大江氏は飛行機で北京から南京へ飛び、その日の午後に侵華日本軍南京大屠殺遇難同胞記念館(南京大虐殺記念館)を訪問、生存者との対談も行われる。(編集SN)


 自著の宣伝のついでに反日記念館に行くのか、反日活動のついでに自著の宣伝をするのか、そのへんは知りませんが、いつの間にやら犠牲者の数が増えたり、年々オドロオドロしい話になってきている南京大虐殺、その記念館をご訪問される予定ですかそうですか。

 この記念館を訪れ、どんな反応を見せるのか興味がありますが、日本の良心と呼ばれる大江氏のこと、嘘捏造満載の中共プロパガンダだろうが鵜呑みにして、『日本は酷い!』なーんて糾弾しちゃうんでしょうか。さて、記事には大江氏が北京で講演会を開くとありますが、初日の模様が記事になっていますので、ご覧下さい。(CRI ONLINEから以下引用)

大江健三郎氏、日本は反省しない現状を改めるべきだと発言

 ノーベル賞の受賞者である日本の作家大江健三郎氏は9日、北京で講演を行った際、日本は全く反省しない現状を改めるべきだと述べました。そして、両国の関係の正常化の前提は、日本国民が戦争で犯した罪を深く反省することであると強調しました。

これは、大江健三郎氏が中国社会科学院で講演を行う際述べたものです。

 大江健三郎氏は、今年8月、小泉首相が靖国神社参拝を再び強行したことに対して、過激な国家主義がまた日本で台頭しており、日本の動きに憂慮していると述べています


 これは酷い電波だ・・『両国の関係の正常化の前提は、日本国民が戦争で犯した罪を深く反省すること』ですか。中共よりも過激ですね。彼らは指導者と国民は別という、いわゆる区別論でもって、特に日本国民に対してどうのと言うことは無いですが、大江さんはグッと踏み込んでます。

 おい大江よ、全く反省しない現状だの、過激な国家主義が台頭しているだの、何をどう見たらそうなるんだ?頭がイカレてるとしか思えない。もうさ、帰ってこなくて良いよ。本当に過激な国家主義とやらが台頭してるなら危険でしょう?そのまま『赤い』中国で土になっちゃいなさい。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国 大江健三郎は日本の良心!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。