管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日新聞 中韓に譲歩を求めるなんて!!
 先の戦争に対する「痛切な反省」と「心からのお詫(わ)び」を否定させ、中韓の敵意を鼓舞すること・・これが安倍氏に対して執拗なまでに、いわゆる『歴史認識』を問う記事・社説を書きまくっている朝日新聞の狙いであると喝破した、産経新聞のコラムを昨日のエントリーで紹介しました。
 
 朝日の狙いを見抜いてか、安倍氏は言質を与えないよう気をつけていますが、狙いを同じくしているのかどうなのか、そんな安倍氏の態度を『あいまい』だとして批判した新聞社も昨日のエントリーで紹介しました。この『あいまい』批判、どうやら『アレ』なマスコミが多用しそうです。こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)

社説:靖国参拝 あいまいな解決法はない

 今回の総裁選で相違点が一番はっきりしているのが、争点にしないはずの靖国神社参拝である。

 靖国参拝は、本質的には特攻隊に感動した小泉純一郎首相個人の「心の問題」だった。だが、「心の問題」であるが故に、中国人、韓国人の心を刺激した。それが日本人の心を逆なでした。情報化時代の恐ろしさである。

 中国政府も韓国政府も、いったん火のついた自国の国民感情を背にしては、うかつに妥協や譲歩ができない。首脳会談拒否という強硬な手段に出て、難しい外交問題になった。

 小泉首相は、「(首脳会談を拒否するのが)わからない」とはぐらかし、現実から逃避してきた

 だが、東アジア共同体や経済連携協定(EPA)など、アジア各国との関係を深めようという時に、首相が隣の国と政治対話ができないようでは困る。しかも新首相が就任するとすぐ、11月にハノイのアジア太平洋経済協力会議(APEC)、12月にマニラの東アジア首脳会議と首脳外交の晴れ舞台が続く。

 3候補とも、中国、韓国との首脳会談を再開しようという意思は同じだ。その道筋が違う。

 最も明快なのは谷垣禎一氏である。中国、韓国の国民感情に配慮して、首相在任中は靖国神社参拝を控えるという。谷垣首相なら、日中、日韓の首脳外交は問題なく再開できるだろう。

 麻生太郎氏も、現職の外相であり、中国、韓国との外相会談を重ねてきた。この実績をもとに「きちんとした外交をやっていく」と首脳外交に意欲を見せる。谷垣氏と違って、外交と靖国を直接結びつけないのがあいまいな点だが、靖国神社の非宗教法人化案を政権構想とは別に持論にしている。首相在任中は靖国参拝を凍結する用意であろう。

 安倍晋三氏も、積極的に参拝をすると公約しているわけではない。しかし、首脳会談再開への具体的展望は伏せている。

「お互いに一歩前に出る努力が必要だ」と言う。日本側だけでなく、中国、韓国にも何らかの譲歩を求めているように見える

 今年は4月に秘密参拝をすませた。このときは「行ったかどうか言わない」という戦術をとった。だが、首相ともなれば、行ったのに言わないという姑息(こそく)な策はとれない。「言わない」戦術は、参拝しない場合の、日本国内の参拝待望論向けの対策としては効果があるだろう。

 中韓首脳が靖国参拝に感情的な反発さえ見せたのは、小泉首相が首脳会談で「適切に対処する」と期待を持たせながら、結局参拝を繰り返したからである

 外交の要諦(ようてい)は「誠信」だと言ったのは小泉首相自身である。韓国を訪問した時の演説に、対馬藩で対朝鮮外交に当たった儒学者、雨森芳洲の言葉「誠信交隣」を引用した。すっかり忘れた「誠信」外交を、次の首相は思い出してもらいたい。

毎日新聞 2006年9月10日 0時25分


 うーん・・ツッコミどころ満載の社説なので、どこから手をつけるか迷ってしまいますが、表題から行きましょうか。毎日新聞は『あいまいな解決法はない』として、靖国参拝やめることで『しか』解決しないという前提で論を進めています。が、まずこの認識が間違ってる。

 首脳会談の開催をもって『解決』とするのなら、拒否している中韓が折れるという解決もある。これを踏まえた上で安倍氏の『お互いに一歩前に出る努力が必要だ』という言葉を見ると、中韓に譲歩を求めている事がわかる。『求めているように見える』んじゃなくて、求めているんだよ。毎日は中韓に譲歩を求めるなんてもってのほか!と言いたいんですか?

 次いきます。安倍氏を批判する為に麻生氏を引き合いに出して『首相在任中は靖国参拝を凍結する用意であろう』なんて書いてますけど、何か根拠があって言ってるのか?麻生氏は事あるごとに『靖国参拝を控えるとみられる』なんて書かれるんですが、本人はそんな意向を明らかにしたことはありませんよ?

 麻生氏は『適切に判断する』と言い続けている。それをマスコミが参拝凍結だの何だのと『勝手に』決め付けて報道しているだけ。麻生氏は自身のHP上で、そんな報道を否定した上で抗議している(関連エントリー1を参照)。これは『中韓首脳が靖国参拝に感情的な反発さえ見せたのは、小泉首相が首脳会談で「適切に対処する」と期待を持たせながら、結局参拝を繰り返したからである』という件にも繋がる。

 どちらも『勝手に』決め付けていたり、『勝手に』期待しているだけじゃないか。それを中韓首脳が感情的な反発を見せたのは云々、すっかり忘れた誠信外交が云々という批判は無茶苦茶だろう。思い出すもなにも、ただ相手に屈するだけの事を『誠信』だとは言わない。もう土下座外交の時代は終わったんだよ。まだそれが理解できずに『現実逃避』してるのは毎日新聞、あんたらだよ!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:麻生外相へ マスコミの謀略にご用心 2
関連エントリー2:朝日新聞の正義は安物 by産経抄
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

韓国 踏むのは踏み絵か虎の尾か
 北朝鮮によるミサイル連射を受けて、国連安保理で採択された対北朝鮮決議案。この決議案では、北朝鮮に対してミサイルの開発や発射の凍結、6カ国協議への即時無条件復帰が求められましたが、北朝鮮は全面拒否。その態度は今も変わっていない。

 北朝鮮が決議案を無視している以上、決議案をもとに『何らかの措置』が取られることになるわけですが、いよいよ米国は動き出すようです。まずはこちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)

【ミサイル】米国、韓米首脳会談控え対北追加制裁準備

 14日の韓米首脳会談を前に、米国が全方位的な北朝鮮に対する制裁に乗り出す動きを見せている。米国防総省スポークスマンは6日、「北朝鮮のミサイル発射に対する国連安全保障理事会の決議を履行するレベルで、北朝鮮に対する追加の制裁方案について話し合っている」と話した。しかし制裁の内容については具体的な言及を控えた。

 また、「北朝鮮が核実験を強行するのであれば、これは国際社会に対する挑発行為」であるとし、「中国をはじめとした国際社会がこのようなメッセージを北朝鮮にはっきり伝えることが重要」と話した。

 国防総省の軍縮国際安保担当次官はこの日、ワシントンのナショナルプレスセンターで記者懇談会を行い、「米国の(制裁)政策により、イエメンとリビアが北朝鮮のミサイル輸入を中断した」とし、「北朝鮮のミサイル輸出阻止はある程度成功している」と話した。

 また、「2002年、北朝鮮からスカッドミサイル15台を積んで出港し、イエメン沖で米軍などによる臨検を受けた北朝鮮の運搬船事件の後、イエメンは北朝鮮とこれ以上ミサイルを取り引きしないと誓い、リビアも2003年に核放棄の合意の一環として北朝鮮とのミサイルの取引中断を約束した」と説明した。

ワシントン=チェ・ウソク特派員


 全方位、つまり国連加盟国全てに決議の履行を求めていくということですね。ようやく準備が整ったということでしょうか。さて、記事には『米韓首脳会談の前に』と書かれていますが、韓国も国連加盟国のひとつであり、当然、決議の履行を求められます。盧武鉉大統領の訪米を前に、米国は踏み絵を用意したわけだ。

 安保理でこの決議案が採択されてすぐ、韓国政府は決議案に賛意を表明しましたが、例のごとく口だけで、何だかんだと理由をつけては北を擁護したり、援助を続行していました。盧武鉉大統領などは今月7日、外遊先のフィンランドで北のミサイル発射について堂々と擁護。

 曰く『北朝鮮のテポドンミサイル試験発射は武力攻撃のためではなく政治的目的によって発射したものと考えている』そうで、理由として『そのミサイルが米国まで行くにはとても短く、韓国に向けるには長すぎる』からなんだそうですが、発射されたのはテポドンだけではなく、スカッドやノドンも発射された事をスルーしております。(中央日報)
 
 盧武鉉大統領がこんな事を言う理由は、脅威ではないと『薄める』ことによって、とにかく北朝鮮への制裁をやめさせたい、そして制裁措置の輪に加わりたくないということだと思いますが、米国が用意する踏み絵を前にどう対応するのか。ブッシュ大統領との会談でも堂々と北を擁護するか、それとも取りあえずその場は繕うか。(『変心』してマトモに踏み絵を踏むことは、まずあり得ない。)

 決議の履行を求めるブッシュ大統領に対して、この手の北朝鮮擁護を展開すれば、ますます米韓関係はギクシャクするでしょうし、その場だけ繕ってすぐに手のひらを返せば、既に大きな亀裂が入っている米韓同盟は終わりを迎えるでしょう。いずれにせよ、今後の展開が色んな意味で楽しみであります(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 朝貢する口実が出来て嬉しいな
関連エントリー2:韓国 見栄はって嘘ついてバレちゃった?

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。