管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 これぞ全体主義国家
 今月18日、韓国で『親日反民族行為者財産調査委員会』というやたら長い名前の委員会が発足しました。この委員会は日韓併合に至る過程、日本統治時代に『日本に協力した』人達、あるいはその子孫の財産を調査し、没収するかどうか決める委員会だそうです。

 この委員会発足によって、いよいよ韓国で本格化する親日派弾圧。事後法だ遡及立法禁止の原則違反だという指摘も何のその、今度はこんなんなってます。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用※韓国語)

■ヨルリン・ウリ党:「ハンナラ党9人、親日派財産還収法に反対した」

ヨルリン・ウリ党の盧雄来(ノ・ウンネ)公報副代表が、親日反民族行為者財産還収法の賛否投票時に反対票を投じたハンナラ党議員らの実名を公開して、猛攻を浴びせた。盧議員の公開した名簿は、孔星鎮(コン・ソンジン)、金ヨンドク、金忠環(キム・チュンファン)、徐秉洙(ソ・ビョンス)、劉スンミン、李方鎬(イ・バンホ)、李仁基(イ・インギ)、李在雄(イ・ジェウン)、朱豪英(チュ・ホヨン)議員の9人だ。

盧雄来公報副代表は29日の国会本会議の終了後に国会記者室を訪れて、「驚愕すべき、衝撃的なことだが、親日反民族行為者が不当に取得した財産を還収するという法案に、反対する人がいた。同僚議員として、他の議員の名前を公表することは望ましくはないが、私自身が悪口を言われてでも、我が国の子供たちに悪い教訓を与えないため名前を公表する」として、名簿を公開した。

この日の本会議での投票は記名投票で行なわれたことから、反対票を投じたハンナラ党議員らは、概ね所信による投票と見られる。

名前が挙げられたハンナラ党の孔星鎮議員は、30日の本紙の電話取材に対して、「法案の趣旨には原則的に同意する」としながらも、「しかし曖昧な基準で、既に半世紀が過ぎたことをそんなふうに扱うというのは原則に反することだ」と反対理由を明らかにした。

孔星鎮議員は、盧雄来公報副代表が実名を公開したことについて「感情的な仕打ち」だとしたうえで、「記名投票だから、盧公報副代表がそんなふうに発表しなくてもいずれ分かることだったが、そんな調子で発表したというのは、一方的偏見によって政治争点化しようとするものだ」と批判した。孔議員はまた、「ヨルリン・ウリ党が過去史問題で敵味方に分けようとするものであり、意図が純粋ではないということを示すものだ」と付け加えた。

(訳文は2chから頂きました。)


 うわー・・ここまでやるか。相変わらず韓国は『凄い』なあ。さて、まず驚いたのは、この法案に反対したのがたったの9名であること。過去に遡って『親日』であったという理由で私有財産を没収するというトンデモない法案に対して、反対がわずか9名・・これは明白な憲法違反であるという指摘が韓国内でもあったはずですがスルー。親日=反民族というレッテルは、これほど強力なんですね。

 で、続いての驚きは『既に半世紀が過ぎたことをそんなふうに扱うというのは原則に反する』と正論を述べた人も『趣旨には同意する』と、親日派を弾圧すること自体には反対していない様子。さらに驚いたのは、たった9名の反対者も許せない!と名簿を公開して糾弾する議員がいる・・ああ恐ろしい。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 『見よ!この国民性の違い』
関連エントリー2:韓国 新たな親日弾圧法の誕生か?
関連エントリー3:韓国 日帝憎けりゃ松まで憎い
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

中国様が嫌がることはヤメテ!by 河野洋平
 8月15日に行われた全国戦没者追悼式にて、同日、靖国神社に参拝した小泉総理を暗に批判するかたちで『戦争を主導した当時の指導者たちの責任をあいまいにしてはならない』と述べ、いわゆる『A級戦犯』など戦争指導者の責任を追及する姿勢を示した河野洋平衆院議長。(関連エントリー3を参照)

 この追悼式には、いわゆる『戦犯』とされ、処刑されるなどして命を落とした人達の遺族が出席していましたが、河野氏は空気を読まず放言し、このニュースを見た私を唖然とさせてくれました。そんな河野氏、またも『妙』なことを言ってるようです。こちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)

河野衆院議長、安倍氏の外交路線に疑問
.
 河野洋平衆院議長は29日、福岡市で講演し、対中国外交に関連し「『インドと日本が組むと中国に対する牽制(けんせい)になる』と言う人がいるが、必ずしも牽制のカードになる状況ではない」と述べ、インドとの連携強化を提起している安倍晋三官房長官の姿勢に疑問を呈した

 河野氏はさらに、7月の北朝鮮の弾道ミサイル発射について「(北朝鮮の)やり方は論外だが、十分な議論もせずに直ちに経済制裁だと言っていいのか」と指摘し、安倍氏が北朝鮮への「圧力」を重視していることを念頭に外交努力を訴えた。

(08/29 22:20)


 必ずしも牽制のカードになる状況ではない・・ハァ?何か根拠があって言ってるんですか?中国が『アジア(中韓ではない)』に覇を唱えようとしている中、日本としては、もうひとつのアジアの大国であるインドと結ぶ・・これ牽制になるんじゃないの?

 それと、別に中国への牽制のため『だけ』にインドと連携を強化するわけじゃないですよ。関係を強化することによって、日印共に得られるものは大きい。おかしいなあ。インドなどアジア諸国との関係強化は、河野氏など『アジア外交重視』論者にとっては願ったり叶ったりのはず。え?河野氏などが言う『アジア』とは中韓の事だから、インドとの連携は含まれてないって?

 要するに、日本とインドとの連携は、十分中国への牽制になり得るし、また、そうなれば中国が嫌がるから河野氏は反対してるだけだろう。あのね、中国の嫌がることを絶対にしないというのが大方針だった、土下座外交の時代は終わったんだよ。それと同時に河野氏も終わったんだけど、いつまで政界に居座るつもりなんですかね。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国 遺棄化学兵器処理の金は誰が払う?
関連エントリー2:自民党総裁選 この親にしてこの子あり
関連エントリー3:土下座外交を主導した責任取れよ河野洋平

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。