管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹島問題 またしても振り回される政府
 8月下旬から9月にかけて、竹島周辺海域で海洋調査を実施すると発表し、その旨韓国側に『通告』した政府。これは日韓双方による事前通報制度の定着が狙いで、今月11日に日韓局長級協議が開かれ、この問題が話し合われたものの合意には至らず、次の協議に先送りとなりました。

 政府は韓国側が協議のテーブルに乗ってきたことをもって、既に通告してある海洋調査の延期を決めた、つまり協議中なのに調査すれば、ギクシャクしてご破算になってしまうと懸念し、配慮したようですが、韓国側はこんなことをやるそうです。こちらをご覧下さい。(東京新聞から以下引用)

韓国また海洋調査へ

 韓国政府が十月中旬にも、実効支配する竹島(韓国名・独島)近海を含む海域で、七月に続いて海洋調査を実施する方針であることが二十七日、分かった。十月末までの約二十日間のうちの一定期間行う予定で、範囲は七月調査と同様、竹島周辺の日本が主張している排他的経済水域(EEZ)や領海も含まれているとみられる

 日本政府は既に同調査計画を把握。同海域での調査については、日韓双方が紛争回避のための事前通報制度創設をめぐり、協議を始める方向で歩み寄ってきたところだけに政府も事態を憂慮。九月上旬にもソウルで開かれる日韓EEZ境界画定交渉などの場で詳しい説明を聞いた上、自制を求めていく考えだ。

 ただ韓国は七月の前回調査の際、日本が再三自制を求めたにもかかわらず、竹島周辺の日本が主張するEEZや領海内で、海流の塩分濃度などに関する調査を実施。このため今回も韓国が調査中止を受け入れるかは不透明で、強行した場合は日本も対抗して海洋調査を検討する構えだ。

 韓国の七月の海流調査直後、日本は竹島近海などで海水中の放射能を測定する調査を八月末にも行う方針を伝達。しかし九月のEEZ交渉で、日本が従来提案してきた事前通報制度創設について韓国側と正式協議することになったため当面延期する方針を決めている


 はい。協議中にもかかわらず、彼らは調査をするそうです。日本側の配慮は無駄でしたね。まあ、こうなることはわかりきっていたので、通告してある調査を実施しろ!と私は主張してきたわけですが、『強行した場合は日本も対抗して海洋調査を検討する構えだ』って何だよ。

 これって、前に何度も聞いたフレーズなんですが、実際に調査しましたっけ?してませんよねえ。相変わらず韓国は勝手気ままに調査して、日本は何だかんだと言いながら『なぜか』やらない。ホントにヤル気あるんですかね?政府は。今からでも遅くない。予定通り調査を実施しろ!

 最後にもうひとつツッコミを。おい東京新聞よ、竹島は韓国が実効支配してるんじゃなくて『不法占拠』してるんだよ。何をサラッと『(韓国が)実行支配する竹島』などと書いてんだ。日本の報道機関なら、日本の視点から書くべきじゃないの?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 ドサクサ紛れに調査する
関連エントリー2:竹島周辺海域の調査は予定通りやれ!
スポンサーサイト

テーマ:領土・領海・・経済水域 - ジャンル:政治・経済

韓国 見栄はって嘘ついてバレちゃった?
 来月、米国を訪問する予定になっている韓国の盧武鉉大統領。戦時作戦統制権の移譲問題や対北朝鮮政策を巡った対立など、米国とギクシャクしっぱなしの盧武鉉大統領ですが、今回の訪米を関係修復のきっかけに出来るか。

 米国といえば、友好国であるか、あるいは重要な国であるかによって、訪れる要人の待遇を『明確』に変えてくる国。小泉総理や英国のブレア首相などはブッシュ大統領が所有する牧場に招待されていますが、盧武鉉大統領への招待は無し(朝鮮日報)。どんな待遇なのか注目されます。

 露骨に冷遇されるのでは?というのが当ブログ管理人の予想なのですが、建前上とはいえ自由・民主主義という価値観を共にする国、崩壊寸前とはいえ米国と韓国は同盟国という事実がある以上、あまり冷遇されるとメンツが立たない。そんな中、こんなニュースがありました。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

盧大統領を別荘に招待、ブッシュ元大統領が提案

【ソウル25日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が、韓米首脳会談のための訪米する来月に、ブッシュ元大統領から別荘に招待されていたことが分かった。青瓦台(大統領府)と駐米韓国大使館などによると、今月初めにブッシュ元大統領から知人を通じて、メーン州南部にある別荘に招待したいとの考えを伝えられた。<中略>

ただ、今回の別荘への招待については、他のスケジュールの都合もあり、丁重に断ったという。

駐米韓国大使館関係者は「大統領が訪米すると、数百件の招待提案が舞い込んでくる。今回もそのうちのひとつだが、検討した結果、見合わせることに決めた」と話している。
(YONHAP NEWS) - 8月25日19時26分更新


 ほう、パパブッシュの誘いがあったけれど、忙しいから断った、と。何だか『色んな意味』で臭う記事ですが、パパブッシュと会う以上に重要な用事があるんだ、ということを言いたいんでしょうか。レームダック@盧武鉉大統領は意外とモテるんですね。・・と思っていたら、こんな情報が。(Yankee times から以下引用※韓国語)

■ブッシュの牧場招待は事実ではない

ジョージ・W・ブッシュ米大統領が怒り心頭だ。父親のブッシュ元大統領が盧武鉉大統領 の9月の訪米時に家族の牧場へ特別招待すると申し入れたのに、これを韓国側が断った、という韓国の一部新聞報道のためだ。

ブッシュが父親に確認したら、それは今初めて聞いたという答だった。盧大統領側から訪米したいと言ってきて、特に理由もないのに余りにも哀願するから日程を調整したというのに… それならどうして無いものを有るとマスコミ・プレーをするのか苛立たしい、とホワイトハウス高官が伝えた。<中略>

ホワイトハウスと国務省スタッフは、盧武鉉政権の人々に会うことを大変嫌がっている。理由は、盧大統領の二重プレーだ。前ではイエスと言いながら後ろを向けば別のことを言う盧大統領を信頼していないのだ。ホワイトハウスのブッシュ側近たちも、ブッシュ大統領が盧大統領を大変嫌っているのをよく知っている。<後略>

(訳文は2chから頂きました。)


 プププ・・嘘こいたの(笑)?まあ、ソースがアレなのと、別荘への招待が文中では『牧場』になっているので、この記事自体も怪しいですが、ホントならすごく恥ずかしい自爆ですね。招待されてないのに招待されたと言い、招待されてもないのに断ったと自慢(?)気に発表しちゃったんですから。

 思い出すのは昨年末、韓国の潘基文外相は『靖国の事を言うのは中韓だけ』という麻生外相の言葉に怒り、中韓以外から靖国参拝への非難を引き出そうと欧州議会を訪れ、『欧州議会の議員らも理解できず認めがたいとの反応を見せた』と発表したものの、この発表は嘘だったと判明した・・なんてことがありました。(関連エントリー1を参照)

 『普通』なら、こんな嘘をつくはずがないと一蹴できますが、なにせ彼らには『前科』があるので、ありえない話とは言えない。50:50で本当・・いや、もっと高い確率で本当の話なんじゃないかと思ってしまう。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国外相 『もう捏造ってバレちゃった』
関連エントリー2:韓国 米韓同盟崩壊は秒読み
関連エントリー3:韓国 朝貢する口実が出来て嬉しいな

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。