管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮への制裁 ジワジワきてます 2
 北朝鮮によるミサイル連射以降、万景峰号など特定船舶の入港禁止など制裁措置を実施している日本政府。制裁措置の中には北朝鮮当局者の入国制限も含まれており、先日のエントリーで、この措置が初めて適用され、北朝鮮当局者らの入国が拒否されたというニュースを紹介しましたが、2例目の適用があったようです。こちらをご覧下さい。(Yomiuri Onlineから以下引用)

北朝鮮からの6人の入国拒否を決定、制裁措置で2例目

政府は、北朝鮮のミサイル発射に対する制裁措置の一環として、26日から京都で開かれる「世界宗教者平和会議」に出席したいとしていた北朝鮮在住者6人の入国拒否を決め、25日までに関係者に通知した。制裁措置による入国拒否は2例目。

 入国を拒否されたのは、北朝鮮在住の宗教関係者と北朝鮮政府関係者とみらている。杉浦法相は25日午前の記者会見で、「制裁措置の一環で、審査を厳格に行った結果」と述べた。

 政府は、北朝鮮のミサイル発射への制裁措置として、北朝鮮政府職員らの入国を原則認めず、政府職員以外の入国審査も厳格化する方針を決めている。7月末にも北朝鮮在住者5人の入国を拒否した。


 はい。法務省はちゃんと仕事してますね。で、今回は『宗教関係者』ですか。色んなカバーを考えますね。次は何だろう?民主化運動の活動家とか、打倒金正日体制を掲げる反政府組織の人間とかでしょうか(笑)?

 冗談はさておき、以前のエントリーでも書きましたが、正規の手段で渡航してくるのは、殆どが当局者でしょうから、悉く入国拒否されて当然です。非人道的だ!などと喚いてる輩もいるようですが、そんなものはミサイル発射を凍結し、拉致被害者を全て返してから言え!という話です。

 さて、北朝鮮→日本のルート潰しが機能していることはわかりましたが、逆はどうでしょうか。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

在日朝鮮人の再入国許可に制限 ミサイル発射以降
2006年08月27日16時57分

 北朝鮮がミサイルを発射した7月5日以降、法務省が朝鮮籍の人の再入国許可に制限を加えている。従来は、海外に出る日程を1回分示すだけで、有効期間内に何回でも入国できる「数次許可」が出た。しかし現在は再入国1回限りの許可しか出ないという。韓国籍など他の定住外国人の扱いに変化はなく、制限対象は「北朝鮮との関係」を理由に在日朝鮮人に限定されている。

 特別永住資格を持つ在日韓国・朝鮮人は約44万人。このうち今回の対象となる朝鮮籍の人は10万人を切るとみられる。

 法務省入国管理局長名で各地の地方入国管理局などに示された7月5日付の通達によると、当分の間、「在日朝鮮人(再入国許可書所持者)からの再入国許可申請があったときは、渡航目的、渡航先、日程等を詳細に把握し、申請を受理する」ように指示。数次の再入国許可を出す際は2回以上の渡航日程を提出させるよう求め、「2回以上の渡航日程の提出のない者は1回限りの許可とする」としている。

 北朝鮮のミサイル発射を受けて政府が決めた措置9項目のうち「我が国からの北朝鮮への渡航自粛を要請する」に基づく。自粛要請の対象は、韓国籍を含む他の外国人や日本人も含まれるが、再入国許可の制限は朝鮮籍の人のみ。行き先が北朝鮮ではない場合でも制限される。入国在留課は「北朝鮮と関係が深いと考えられる在日朝鮮人からの申請を、より慎重に審査することにした」と説明している。


 なるほどね。北朝鮮本国だけではなく、第3国で北の当局者と接触するかもしれないので、行き先や日程、そして目的を把握しておこうということですか。で、もし北の当局者と接触したり、行き先や日程、目的を違えれば『再入国を拒否する』ということでしょうか?うーん・・なかなかやりますね、法務省は。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:北朝鮮への制裁 ジワジワきてます
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国 悪いことは全て日本のせい
 日本にあって自分達にないもの・・特に世界で評価されている日本の文化があれば『起源は韓国にある』と嘘捏造なんでもありで起源主張し、『俺達が教えてやったんだ・日本はコピーしているにすぎない』と精神の安定をはかる韓国人。

 羨ましいと思うものがあれば起源主張する一方で、悪いものがあれば『日帝残滓』などと何でも日本のせいにしちゃうのも韓国人。今回のエントリーでは、この『日帝残滓』とやらについて書かれた記事を紹介します。こちらをご覧ください。(朝鮮日報から以下引用※韓国語)

■李氏朝鮮の性暴行処理

李氏朝鮮時代は性暴行に対して今より寛大だったと誤解している人が多い。性暴行事件は「大明律」で「犯奸罪」の適用を受けたが、強姦未遂は杖100回と3千里流刑、強姦は絞首刑、近親強姦は斬首刑だった。中宗23年(1528)10月、宮人の都伯孫が寡婦を強姦した際、中宗が「常人が強姦することも正しくないのに、まして士族ではないか」と言って厳罰を指示したように、支配層には一層厳格な処身が要求された。

和姦は男女とも杖80回だったので女性は強姦だと主張する場合が多かったが、この場合は女性の当初の意図が判断基準だった。世宗12年(1466)、正四品で護軍の申通礼が、官婢である古音徳と何回も性関係を持った。古音徳は、「初めは断って声を出して泣いた[初拒而哭]」という理由で無罪となり、申通礼だけが処罰されたのが、その一例だ。この事件のように、被害女性の身分は重要ではなかった。<中略>

妓女の場合も同じだった。暴力がなくても女性の同意がなかったら強姦で処罰したが、被害女性が処罰を望むか否かは量刑の斟酌対象ではなかった。窃盗の途中に強姦までした場合は斬首刑であり、幼児強姦は例外なしに絞首刑か斬首刑だった。

性犯罪に寛大な我が国の社会の誤った認識は、李氏朝鮮時代ではなく日帝時代に始まったものだ。近年頻発している子供への連続強姦事件や、クビになったMBCのセクハラ記者に対して社長が再審を要求したことは、人々の認識が日帝時代にとどまっていることを示している。日帝の遺産である現在の性犯罪認識を、李氏朝鮮時代の人たちの厳格な認識へ戻さなければならない時である。 【李ドギル/歴史評論家】

(訳文は2chから頂きました。)


 日帝が性犯罪に寛大だったから、韓国社会の性犯罪に対する認識も寛大になってしまった!・・だから、李氏朝鮮時代の認識に戻すべきであるとの仰せ。だったら李朝時代に戻るなり、刑法を改正して罰則を強化すれば?という話で終了なのですが、ちょっとツッコミを入れときましょう。

 何をもって寛大であるというのか、よくわかりませんが、要は刑罰が軽くなってしまったから、性犯罪が増えたり韓国社会の性犯罪に対する問題意識が低下してしまったという流れでしょう?認識云々は別問題で。というかこれ、自分達は野蛮だと白状してるに等しいって気付いてる(笑)?

 韓国といえば、とても性犯罪が多い国だというイメージがありますが、韓国の朝鮮日報によると、韓国は性犯罪が10万人当たり年間17.0~22.2人で日本の2倍以上なんだそうです(朝鮮日報※04年のデータ)。

 日帝時代の遺産である『日本的な認識』が問題であるならば、その本家本元の日本の性犯罪はもっと多いはず。つまり日本的な認識が問題なのではなく、もともと『そういう素質(?)』を持っていて、『地金』が出ちゃったという話だろう。ただのすり替えですな。ったく、何でも日本のせいにしてんじゃねーよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国 起源主張は精神安定剤

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。