管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッチポンプ朝日をチクリ by産経抄
 年がら年中ヤスクニ靖国やすくに、靖国神社参拝に反対だ~!という記事、社説を書き続ける朝日新聞。戦後、特に問題ではなかった首相の靖国参拝を問題視して『問題』とし、挙句には中韓を巻き込んで大問題にしてしまったのは朝日新聞ですが、自分達がやったことは忘れて、まるで他人事のように今日も元気に靖国批判。そんな朝日新聞に対して、産経新聞のコラム産経抄が、こんなことを書いております。こちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)

平成18(2006)年8月17日[木]

 おがらを焚(た)いて迎えた精霊が、送り盆の朝に帰っていった。戦没者の追悼の意を込めて精霊流しをした地方もあった。ただ、静かであるべき今年のお盆はどこか騒がしい。入道雲や蝉(せみ)時雨までが、いつもの年とは違うような気さえする。

 ▼九段の杜(もり)の「靖国」もそうで、小泉首相の15日参拝で大騒ぎだ。某紙の社説は「こんなにかまびすしい日になったのは、いつからだろうか」と問いかけた。その答えも用意してあって、「小泉首相の靖国神社参拝が一つのきっかけになっているのは間違いない」と非難する。

 ▼これを小欄は詭弁(きべん)と呼ぶことにしている。「いつから」というなら、昭和60年の終戦記念日にまでさかのぼらねばならないことは某紙自身がよく知っている。火をつけたのは「某紙」こと朝日新聞だったからだ。このことを、いま一度いっておきたい。

 ▼当時の中曽根首相が戦後40年の区切りに「公式参拝」をした。ところが朝日は、直前の7日付で靖国参拝を「中国が厳しい視線で凝視している」と書いた。これを人民日報が日本国内で反対が起きていると応じると、朝日がこだまのように「アジア人民傷つける」と呼応するかくて、自虐報道が拡大再生産されていく。

 ▼戦場に散った人々の御霊(みたま)をなぐさめ、国のために殉じた人々の霊を祀(まつ)るのが靖国神社だ。それが日本メディアからヒントを得たのか、中国が対日圧力の道具に使うようになった。いまや「靖国問題とは中国問題」(『靖国問題と中国』)なのである。

 ▼いまの中国は、日本の反中感情を意識して、首相参拝批判には抑制ぎみだ。李肇星外相は「小泉首相は日本人民の強い反対を無視した」と首相と日本国民を引き離す。中国の巧妙な外交術に乗せられまい


 わはははは・・マッチポンプをバラされております。朝日はどうしても総理のせいにしたいようですが、そもそも問題を作り、煽って問題を大きく育ててきたのは朝日新聞。元凶である朝日が、参拝しても問題にならなかった原点に戻そうと頑張ってる小泉総理に責任を転嫁しているのは実に卑怯。

 今でも靖国参拝した、あるいはするかも?という憶測が飛んだだけで『中韓の反発は必至だ!(反発しろという意味)』と書いて中韓の反発を引き出し、その反発を大きく報道してギクシャクするだの、アジア(実際は中韓だけ)軽視だのとマッチポンプやってる。かまびすしくしてるのは朝日だろ?というお話です。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


外部参考リンク1:8月15日付 朝日社説
外部参考リンク2:動画 靖国問題に火を付けたのは報ステの加藤千洋(朝日記者)
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

朝日新聞 取材拒否でも靖国靖国
 いつ参拝しようがどうしようが、年がら年中『靖国参拝』に反対する記事、社説を書き散らしている朝日新聞。やれ中韓(アジアと言ったりする)との関係がギクシャクするだの、やれアジア(実際は中韓だけ)外交が破綻しただの喧しい。

 15日には、小泉総理が靖国神社を参拝されましたが、年にいちどの参拝なのに、毎月のように靖国参拝批判が紙面に登場する朝日新聞が、こんなおいしいネタを放っておくわけがありません。翌16日付の社説をご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

靖国参拝 耳をふさぎ、目を閉ざし

 終戦記念日の朝早く、小泉首相が靖国神社に参拝した。

 これまで5回の参拝はいずれも、自民党総裁選で公約していた8月15日を避けた。その理由を首相は「再び内外に不安や警戒を抱かせることは私の意に反する」と説明してきた

 それが今回は「15日を避けても、いつも批判、反発し、この問題を大きく取り上げようとする勢力は変わらない。いつ行っても同じだ」と開き直った。ぶれないことが売り物の首相にしては大ぶれ、まさに支離滅裂である

 15日は韓国にとって植民地支配から解放された記念日であり、中国にも歴史的な日である。そこに、彼らが「感情を傷つけないでほしい」と中止を望む靖国参拝をぶつけた。

 幸い、両国は抑制された抗議にとどめているが、外交的な挑発と受け止められかねない行動だ。

 戦後60年を迎えた1年前のこの日、首相は戦争でアジアの人々に与えた被害に対し「痛切な反省と、心からのお詫(わ)びを表明する」という談話を出した。このメッセージとの落差はあまりに大きい。

 首相はきのう、参拝反対論にこう反論した。「突き詰めれば中国、韓国が不快に思うことはやるなということだ」

 首相の目には、日本国内にある反対の広がりが見えないのだろうか。

 朝日新聞の7月の世論調査では、参拝反対が57%で、賛成の2倍に達した。新聞も大半の全国紙、地方紙が反対の立場だ。自民党内ですら、歴代首相ら重鎮の多くをはじめ、反対論や慎重論を唱える人は少なくない。連立パートナーの公明党は明確に反対している。

 首相は、こうした声をすべて中国や韓国に媚(こ)びる勢力とでも言うつもりなのだろうか。「いつも批判する勢力」と切り捨てようというのか。

 首相は「A級戦犯のために行っているんじゃない」と言う。これが国内的にも国際的にも通用する理屈ではないことを首相はついに理解しようとしなかった。

 首相の参拝のあと、日本武道館で開かれた政府主催の全国戦没者追悼式で、河野洋平衆院議長はこう述べた。「戦争を主導した当時の指導者たちの責任をあいまいにしてはならない」。外国に指摘されるまでもなく、日本自身の問題として看過できることではないのだ。

 首相はまもなく表舞台を去る。5年余の小泉政権の締めくくりでこんな参拝が強行されたことを、私たちは残念に思う。あとひと月あまりの政権だから、外交や内政への影響も小さかろうと見ての行動だったとすれば、さらに情けない。

 6回に及んだ首相の靖国参拝は誤りだった。戦没者の追悼という大事な問題で国内に亀裂を生み、偏狭なナショナリズムを刺激し、外交を行き詰まらせた。

 この重い「負の遺産」をどう乗り越えるか。次の政権の課題であると同時に、国民みずからが戦争責任などをめぐる議論を深めていくことも必要だ。


 おーおー、ずいぶんお怒りのご様子ですね。開き直った!支離滅裂だ!と罵っておりますが、必ず参拝はするけれども、反発があるので配慮して参拝する日を変更した。が、いつ行っても『同じように』批判されるなら、公約通りに行きましょう。これのどこが開き直りで大ぶれで支離滅裂なのか。

 中韓の反発に配慮して『参拝をやめる』と総理が言い、にもかかわらず参拝したというなら話はわかるが、やめるなんて言ってませんよ。毎年『適切に判断します』と言いながら参拝してきた。

 で、『突き詰めれば中国、韓国が不快に思うことはやるなということだ』という発言に噛み付いて『日本国内にある反対の広がりが見えないのだろうか』ときた。続いて世論調査なんかの結果を引っ張り出してますが、昭和天皇の発言と『された』モノを大々的に利用し、その結果を導き出したのはマスコミだろう。

 朝日を筆頭に、そのマスコミが『中韓が不快に思うことはやるな』という勢力であり、総理の言う『いつでも批判する勢力』なのさ。世論調査で反対と答えた人を指してるんじゃない。朝日新聞さん、あんたらだよ、あんたら!それに、国内で反対の声が広がってる~と言うくせに、8月15日の参拝客が、悪天候にもかかわらず最多の25万人を記録(Yahoo ニュース)したことはスルーですかそうですか。

 え?朝日新聞は『12日付朝刊で、神社周辺の施設や所有不動産を地図で掲載し、職員寮も記載(毎日新聞)』するという意図のわからないことをやって、神社側から『プライバシー侵害』を理由に記者とカメラマンの敷地立ち入りを禁止され、取材拒否されたから知らないって?ププ・・取材拒否だって恥ずかしい(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。