管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土下座外交を主導した責任取れよ河野洋平
 昨日8月15日に行われた小泉総理の靖国参拝。靖国に祀られている英霊に感謝と哀悼の念を示す姿勢を強調し、参拝した小泉総理ですが、多くのマスコミは否定的な論調で未だ騒いでおります。

 感謝と哀悼の念を示すといえば、昨日は全国戦没者追悼式が行われましたが、この追悼式の中で、ある人物が何やらトンデモ発言をしていたようです。こちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)

「戦争指導者の責任明確に」 河野衆院議長、追悼の辞
.
 河野洋平衆院議長は15日、全国戦没者追悼式の追悼の辞で、「新生日本の『目覚め』を信じ、犠牲を受け入れた若い有為な人材たちに思いを馳せるときに、戦争を主導した当時の指導者たちの責任をあいまいにしてはならない」と述べ、いわゆる「A級戦犯」など戦争指導者の責任を追及する姿勢を示した。

 A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を参拝した小泉純一郎首相を暗に批判したものだ。

 河野氏は追悼の辞で「軍民の別を問わず、内外の別を問わず、戦火に倒れたすべての方々の御霊に哀悼の言葉を申し上げる」と述べ、国内の戦没者のみならず他国の犠牲者も追悼する姿勢を強調した。


 戦争指導者の責任を追及する姿勢を示した、ね・・。感謝と哀悼の念を示す場で。追悼式には、いわゆる『戦犯』とされた人々の遺族も参加しており、これには『不謹慎かつ無礼極まりない(産経※リンク先2ch)』と憤りの声があがったそうですが、当然ですな。

 そういえば、国家のために殉じた兵士を慰霊する式典の中で、自身の珍妙な歴史観を披露しつつ、結果的に戦死者、その遺族など参列者を批判する演説をぶった『空気の読めない』大統領が隣の国にいましたが(関連エントリー2を参照)、河野さんも同じですね。これが衆院議長だってんですから、日本国民として大変恥ずかしいです。

 で、靖国を参拝した総理への批判の意味で『戦争を主導した当時の指導者たちの責任をあいまいにしてはならない』と言ったそうですが、どうして参拝したごときで責任をあいまいにしているなどと言えるのか。中国様にそう言われたからですか?クニウリセブン筆頭の河野洋平さんよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国 遺棄化学兵器処理の金は誰が払う?
関連エントリー2:盧武鉉大統領 『私が恥ずかしいのか?』
スポンサーサイト

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

盧武鉉大統領のおねだり
 昨日、かねてからの予想通り小泉総理が靖国神社を参拝。総理就任前に公約とした8月15日の参拝を果たしました。靖国と聞けば必要以上に大事にしようと騒ぎ立ててきたマスコミは、総理官邸や靖国神社に沢山の人とカメラを配置、ヘリまで飛ばすはしゃぎよう。

 相も変わらず中韓の反発が云々と、参拝に否定的な論調が目立つマスコミですが、中韓の反発とやらは従来の域を出ないものでした。中国、韓国共に総理の靖国参拝を批判する声明を出したり、日本大使を呼び出して抗議したものの、何か実害が出るようなことはなさそうです。

 しかし、そんな中でもキラリと光るのは、日本を批判するとなると急に元気になっちゃう盧武鉉大統領。いつものように電波ゆんゆんの談話を出されたようです。こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用)


盧大統領「日本は独島や教科書問題に実質的措置を 

2006/08/15 10:46

【ソウル15日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は15日、「日本は過去について心から反省し、これまでの謝罪を裏打ちする実践により、二度と過去と同じことを繰り返す意思がないことを明確に証明しなければならない」と述べ、独島や歴史教科書、靖国神社参拝、日本軍慰安婦などの問題解決に向けた実質的な措置が、その証明に当たるとした

光復(植民地支配の独立記念)節61周年の祝辞で、日本の憲法改正をめぐる議論に言及した盧大統領は、平和憲法の改正自体を議論することは行き過ぎともいえると懸念を示すと同時に、「憲法改正の前にすべきことがある」としてこのように述べた。


 アホや・・この人ほんまもんのアホや・・。参拝に懸念を示すだけならまだしも、何だか沢山の『おねだり』をしております(笑)。竹島の領有権を放棄し、歴史教科書を要求どおりのモノにし、靖国参拝してはダメで、ありもしない従軍慰安婦問題を解決しろ、と。

 で、これらの要求を憲法改正する前に、すべて日本が呑め!と。(仮に日本が呑んだとしても、この人が憲法改正に賛成するとは思えませんが・・)凄いなあ。いつから韓国は日本の宗主国になったんだろう。過去を振り返っても無いし、そして未来永劫そんなことにはなり得ないのですが、白昼夢でも見てたんでしょうか?

 以前から、このように無茶なことばかり言う盧武鉉大統領ですが、日本側は応じてないし、これからも応じないでしょう。となれば次の措置が必要になってくると思うわけですが、また口だけなんでしょうか。口だけといえば、総理が参拝する直前、韓国政府は『「強力対応」を取る(聯合ニュース)』なんて言ってましたけど、まだですか?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:盧武鉉大統領 『内政干渉ってなに?』
関連エントリー2:従軍慰安婦という虚構にしがみつく人達
関連エントリー3:中韓は靖国カードを諦めたら?

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。