管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 米韓同盟崩壊は秒読み
 親北に傾くばかりに、日本や米国との関係をぶち壊している盧武鉉大統領。まだ北朝鮮との戦争が終わったわけではない(休戦中)のに、韓国の安全保障の要である在韓米軍の存在を排除しようということなのか、米国側が持つ『戦時作戦統制権』を返せ!と言ったり、『自主国防』の必要性をことさら強調してみたり。

 盧武鉉大統領の強い意向もあって昨年、米韓の間で『戦時作戦統制権』の韓国への移譲が合意されました。盧武鉉政権は2012年までの移譲を目標としていますが、『性急』であるという意見が多く、目標どおりには行かないと思われていました。ところが、何と米国はここへきて早期の移譲に前向き、しかも09年に前倒しすると表明。(朝鮮日報)

 これは『韓国政府が政治的目的によって “2012年還収(取り戻す)”を主張していると考え、これに対する反感から出た逆襲(朝鮮日報)』なんだそうですが、まさか前倒しされるとは思っていなかった韓国側は大慌て。移譲の時期、移譲してもらうことの是非、そして米韓同盟はどうなるのか、などなど韓国内では議論が巻き起こっているようです。

 12年が時期だとすると、移譲のための準備を始めるのは09年頃から。ということは、盧武鉉大統領の任期が終わってるわけで、言いだしっぺが言うだけ言って責任を持たないことになる。ならば言いだしっぺである盧武鉉大統領に責任を持ってやってもらおうということなんでしょうが、当の本人は焦るどころか『2009~2012年の間いつでも構わない(聯合ニュース)』と豪語。事の重大さに気付いていない様子。

 盧武鉉大統領は『今、還収(取り戻す)しても統制権を行使できる。今も(防衛力は)十分で、米軍の協力も受けられる(朝鮮日報)』と超楽観視していますが、米国からはこんな意見も出ています→『万一韓国人が在韓米軍による平和維持の役割に対しそれに見合った評価をしないならば、私をはじめとした多くの議員が在韓米軍の即時撤収を支持するだろう。※米共和党ローラバッハ議員(聯合ニュース)』

 協力してくれるどころか、在韓米軍の即時撤収に言及・・ヤバイですね。韓国側の準備が整わないまま戦時作戦統制権が移譲され、続けて米軍が撤収したら・・どこかの国が南進してくるだろうなあ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

反日キ印がまた来日
 外国からわざわざ日本に来てまで、靖国神社を巡る訴訟を起こしている人達がいます。やれ首相の靖国参拝で精神的苦痛を受けた、やれ靖国神社に身内が祀られてるのは気に入らない・・などと言っては訴訟を起こしているわけですが、またぞろいらっしゃった人がいるようです。こちらをご覧下さい。(岩手日報(共同)から以下引用)


首相の靖国参拝に反対  台湾先住民

 【台北9日共同】台湾先住民の立法委員(国会議員)高金素梅さんは9日、台北で記者会見し、小泉純一郎首相の終戦記念日の靖国神社参拝について「参拝は違憲とした昨年の大阪高裁判決への公然の挑戦」と強く反対した。

 高金さんは10日、元日本兵の先住民の遺族らとともに訪日。遺族らは11日、靖国神社に合祀(ごうし)されている台湾人元兵士の合祀取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こす

 高金さんは「侵略者で加害者の日本軍と、被侵略者で被害者の先住民の霊が一緒に祭られているのはおかしい」と主張した。

 高金さんら台湾の先住民約50人は日韓の市民団体メンバーと合流し、12日から15日まで都内で、首相の靖国参拝や、台湾人・韓国人の合祀に反対する集会などを相次いで開く。


 またこの人か・・しょっちゅう日本に来ますね。この人が『どんな人なのか』はエントリーの最後に参考リンクをはっておきますので、そちらをご覧になっていただく事として、小泉総理の靖国参拝について『参拝は違憲とした昨年の大阪高裁判決への公然の挑戦』ってあのー、大阪高裁は靖国参拝を違憲とする『判決』なんて出してませんけど。裁判官が傍論で『感想』として述べただけです。

 ちなみに、最高裁では『原告らの法的利益が侵害されたとはいえない』として原告側の上告を棄却し、『人が神社に参拝する行為自体は、他人の信仰生活などに対して圧迫、干渉を加えるものではない・内閣総理大臣が靖国神社を参拝した場合でも異なるものではない』とした上で、原告らが求めていた違憲の確認について『それ以外の点について判断するまでもない。訴えの利益がない』と却下してます。(sankei web)

 高裁と最高裁の判断、どちらが『重い』かなあ?都合の悪い最高裁の判決はスルーですかそうですか。で?今度は靖国神社に合祀されている台湾人元兵士の合祀取り消しを求めるんですか。その理由が凄いですね。『侵略者で加害者の日本軍と、被侵略者で被害者の先住民の霊が一緒に祭られているのはおかしい』ですって。

 彼らが祀られているのは、日本軍の兵士と共に戦い、そして戦死したから。彼らは当時、日本国民であり、徴兵されたのではなく志願し従軍してくれた。侵略者で加害者だの被侵略者で被害者などという国民党、あるいは中共のプロパガンダは後付けの屁理屈だ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


参考リンク1:wiki 高金素梅(こうきん そばい)
参考リンク2:靖国を訴えた台湾の女性国会議員の背後関係

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。