管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 自国の戦没者はどうでも良い
 小泉総理は年に1度しか参拝しないのに、年がら年中『靖国参拝』にケチをつけまくっている朝日新聞。適切に判断する・・と、同じことしか言わないのに、しつこく『今年は靖国参拝しますか?』と聞いては社説で批判したり、あまり関係のない話題から無理やり参拝批判に繋げたり、あの手この手で何とか参拝を中止させようと必死。

 8月15日が近づき、朝日新聞の努力(?)むなしく、どうやらこの日に総理が参拝しそうだということで、頭に血が上ってるのかどうなのか、今日の天声人語は、いつにもまして妙なことになっております。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

【天声人語】2006年08月10日(木曜日)付

<前略>

 チンギス・ハンがモンゴル帝国を創設して今年で800年になる。帝国はアジアから欧州にまで版図を広げた。そのころ西に遠征したと思われる兵士が、白樺(しらかば)の樹皮に書き残した望郷の詩がある。「今やときぞ、我とびたたん/我は呼びかく/我が母に、何にもましていとしき母に……今こそ我、故郷に帰らん」

 同じ13世紀、チンギス・ハンの孫フビライは鎌倉時代の日本に遠征軍を送る。文永・弘安の役で、いずれも失敗した。望郷の念を抱きつつ倒れた兵士もあっただろう。

 この元寇の後、北条時宗は鎌倉に円覚寺を開創した。蒙古襲来による死者を、敵味方の区別なく弔うことが建立の一因だという。

 今日、小泉首相がモンゴルに飛び立つ。星空の下で、元寇の時代にも思いをはせてもらいたい。自、他国を問わない弔い方は、現代の追悼のあり方にも示唆を与える。誰であれ、いやしくも一国を代表する人物なら、他国の戦没者の思いにも目を向けるべきだろう


 うーむ????・・何を言いたいんだろう。モンゴルに行くんだから、モンゴル人将兵の慰霊をしてこいと言ってるのか、自、他国を問わない戦没者慰霊施設を作れと言ってるのか、それとも『靖国参拝する=自国の将兵しか弔わない心の狭い奴』とイヤミを言ってるのか。

 まあ、いやしくも云々と言ってるくらいですから、最後のイヤミなんでしょうね。ってあのさ、靖国参拝すれば、他国の戦没者に関心がないとは言えないだろう。総理が外国を訪問する際、その国の追悼施設に行ってる姿をよくテレビで見かけますが??

 で、『他国の戦没者の思いにも目を向けるべきだろう』ってこれ、日本じゃなくて中韓に言ってくださいよ。他国の戦没者追悼のあり方にケチをつけ、それを外交問題化している中韓に。朝日は他国の戦没者云々を言う前に、自国の戦没者の思いに目を向けるべきではないか?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

総裁選 『権力亡者の政界遊泳法』
 今年9月に行われる自民党総裁選に向けて、旧堀内、谷垣、河野派を結集させようとしたり、いわゆる『A級戦犯』の分祀を総裁選の争点にし、アジア(実際は中韓だけ)外交重視で安倍氏への対立軸を作ろうと動き回っていた古賀誠氏。総裁選まで時間が残り少なくなってきましたが、どの候補につくのか。こちらをご覧下さい。(Yomiuri Onlineから以下引用)


古賀・二階氏も「安倍支持」、総裁選の優位が確定的に
特集自民総裁選

 9月の自民党総裁選で、丹羽・古賀派代表の古賀誠・元幹事長と二階派会長の二階経済産業相は、安倍官房長官を支持する意向を固めた。

 古賀氏は、安倍氏に近い中川政調会長にこの意向を伝えた。「非安倍」勢力結集の急先鋒(せんぽう)と見られていた古賀氏が、安倍氏支持を固めたことで、丹羽・古賀派の大半が安倍氏支持に回る見通しとなった。二階派も一致して安倍氏を支持する方向だ。

 これにより、安倍氏は党所属国会議員403人のうち190人前後の支持を固め、優位が確定的になった。

 関係者によると、古賀氏は8月初め、中川氏と都内で会談し、「今後3年間は『小沢民主党』との戦いもあり、若い安倍氏をベテラン議員が支える必要がある」と述べ、安倍氏を支持する意向を伝えた。

 また、「ベテラン議員にある疑心暗鬼をなくしていきたい」と語り、急激な世代交代に抵抗感を持つベテラン議員と安倍氏との橋渡し役を務める考えも示したという。<後略>


 手のひらを返して安倍支持ですか・・ふーん。『権力亡者の政界の泳ぎ方』としては正しいのかもしれないが、反安倍の急先鋒だったんですよね?節操というものがない。『ベテラン議員と安倍氏との橋渡し役を務める考えも示した』・・要するにポスト寄越せってことね。

 古賀氏といえば、昨年の郵政民営化法案を巡る動きの中でも、法案反対派の中心人物として動き、反対派の議員を煽りまくった上で、自身は否決にまわらず棄権するという『コウモリ』ぶりを見せてくれましたが、今回もいかなくコウモリぶりを発揮。

 自分が主張してきたことはそっちのけで、取りあえず勝ち馬に乗る。これが政界だと言ってしまえばそれまでだけれど、こうした政治家を見るたびに、反吐が出そうになるのは私だけでしょうか?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:媚中派最後のあがき
関連エントリー2:古賀誠は遺族会の会長を辞任しろ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。