管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生氏の靖国私見について
 昨日、麻生太郎氏が発表した靖国神社についての私見。みなさまご覧になったでしょうか。『靖国に弥栄(いやさか)あれ(麻生太郎オフィシャルサイト)』と題された麻生氏の私見は、多くのマスコミによって取り上げられ、いくつかの新聞社は社説にて言及しております。今回のエントリーでは、その中から産経新聞の社説を紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(sankei webから以下引用)


【主張】靖国麻生私案 神社ではなくなる懸念も

 麻生太郎外相は靖国神社問題に関する私見を発表した。靖国神社を非宗教法人化したうえで、実質的に国が管理するという提案だ。

 昭和40年代、自民党は今回の麻生氏と同じような「靖国神社法案」を国会に何度も提出した。同法案も宗教法人の靖国神社を解散し、特殊法人として国が管理するというものだった。

 当時は、日本遺族会を中心に、「靖国神社国家護持」の方式が提唱された。靖国神社が国営化されれば、将来にわたって靖国神社の財政が安定するという期待もあった

 しかし、憲法の政教分離規定との関係をめぐって、内閣法制局と自民党との調整が難航したうえ、「靖国神社が神社でなくなれば、伝統が断絶してしまわないか」「世俗的な施設に堕してしまわないか」といった疑問も提起され、最終的には昭和49年の国会で廃案になった経緯がある。

 麻生私案も、同じような問題を含んでいるように思われる。慰霊は宗教と切っても切れない関係にあり、靖国神社から神道色をすべて取り払ってしまったら、神社ではなくなるのではないかという根幹の疑問だ。

 超党派のグループは、靖国神社と別の場所に無宗教の国立追悼施設をつくることを目指している。麻生氏は「靖国神社に代替施設はあり得ない」としているが、麻生私案も靖国神社自体を無宗教の国立追悼施設に変えてしまうことにならないか、懸念が残る。

 靖国神社の非宗教法人化は自民党の中川秀直政調会長や古賀誠元幹事長らも提唱している。9月の自民党総裁選に向け、靖国問題を争点化しようとする動きには、さらに警戒が必要だ。

 また麻生私案は、慰霊対象について、いわゆる「A級戦犯」分祀(ぶんし)の是非も含めて国会で議論すべきだとしている。直接、靖国神社に「A級戦犯」分祀を求める他の政治家の主張に比べると、民主的なプロセスを踏むように見えるが、それで国論が割れれば、どこの誰が喜ぶだろうか。結果的に「A級戦犯」分祀論につながりかねない

 そもそも、戦没者の慰霊は日本人の心の問題であり、その象徴的な存在である靖国神社は日本の精神文化でもある。政治や外交の論議を超えた静かな追悼の場であり続けてほしい


 はい。産経が指摘している問題点は、政教分離にからんで神社ではなくなってしまう、いわゆる『A級戦犯』の分祀に繋がるのではないか、ということ。私も同じことを懸念します。麻生氏の本意は違うとは思いますが、周りがこういった流れに持って行こうとするでしょう。

 麻生氏は私見の冒頭で『特定の人物を挙げ、「分祀」の必要を言う人があります。国会議員にそれを主張する人が少なくありません。わたしに言わせれば、これは根や幹から問題を見ようとしない、倒錯した発想によるものです』としていますので、いわゆる『A級戦犯』を名指しして分祀論を展開しているわけではない。

 が、多くのマスコミは『A級戦犯の分祀に道を開いた』という書き方をしています。今後もこういった書き方をされるでしょうし、『A級戦犯を分祀しろ!』という主張も山ほどでるでしょう。で、こういった論調がそのまま国会に持ち込まれるのは間違いない。

 慰霊の方法(祭式)についても、『私人か公人か』などという議論から遠ざけるために非宗教法人化する・・というのが麻生氏の趣旨だと思いますが、朝日などはさっそく『国が関与するには、政教分離の原則から宗教色をぬぐい去らねばならない(asahi.com)』と社説で書いている。

 麻生氏は『宗教法人から特殊法人へという変化に実質をもたせるため祭式を非宗教的・伝統的なものにする・これは実質上、靖国神社が「招魂社」といった本来の姿に回帰すること』としています。つまり非宗教的とは言うものの、どんな祭式かと問われれば、神道に極めて近い(?)ものを想定していると思われます。

 しかし、朝日をはじめ『宗教色をぬぐい去れ!』と言い立てるマスコミや政治家が続出するでしょうから、特殊法人化への議論の中で、神道色が薄められ、神道はもちろん伝統的とも言えないような形にされてしまうんじゃないか?と私は心配します。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

総裁選 出る出ないと騒いだけれど
 北朝鮮のミサイル発射は米国へのラブコールだ!だから米国は北朝鮮との2国間協議に応じるべき・・米国のマケイン上院議員との会談で、こう言い放った日本の政治家がいます。その人の名は山崎拓氏。

 北朝鮮の恫喝外交には、もう付き合わないという国際的なコンセンサスが出来つつある中、空気が読めないこと甚だしい山崎氏ですが、同じくマケイン氏との会談の中で、誰も期待してないのに総裁選への意欲を見せたりしていました(関連エントリー参照)。山崎氏の総裁選への出馬はあるのか、こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)


自民総裁選:山崎前副総裁 出馬見送り示唆

 自民党の山崎拓前副総裁が9月の同党総裁選に立候補しない方向となった。山崎氏は7日の日本記者クラブの会見で「立つことに意義があるとは考えにくい。大義名分がない限り立てないと思っている」と述べ、出馬見送りを示唆した。複数の山崎派幹部も山崎氏の出馬は困難との見方を示した。

 山崎派内の中堅・若手を中心に安倍晋三官房長官への支持が広がっていることや、出馬したとしても他派からの支援が期待できないことが影響したとみられる。

 山崎氏は今後、アジア外交重視の姿勢が共通する谷垣禎一財務相の支持を軸に総裁選に対応することになりそうだ。

 山崎氏は従来、「(出馬は)盆過ぎに判断する」と公言してきたが、派内で山崎氏の出馬に対する否定的な意見が増え、対応に苦慮してきた。7日の会見では「決断はしていない」としながらも「(出場自体に意義のある)オリンピックの選手とは違う。私が立つ国家的意義がないと立てないと思っている」と強調。

 「健全な批判勢力が党内に存在することは必要だが、(派閥の)同志は『立たなくても批判精神は発揮できる』と言っている」と述べ、不出馬を強くにじませた


 大義名分、国家的意義がない・・ずいぶん大きくでましたね(笑)。中韓が五月蝿く言う靖国参拝ばかりを総裁選の争点にしようとし、米国に出向いてまで北朝鮮の手先みたいなことをやってる人間に、大義名分がある?そんなものはハナからありはしません。

 というか、単純に推薦人が集まらないからでしょ?推薦人が20人集まらないと、立候補すら出来ませんものね。山崎氏としては、福田氏が不出馬宣言したことによって、福田氏への支持が自分に回ってくると思ってたんでしょうが、見事にスルーされてしまいました。

 ポスト小泉が話題になった頃から、総裁選に出ると言ってみたり、福田氏を応援してみたり、またぞろ総裁選に意欲を見せたり、で今度は谷垣氏を応援ですか。あっちへフラフラこっちへフラフラ腰が定まらん奴だ。

 山崎氏は自身の出馬について『国家的意義がないと立てないと思っている』というが、総裁選に限らず、あなたが国会議員として存在する国家的意義が無いと私は思う。もう引退したら?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:ポスト小泉に山崎拓氏? 『無い無い(笑)』
関連エントリー2:朝日新聞の煽りは空振り
関連エントリー3:山崎拓 すべて靖国参拝が悪い
関連エントリー4:北朝鮮のミサイル発射はラブコールだ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。