管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生外相へ マスコミの謀略にご用心 2
 外相就任以来、発言を歪められたり、言っても無いことを言ったと書かれたり、歪曲捏造報道の嵐にさらされ続けている麻生外相。例を挙げると、中国の不透明な軍拡に物申しただけで『中国脅威論』をぶったと書かれたり、『戦死者ではない方が靖国には祀られている』と言えば『A級戦犯の分祀を明言した!』と書かれたり。(関連エントリー1、2を参照)

 勝手に麻生氏の発言を歪めたり、捏造したりするマスコミの姿勢に辟易している当ブログ管理人ですが、またぞろ何やらやらかしたようです。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュース時事から以下引用)

首相就任時、靖国参拝せず=8日にも見解表明-麻生外相

 麻生太郎外相は4日、9月の自民党総裁選への出馬に向け、靖国神社問題に関する見解を8日にも表明する方針を固めた。自らが首相に就任した場合は参拝しない意向を打ち出すとともに、同神社を非宗教法人化してA級戦犯の分祀(ぶんし)を可能にすることを提唱する。

 安倍晋三官房長官が4月に靖国参拝していたことが明らかになる中、安倍氏との違いを明確にすることで、「非安倍」陣営への浸透を図るのが狙いとみられる。

 また、15日の終戦記念日に小泉純一郎首相が参拝するかどうかが注目されており、終戦記念日前に自らの見解を明らかにすることが適当と判断した。 


 もしこの話が本当であれば、私にとってかなり衝撃的です。が、マスコミには『前科』がありますから、鵜呑みには出来ない。ここで麻生氏がこの報道について発言してくれたら・・(麻生太郎オフィシャルサイトから以下引用)


事実に反する記事。

<前略>

さて、既にご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、本日の東京新聞朝刊に「麻生氏、参拝せぬ意向」、読売新聞夕刊に「麻生氏は参拝自粛」という記事が、また時事通信でも「首相就任時、靖国参拝せず」といった配信記事がありました。
昨日は、日本テレビのニュース専門番組でも同じような趣旨のニュースがありました。

これらは事実に反するものです。
各社に対しては当方の事務所より、抗議し、その訂正を申し入れました。
事実に基づかない、このような記事が掲載されたことは、大変遺憾に思っています。


 やっぱり。また言っても無いことを言ったと飛ばしたわけだ。麻生氏は靖国参拝について『適切に判断する(Yahoo 毎日)』と言い続けているわけですが、おそらく勝手な想像、または記者の願望で『適切に判断する=参拝を自粛する』という風に書いたんでしょう。

 適切に判断する・・確かに参拝すると明言しているわけではない。しかし、参拝しないとも明言してないわけです。小泉総理は『適切に判断する』としながら、毎年参拝を続けてきた。参拝すると明言しなければ=参拝しないというのは、かなりの飛躍だ。

 今回は、麻生氏サイドが即座に対応してくれたので、マスコミの謀略が暴かれたわけですが、このまま放置していたら、麻生氏は谷垣氏ら『靖国不参拝』を明言している総裁候補と一緒くたに認識されてしまうところだった。今後も今回のような迅速な対応をお願いしたい。

 それにしても、マスコミは一体何様のつもりなんだ。今後も参拝するであろう安倍氏を、他の候補が靖国不参拝で包囲しているという『構図』を作り出したいのか?それとも私のような麻生氏を応援する人間を揺さぶるつもりでやってるのか?あんたらの『変』なフィルターは要らないんだよ。余計な事するな!マスゴミめが。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:麻生外相へ 『マスコミの謀略にご用心』
関連エントリー2:麻生絶対支持宣言! PART2
スポンサーサイト

テーマ:ポスト小泉について - ジャンル:政治・経済

靖国参拝 過去ネタに食いつくダボハゼども
 8月15日の終戦記念日、また9月に行われる自民党総裁選が近づくにつれ、靖国参拝を巡ってマスコミが騒ぎだしております。先日は10数年前に記されたメモを見つけた!と『過去ネタ』で大騒ぎし、無理やり参拝反対、いわゆる『A級戦犯』の分祀に繋げようと必死になっておりましたが、またぞろ『過去ネタ』を発掘して大騒ぎしております。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュース時事から以下引用)

安倍氏が4月靖国参拝=終戦記念日は回避か-総裁選に影響必至

 安倍晋三官房長官が今年4月15日に靖国神社を参拝していたことが4日、明らかになった。「ポスト小泉」の最有力候補である安倍氏が靖国を参拝していたことは、中国や韓国の反発を招くのは必至。自民党総裁選にも影響しそうだ。<後略>
(時事通信) - 8月4日13時2分更新


 これは記事の一部を引用しただけですが、たったこれだけの文章の中に、彼らの『願望』がすべて詰まっていて分かりやすいですね。まず、中韓の反発必死!と伝えて中韓の反発を引き出し、その反応をもとに参拝批判に繋げる、いつものマッチポンプをやりたい。
  
 で、『総裁選にも影響しそうだ』ってのは、総裁選に影響させたいという願望ですね。ってあのさ、マッチポンプにしろ願望にしろ、安倍氏の参拝は4月ですよね?昨日今日じゃないですよね?

 4ヶ月も前の参拝なんぞ、時事ネタとしては完全に賞味期限が切れているわけですが、それでも食いつくおバカさんはいるものです。まずはこちらからどうぞ。(Yahoo ニュース読売から以下引用)

韓国、安倍官房長官の靖国参拝に「遺憾」

 【ソウル=中村勇一郎】韓国の外交通商省は4日、本紙の取材に対し、安倍官房長官の靖国神社参拝について、「現職の官房長官が靖国神社に参拝したということが事実であれば、とても遺憾だ」との立場を表明した。

 同省は「日本の政治指導者たちは過去の歴史を直視し、良識ある対応をすべきだ」と改めて参拝しないよう求めた。

(読売新聞) - 8月4日14時44分更新


 入れ食いですね(笑)。まさにダボハゼ。この調子なら10年ほど前の参拝ネタでも食いついて来そうです。まあ、言ってることは何ら変わらないので、ここではツッコミを入れないでスルーしておきます。では、続いて国内からの声をどうぞ。(Yomiuri Onlineから以下引用)

安倍長官の靖国参拝、政府・与党から反応相次ぐ

安倍官房長官が今年4月に靖国神社に参拝していたことが明らかになったことについて4日午前、政府・与党からの反応が相次いだ。

 自民党総裁選に出馬を表明した谷垣財務相は閣議後の記者会見で、「私的参拝においては、何人も宗教法人に参拝する自由を持っているわけだが、(首相や官房長官のように)首相官邸にいる人だと外交をどう配慮するか、議論の整理が必要ではないか」と指摘。自らの靖国参拝については「私は首相になったら(参拝を)控えると言っている」と強調した。

 また、公明党の神崎代表は、都内で記者団に「かねてから、日中、日韓関係改善を考えれば、首相、外相、官房長官は靖国神社参拝を自粛すべきだと申しあげてきた。それだけに極めて遺憾だ。日中、日韓関係に、色々波及することを心配している。機会があれば、安倍さんにも(直接)申し上げたい」と述べ、強い不快感を表明した。<中略>

 加藤紘一元幹事長は、都内のホテルで記者団に、「官房長官は別の大臣とは違い、政府、国を代表する立場で、困ったなあという気がする。総裁選の論点にますますなり、(安倍氏)独走でいいのかな、という感じになってくるかもしれない」と批判した。


 ああ臭せえ臭せえ。臭い雑魚ばかり釣れましたね。中韓の中韓の~外交が外交が~・・ってバカのひとつ覚えみたいで笑える。あ、まだ針に引っかかってるのがいるみたい→『山崎拓氏:外交上の問題を引き起こさせることは間違いない(Yahoo ニュース)』んだそうです。

 しつこいようですが、安倍氏が参拝したのは4月ですよね?『総裁選の論点にますますなり』って何だよ?加藤さんよ。確かに、安倍氏は以前から総裁候補筆頭として名前があがっていますが、4月の時点で出馬するも何も言ってなかっただろうが。靖国を争点化するためなら、なりふり構わないってか。ったく、どいつもこいつも・・


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:加藤、菅 『使えるモンなら何でもOK』
関連エントリー2:盧武鉉大統領と同レベルの政治家って
関連エントリー3:朝日の次の御輿は谷垣

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。