管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹島周辺海域での調査は8月から!
 日本の固有領土である北方領土と独島の領土問題が、いまだ解決されぬまま残っている・・という客観的事実をありのまま書いた防衛白書に『不当な独島領有権認識を捨てることができないことを示すもの』であると韓国が激怒し、削除するよう要求してきた・・というニュースを前回のエントリーで紹介しました。

 竹島を強奪→不法占拠しておきながら、日本に対して『領有の主張をするな!』と恫喝する居直り強盗国家韓国。強奪したという経緯があるだけに、そのやましさ故か、この程度で大騒ぎ。そんな彼らに、新たな燃料が投下されます。こちらをご覧下さい。(東京新聞から以下引用)

竹島周辺で下旬から調査
政府、韓国に通告

 政府が韓国政府に対して、日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)周辺海域で、八月下旬から九月にかけて、放射能調査を行うと通告していたことが二日午前、明らかになった。

 韓国の潘基文(バン・キムン)外交通商相は同日午前の記者会見で、「日本政府は適切な時期に放射性廃棄物の汚染調査を実施すると知らせてきた。調査を実施する場合は、韓国政府の同意を得なければならない」と述べた。

 韓国は先月五日、日本が主張する排他的経済水域(EEZ)内で海流調査を強行した。

 日本政府は対抗措置として同海域内で調査を実施する方針を決定し、時期や内容の詰めを急いでいた。

 調査について、日本政府関係者は、旧ソ連がウラジオストク沖に投棄した放射性廃棄物による汚染状況を調べるもので、毎年行っているものだと説明している。


 ようやく・・といったところでしょうか。今年4月に調査が『延期』されてから早4ヶ月、今度は何があっても調査して頂きたい。記事に『韓国は先月五日、日本が主張する排他的経済水域(EEZ)内で海流調査を強行した』とありますが、彼らは北のミサイル発射のドサクサに紛れて調査した。ミサイル発射で緊張が高まってる最中に、です。

 何も遠慮することはない。潘基文外相は『韓国政府の同意を得なければならない』と言ってるが、同意なんてするはずが無いし、そもそも日本のEEZ内での調査に了解を得る必要がない。あれ?そういえば通告の必要も無かったような・・

 外務省によると、日韓双方が同海域で調査をする際の『事前通報制度』を定着させる狙いで通告した(読売新聞)そうですが、韓国側はあーだこーだと屁理屈をこねて、なかなか応じないでしょうし、今回の調査そのものにもギャアギャアと喚くでしょう。が、気にしない気にしない。粛々と調査すべし!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 ドサクサ紛れに調査する
関連エントリー2:韓国 自信なさ故の過剰反応
スポンサーサイト

テーマ:領土・領海・・経済水域 - ジャンル:政治・経済

韓国 自信なさ故の過剰反応
 ドサクサ紛れに竹島を強奪した泥棒の分際で、正当な所有権者である日本に対して『領有権の主張をやめろ』と喚きまくる韓国。島根県が『竹島の日』条例を制定したら猛抗議、教科書に『竹島は日本の領土である』と記述されたら猛抗議、政府が『竹島は韓国が不法占拠している』と認識を明らかにすれば猛抗議・・そんな中、またぞろ新たなイチャモンをつけてきたようです。こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用※韓国語)

日本、防衛白書に独島を「固有領土」と表記~政府、日本の駐韓国防武官を呼んで厳重抗議~独島周辺EEZをめぐる韓日対立も記述

日本が昨年に引き続き『2006年防衛白書』でも独島について「日本の固有領土」と記述したことから、政府は1日、日本側に厳重抗議の意思を伝達した。

国防部は1日、「日本が昨年の防衛白書に引き続き今年も独島について『日本の固有領土である北方領土と独島の領土問題が、いまだ解決されぬまま残っている』とそのまま記述したことから、本日、日本の駐韓国防武官であるスズキ・ヒロシ大佐を国防部に呼び出して厳重に抗議した」と発表した。

国防部によれば、金ギュヒョン国防部国際協力官はスズキ大佐を呼び出し、昨年の防衛白書において歴史的・地理的・国際法的に明白に韓国固有の領土である独島を日本が『日本の固有領土』と明記したことに対して厳重抗議したうえ関連内容を削除するよう要求したにもかかわらず、今年再び 『2006年防衛白書』に明記したことに対して遺憾の意を表明し、即刻是正するよう要求した。

日本はまた今年の防衛白書で独島問題とともに、今年4月の我が国EEZ(排他的経済水域)内での日本海上保安庁巡視船による探査推進と、先月の独島周辺の我が国の領海・EEZ内で実施された我が国の正当なる海洋科学調査部分を新たに記述したことが確認された。

金国際協力官はこれに対しても、日本政府が不当な独島領有権認識を捨てることができないことを示すものであり深刻な憂慮を禁じえないとして厳重に抗議し、関連内容の削除を要求した。

我が方の抗議に対して鈴木大佐は、「了解した。韓国側の抗議を本国にきちんと伝達する」と回答したという。

(訳文は2chから頂きました)


 防衛白書に厳重抗議ですか。竹島の領土問題がいまだ解決されぬまま残っている・・という客観的事実を書いただけで『そのまま記述した!』と激怒しております。どうしてこの程度で騒ぐのかなあ?よっぽど自信がないんですかね。

 自信がないと言えば、海保が実施『しようとした』竹島周辺海域での海洋調査と、韓国が実施『した』竹島周辺海域での海洋調査という『最近のニュース』さえ記述はまかりならん!との仰せ。無かったことにしたいんですか?紛争地域化がどうしても嫌なんですね。

 どうして紛争地域化を恐れるのかなあ?『歴史的・地理的・国際法的に明白に韓国固有の領土である独島』なんでしょ?だったら恐れることは無いはず。堂々と国際法的に決着をつけましょうよ。国際司法裁判所に出てきなさいよ。まあ、勝手に強奪→不法占拠しているってのが真相なので、出て来れないでしょうが。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国よ、竹島から出て行け!
関連エントリー2:なんと言おうが竹島は日本領土
関連エントリー3:盧武鉉談話雑感 『狂人と関わりたくない』
関連エントリー4:韓国 ドサクサ紛れに調査する

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。