管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮への制裁は効果あり
 北朝鮮によるミサイル連射を受けて、万景峰号など特定船舶の入港禁止を実施した日本政府。北朝鮮への物資の輸送、また在日朝鮮人らの渡航手段として、日朝間を頻繁に往復していた万景峰号の入港禁止措置は、制裁としての効果はあがっているのか、こんなニュースがありましたので、ご覧下さい。(sankei webから以下引用)

アリラン中止、日本の対北制裁効果 入港禁止措置で観客動員困難に
.
 北朝鮮が8月に予定していた国際的芸術公演「アリラン」を中止したのは、7月の大雨被害のためではなく、日本政府による北朝鮮貨客船「万景峰92」の入港禁止措置により、観客動員などが困難になったためだったことが31日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。北朝鮮は公演で約350万ドル(約4億円)の外貨獲得を見込んでいたとされ、日本の制裁措置が効果をあげている証左といえる。

 「アリラン」は8月14日から10月中旬まで予定され、平壌市内で連日、大規模なマスゲームなどが行われることになっていた。昨年は海外の観光客を呼び込み約350万ドル(約4億円)の外貨を獲得しており、今年の収益も同額程度とみていたという。

 ところが、北朝鮮系ウェブサイト「民族通信」などによると、北朝鮮の国連代表部は28日、在米北朝鮮系団体「在米同胞全国連合会」のユン・キルサン会長に公演の中止を通達。その理由を「7月の豪雨による水害のため」と説明し、来年春に改めて開催する計画を伝えた。

 北朝鮮では7月中旬、平安道、黄海道、江原道地域など中部を中心に記録的な集中豪雨に見舞われ、数百人―数千人が行方不明となり、住居や農産物の被害も深刻だとされる。

 しかし、複数の日本政府関係者によると、開催地の平壌などでは「アリラン」を中止するほどの被害はなかったことが判明。中止の背景には、万景峰の入港禁止により、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)などからの資金、物資の支援が困難になり、北朝鮮側が見込んだ日本からの祭典参加者や観光客ら約1万2000人の移動も難しくなったことがある。

 政府は、北朝鮮が今後も弾道ミサイル発射など日朝平壌宣言に対する違反違反を続ければ、改正外為法に基づく金融制裁などの追加措置に踏み切る方針で、そうなればさらに高い制裁効果が見込まれる


 ほう。万景峰号を入港禁止にしたところで、あまり効果はない!という声もありましたが、なかなか効果あるじゃないですか。まあ、アリラン祭が中止になったのは、観客が動員できない→儲からない・・にプラスして水害が追い討ちをかけたということでしょうか。

 しかし総連や在日朝鮮人というのは、北朝鮮にとって大きな存在なんですね。祭りに1万2千人も送り込んでくれるんですから。渡航するのに金を払い、滞在費を払い、様々な物資、そして金を運んでくれる、北にとっては有難い存在。で、来ないとなれば祭りを中止せざるを得ない、と。

 記事には、次の制裁措置にも高い効果が見込まれるとありますが、実際にその通りなんでしょう。改正外為法に基づく送金停止、輸出入制限、国内資産凍結の実施に加えて、自民党が秋の臨時国会に提出する予定になっている『金融制裁特別措置法案(マネーロンダリング阻止・読売新聞)』の成立、実施によって、一段と北朝鮮は苦しくなる。彼らが折れるまで、粛々と締め上げてまいりましょう。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:北朝鮮へのお仕置きはこれから
関連エントリー2:北朝鮮への制裁 ジワジワきてます
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

竹島は取り戻せないと放言する東大教授
 歴史的にも国際法上も日本の領土である竹島・・しかし韓国は先の大戦で日本が弱っているのを良い事に竹島を強奪し、現在まで『不法占拠』を続けています。人の土地を勝手に占拠し、『俺達の土地だ!』と強弁する侵略者韓国に、怒っている日本人は多いわけですが、怒るどころか、こんな事を言ってる日本人がいるようです。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用)

「韓国、独島問題で焦る必要ない」

東京大学の和田春樹名誉教授は28日、韓国の国民は日本の独島(ドクト、日本名・竹島)をめぐる領有権主張について、焦ったり防御的態度を示す必要がない、と強調した。

和田教授は同日、済州道(チェジュド)で開催された全国経済人連合会(全経連)の最高経営責任者(CEO)フォーラム「北東アジアの政治的かつ歴史的懸案と共存策」に出席し、主題発表を通じて「韓国は半世紀にわたり独島を実効的に支配しており、日本政府は独島を日本の領土と主張しているものの、自国に領土にする方法はない」と述べた

続いて「北東アジアの領土問題のうち、独島をめぐる紛争が、単純性のために、解決の可能性が最も高い」とし「島根県の漁夫にとって独島周辺の漁業権は重要だが、これに関しては地域協力の立場で妥協できる」との認識を示した。また「1965年の韓日国交正常化条約により日本は第2次大戦当時の強制労役についての賠償責任を清算したが道徳的責任は残っている」とし「日本政府と企業、国民が賠償プロジェクトに加わり、そうした努力を中国・北朝鮮にも拡大すべき」と強調。

同フォーラムに出席したソウル大・慎廈(シン・ヨンハ)名誉教授は「独島問題は日本が領土への欲望を放棄することだけが解決策であり、共存の道」とし「かつての日本の帝国主義が1905年に強奪した独島を、再び侵奪できると錯覚するのは、日本の国民の中でも小泉政権の一派以外にはほぼないだろう」と指摘した。


 阿呆ですか?この人。日本が竹島を自国の領土にする方法はない?あのー、方法なんていくらでもありますよ。平和的に解決するなら国際司法裁判所、もしくは実力で奪還という手もある。最初から『領土は取り戻せない』と諦めてどうする。

 で?竹島を巡る紛争が単純性のために解決の可能性が高いとしながら、漁業権をあげてるわけですが、漁業権だけの問題じゃありませんよ。竹島は『領土問題』です。何をもって単純性と言うのか。さっぱりわかりません。

 それに漁業権の問題でも、現在、日韓は地域協力という名目で『共同管理水域』というのを設定してますが、韓国側のルール無視(乱獲、違法操業etc)によって、日本側の漁業関係者は悲鳴をあげている。共同管理水域でコレですから、竹島を韓国領土だと認めてしまえば、どうなるかは誰でも想像できる。

 まあ、この和田さんというのは、アッチ系の人として有名な方ですが、『1965年の韓日国交正常化条約により日本は第2次大戦当時の強制労役についての賠償責任を清算したが道徳的責任は残っている』ってこれも酷いですね。あのさ、だったら条約を結んだ意味が無いだろう。

 日韓の補償問題云々は、莫大な金を払った上で、個人分も含めて『完全かつ最終的に解決』してる。完全かつ最終的に解決しているのに、さらに日本に対して補償だの賠償だの言うのはおかしい。ったく、何でこんなんが東大教授やってんだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国の竹島領有の根拠ってなあに?
関連エントリー2:韓国海洋警察は泥棒の味方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。