管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国と台湾を入れ替えよう
 ミサイル連射以降、国連で、G8で、ASEAN地域フォーラムで、と国際社会から次々と出される北朝鮮への非難。非難の声が高まっているにもかかわらず、北朝鮮は頑なな態度を貫いています。

 北が折れないなら、折れるまで圧力を強めていく方針の日米。国連安保理で採択された決議案をもとに、国連加盟国に北朝鮮への制裁に参加するよう働きかけています。そんな中、対北朝鮮制裁に加わるべく、手をあげた国があります。こちらをご覧下さい。(FujiSankei Business iから以下引用)

台湾、北朝鮮ツアー凍結 間接支援、国際世論に逆行

【台北=長谷川周人】北朝鮮によるミサイル発射問題を受け、台湾外交部(外務省)が台湾の旅行業界に対し、北朝鮮への観光ツアーを全面自粛するよう求めていたことが27日、わかった。旅行業界は要請に応じる方向だ。

 このツアーは、台湾の旅行大手8社と華信航空が企画したもので、8月13日から10月22日までの間、台北-平壌間でチャーター機計16便の運航を予定。台北から平壌までの飛行時間は約3時間半と近く、当初計画では夏休みの目玉ツアーとして2000人強の集客を見込んでいた。<中略>

 しかし、台湾総統府は今月上旬のミサイル発射を受け、「地域に脅威を与える挑発行為」と北朝鮮を非難。「全世界は団結して北朝鮮に圧力をかけるべきだ」との声明を発表し、日米を軸とする対北包囲網強化を支持する姿勢を確認した

 こうした情勢を受けて外交部は、ツアー催行は「国際世論にも逆行する」と判断、関係企業を説得して凍結を決めた。旅行業界関係者は「多くの台湾人観光客の訪朝は間接的な経済支援につながり、当面は自粛せざるを得ない」と話している。<後略>


 さすが台湾。空気が読めてます。全世界は団結して北朝鮮に圧力をかけるべきとか、観光客の訪朝は間接的な経済支援に繋がるから自粛するとか、どこかの国に聞かせたいですなあ。耳が痛いですか?韓国さんよ。

 台湾には、中国に呑み込まれないため、ガッチリ日米サイドについておくしかないという事情があるとはいえ、こうして旗幟を鮮明にし、協力をしてくれる台湾は頼もしい。こういう国を友好国、あるいは同盟国って言うんでしょうね。

 一方、国際社会が一致協力して北への圧力を強めていこうとしているのに、何だかんだと屁理屈をこねて圧力に反対し、経済支援に繋がる事を継続しようとしている韓国は・・全然頼もしくないというか邪魔な存在。

 日本のやることに悉く反対し、妨害ばかりする韓国とは国交があり、日米、米韓同盟を通じた準同盟国という位置づけ。対して日本のやることを支持し、協力してくれる台湾とは国交すらない。どう考えてもおかしいな。逆だろ、逆。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 恫喝即土下座
関連エントリー2:韓国 北と一緒に制裁希望
関連エントリー3:麻生外相 閣僚会議の夜
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。