管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 国連事務総長の座をゲットする!
 国連安保理で対北朝鮮決議案が採択されて以降、決議案を即座に拒否した北朝鮮を置き去りにした形で動く国際社会。先日、ロシアで開かれたG8サミットでは、北朝鮮にミサイル発射を強く非難する声明が出され、昨日、マレーシアのクアラルンプールで開かれたASEAN外相会議でも同様に、北を強く非難する共同声明が出されました。(NIKKEI NET)

 続いて28日から、ASEAN各国に加えて、日本、米国、中国、ロシア、そして韓国なども参加するASEAN地域フォーラムが開かれますが、日本としては、さらに大きく強い北朝鮮包囲網形成を目指したいところ。

 日本からは我らが麻生太郎外相が参加。フォーラム開催前後には、参加国の外相らと相次いで会談する予定になっていますが、韓国の外相とも会談することにしたようです。こちらをご覧下さい。(NIKKKEI NETから以下引用)

27日に日韓外相会談

 外務省は25日、麻生太郎外相が訪問先のクアラルンプールで韓国の潘基文(バン・キムン)外交通商相と27日午前に会談すると発表した。27日は中国との会談も調整中。東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議を開く28日までの期間中に、米国、ロシア、ベトナムなどとも外相会談を開く方向で調整している。 (07:02)


 上で北朝鮮が置き去りにされたまま、と書きましたが、現在、その代弁者となっている存在が韓国。この会談では、おそらく日米が検討、一部実施している北朝鮮への制裁について、やめてくれ!と言ってくると思われます。まあ、麻生さんのことですから、軽くいなしてくれるとは思いますが(笑)。

 北朝鮮の代弁者として振舞うと同時に、潘基文外相といえば、次期国連事務総長に立候補しており、麻生氏に対して支持を訴えてくると思われます。関連してこんなニュースがありましたので、ご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)


【国連事務総長選】潘基文長官、予備投票で1位

 潘基文(パン・ギムン)外交通商部長官が韓国時間の25日未明、安全保障理事会全体会議で行われた次期国連事務総長第1次予備投票で1位になったことが分かった。

 国連消息筋によると、潘長官は安保理理事国15か国のうち賛成12票、反対1票、棄権2票を獲得した。インドのシャシ・タルール国連事務次長が僅少差の賛成10票、タイのスラキアット・サティアンタイ副首相7票、スリランカのジャヤンタ・ダナパラ大統領顧問は5票を獲得したのことだ。

 この日の予備投票は各候補に対する常任理事国15か国の見解を調べるためのある種の「試し投票」で、出馬書類を提出した潘長官ら4人の候補を対象に実施された。

 安保理は今後、今年9月に予備投票を再開し、遅くとも10月までには次期事務総長について結論を出す方針だ。

 
 おお!潘さん大人気じゃないですか。1位かあ、凄い凄い(棒読み)。これを笠に着て『大人気の私を支持しろ!日本は孤立したいのか?』なーんて言うんでしょうね。ただ、予備投票はあまりアテにならないそうですし、本選では米国が反対票を投じるでしょうから、日本としては負け馬に乗る訳にはいかない。

 それに、悉く日本のやることに反対し、時に妨害し、最近では敵対行為も目立つ国の外相を応援など出来ません。麻生さん、キツーイ皮肉で潘さんをヘコませてください。お願いします。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 潘基文氏を何がなんでも支持しろ by 東京新聞
関連エントリー2:韓国 事務総長就任のためならエーンヤコーラ
関連エントリー3:韓国 国連事務総長ってオイシイんだろ?
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国 国際社会ひとりぼっち
 先日、国連安保理で採択された決議案を即座に全面拒否した北朝鮮。決議ではミサイルの開発、発射などの凍結を求められたと共に、6カ国協議への『即時無条件復帰』が盛り込まれていたにもかかわらず、北朝鮮が拒否したことによって、日米は関係国と追加的措置を検討中。
 
 そんな中、北朝鮮のミサイル発射、それを受けて国連安保理が示した拘束力の強い決議案採択という結果を『無かったこと』にしようと現実から目をそむけている韓国政府。これまで通りに経済協力、各種支援を続行する動きを見せている・・というニュースを以前のエントリーで紹介しましたが、今度はこんな事を画策しているようです。こちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)

【ミサイル発射】盧大統領、米中に対北制裁緩和を要求?

 今月21日、中国の胡錦濤国家主席との電話会談で、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が求めた「関連諸国の決断」について、大統領府の宋旻淳(ソン・ミンスン)安全保障政策室室長は24日、アメリカと中国が北朝鮮に対する金融制裁を緩和することに関するものだという主旨で語った。<中略>

 金融制裁を解除しなくても、北朝鮮が会談に復帰できるような実質的な方策について語ったものとみられる。これに関し、盧大統領は中国が管轄するマカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア(BDA)」の凍結されている北朝鮮の約40口座に対する処理案を胡錦濤主席に提案した可能性が出ている。

 また、宋室長は「(北朝鮮とアメリカが)互いに前提条件を付けずに幅広く接触できればいい。直接対話ができる条件を整えるため、中国も大変努力している」と語った。


 金融制裁を緩和しろ、と。懲りてないというか何というか、相も変わらず北朝鮮の代弁ですか。北朝鮮が協議に復帰しやすいようにとのことですが、あのね、もうそんな段階は終わってるんだよ。北は決議案に示された6カ国協議への『即時無条件復帰』を拒否している。

 以前のエントリーで指摘しましたが、このように前と変わらず北を擁護するなら、なぜ韓国政府は決議案に賛成する声明を出したんだ?決議案をよく読んでいれば、こんなトンデモな動きは出来ないはずだが。ひょっとして決議案を読まずに賛成しちゃったんですか?そんなわけ無いですよねえ。

 さて、盧武鉉大統領に泣きつかれた中国は、どう対応するんでしょうか。こちらをどうぞ。(朝鮮日報から以下引用)


【ミサイル発射】中国銀行マカオ支店、北の口座凍結

 中国の国有商業銀行である中国銀行(Bank of China=BOC)が北朝鮮の米ドル紙幣偽造・資金洗浄問題に関連し、マカオ支店の北朝鮮の口座を凍結したことが24日、分かった。

 昨年、マカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア(BDA)」の北朝鮮口座が凍結され、米朝の間に確執が起きていたが、中国本土の大手銀行が北朝鮮の口座を凍結したことは、今回、初めて明らかになった。

 問題になったBOCマカオ支店は、2000年に韓国国家情報院(国情院)が南北首脳会談を成功させるため、2億ドル(約230億円)を送金した銀行だ。当時、国情院は北朝鮮テソン銀行名義の口座に送金していた。

 韓国政府関係者はこの日、「中国は、貿易を活性化するためには金融取引の透明性を高めることが重要だと知っているので、“不透明な口座を整理してほしい”というアメリカの要求を断れなかったのだろう」として、これが事実を認めた。


 あらあら。中国様にも見放されちゃったようです(笑)。バンコ・デルタへの金融制裁を緩和するどころか、中国は米国に同調して新たな金融制裁実施です。日米からは『仲間はずれ』にされ、北には『韓国の安全は北の先軍政治が守ってるんだから、対価としてコメよこせ!』と足蹴にされ、頼みの綱の中国様まで米国に同調。哀れだなあ・・


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 北に守ってもらって安心だ!?
関連エントリー2:韓国 仲間はずれで当然だ
関連エントリー3:韓国 恫喝即土下座
関連エントリー4:韓国 北と一緒に制裁希望

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。