管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菅直人 どうしてそんなに阿呆なのか
 国際社会は北朝鮮をどうするのか。国連では、日米ほか合計8カ国が共同で提出した制裁を含む決議案と、中露が提出した制裁を含まない決議案を巡って、どちらの決議案で行くのか、あるいは双方がある程度歩み寄るのか、綱引きが行われています。

 中露が提出した決議案は、制裁を含まない『非難』決議案ということで、北朝鮮に何らかの罰を与えたい日米としては到底容認できない。中露の非難決議案提出を受けて、日本政府はあくまでも制裁を含む決議案採択に向けて意欲を見せていますが(ロイター)、後ろから銃を撃ってる人がいるようです。こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)

菅直人氏:北朝鮮経済制裁決議案、柔軟に対応すべき

 民主党の菅直人代表代行は13日の記者会見で、日本などが国連安全保障理事会に提案した北朝鮮経済制裁決議案について「何らかの制裁決議は必要だが、決議が6カ国協議や安保理の亀裂をより深める結果になるなら望ましいことではない」と述べ、制裁決議案に固執せず柔軟に対応すべきだとの認識を示した。

 また菅氏は、中東訪問中の小泉純一郎首相に関して「自分の家で火事が起きようという時に、遠い他人の家に行って火消しを手伝う資格があるのか」と述べ、北朝鮮のミサイル発射問題を置いて外遊した首相の姿勢を批判した。【須藤孝】

毎日新聞 2006年7月13日 19時46分


 菅よ・・お前の脳みそは一体どうなってるんだ。『何らかの制裁決議は必要だが、決議が6カ国協議や安保理の亀裂をより深める結果になるなら望ましいことではない』って何ですか?制裁決議が必要だと言っておきながら、中露に歩み寄れ?意味がわからない。

 中露が提出したのは『非難』決議であって『制裁』決議ではない。中露は決議案に制裁を含めること『自体』に反対してる。日米が中露に歩み寄ってしまえば、制裁決議は出来ませんよ。制裁が必要だと思ってるなら『中露がもっと日米案に歩み寄れ!』と言うべきでは?自分で何を言ってるのか、わかってないんじゃないの?

 で?お次は中東を訪問している総理を批判ですか。今回の中東訪問の後にはサミットという重要な外交舞台が控えているわけですが、菅氏に総理の外遊の是非を云々する資格があるんですかねえ。自分の家で火事が起きようとしている云々と批判していますが、『北朝鮮のミサイル発射=自分の家に放火された』時に、あんたどこにいた?中国にいましたよね。小沢、鳩山という民主党の最高幹部と雁首揃えて。

 この中で、ミサイルが発射された5日に帰国したのは鳩山氏だけ(ライブドアニュース)。小沢氏は発射から3日後の8日まで滞在(中日新聞)、菅氏は発射の翌日に帰国している(菅直人HP)。鳩山氏を除いて、小沢、菅氏は自分の家が放火されたのに、ずいぶん悠長なご帰宅で。1日あればどんな家でも全焼ですよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:北朝鮮ミサイル発射を巡る政界の反応
関連エントリー2:鳩山幹事長 『何がなんでも小泉外交が原因』
スポンサーサイト

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

韓国 北に守ってもらって安心だ!?
 日米主導による北朝鮮制裁論が高まる中、北朝鮮の兄貴分的な存在である中国は、何とか制裁を回避させようと北朝鮮を説得中。一方、北朝鮮の双子の兄弟とも言える存在の韓国は、北朝鮮との閣僚級会談を行ったようです。ミサイル発射など、北朝鮮の妄動にストップをかけることが出来るのか。会談の内容が明らかになったようなので、ご覧下さい。(中央日報から以下引用)

【社説】「核とミサイルで韓国を守るからコメを出せ」

南北閣僚級会談で北側団長が傍若無人な発言をした。同団長は韓米軍事訓練中止と国家保安法廃止を主張した。革命烈士陵などに対する韓国側関係者の参拝許容も要求した。ミサイル発射に対しては数日前に出された外務省スポークスマンの発言を参考にせよと言った。こんなあきれた話を聞くために会談にそれほどまでに執着したのか。この政府が嘆かわしい。

驚かされたのは「北の先軍政治が韓国側の安全をはかる」と言ったことだ。それとともにコメ50万トン支援を要求してきた。「米国の侵攻に対立し、核とミサイルで、北はもちろん南も保護するから韓国側はその対価として支援をしろ」と言うのだ。北側はミサイル発射という「正常軍事訓練」ができるが南側は軍事訓練してはいけないという強硬発言も同じだ。

一言で韓国を「朝貢国」とみなすわけだ。

こんなわけのわからないことを言われたのは、ある意味では予想されたことだった。大統領がすべての物質的、制度的支援をするといった支援ができなくてやきもきしていた。国際犯罪である偽造紙幣や悽惨な北朝鮮人権問題などでは北朝鮮をかばうために神経を使った。ひどいときはミサイルを発射しても北朝鮮より、日本をとがめることに力を入れている。金正日(キム・ジョンイル)と首脳会談をしたくて気をもんだのか、それとも「理念的信条」のためかまったく理解不可能なことが起こっている。

大統領個人の信条のために国がここまで壊れるわけにはいかない。韓国側代表という人はまともに抗弁もできない。こんな話聞くために南北会談をしたのか。ミサイルに対してはようやくひとこと言ったが、朝貢しろという話を聞くまでになってしまった。北朝鮮がこんなに傲慢な態度を見せたのは「韓国側は眼中にもない」という意味だ。

この政府は「対話の糸を切ってはいけない」という理由で今回の会談を強行した。しかし北朝鮮の意図に対しては何1つ知らないことを如実に表した。対北政策を原点から見直してほしい。ここまで脅迫されて思うがままにされる南北対話はこれ以上いらない

国民は怒っている。


 うわー・・さすがというか何というか、弱い者には徹底的に居丈高になる、北朝鮮の本領発揮です。まず、韓国の安全保障の要である米軍との連携をやめさせようとし、北のスパイ活動を阻止してきた国家保安法の廃止を求め、韓国の軍人と戦い、殺したであろう北の軍人の墓に参れ、と。無茶苦茶ですな。

 挙句の果てには、お前らの安全は保障してやるから、コメよこせ!ですか。凄いなあ(笑)。いくらなんでも・・ということで韓国側の代表団は、この『下命』を留保(拒否では無く!)したようですが、普通、ここまでナメられれば、怒って方針転換をしてもよさそうなモノ。(朝鮮日報)

 が、盧武鉉政権がある限り、方針転換はないでしょう。どころか、大統領などは『そうか!お兄様が核の傘に入れてくれるのか!安心だ~』とか思ってそうです。ヘタをしたら、国際社会にどう思われるかは全く考えずに、早い段階でコメ支援をやっちゃうかもしれません。

 堪らないのは韓国民。この記事を書いた中央日報は、韓国政府の不甲斐なさに嘆いておりますが、完全に朝貢国扱いされても、今の韓国政府は北に『だけは』怒ることをしない。北が言ったりやったりすることは極小化するというか無いものとし、日本が言ったりやったりすることは極大化して問題視する。いやはや、見たいものを見たいようにしか見ない為政者ってのは、恐ろしいですねえ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:特定アジアは足の引っ張り合いがお好き
関連エントリー2:韓国 どういうわけだか日本が悪い
関連エントリー3:韓国 やっぱり敵は日本

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。