管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 分かりやすいにも程がある
 先日、北朝鮮の金剛山で行われた南北離散家族の特別再会行事。北朝鮮に拉致された金英男さんと見られる男性とその家族は、この行事にて28年ぶりの再会を果たしました。拉致ではなくて離散家族である、とする北朝鮮のシナリオに沿った形で進行したこのイベントは、北朝鮮の政治宣伝ばかりが目立つ茶番劇に終わった。
 
 イベントの2日目、金英男さんと見られる男性は会見を開き、自分は拉致されたのではない、横田めぐみさんは自殺した、などなど北朝鮮当局が用意した台本通りに話し、日本政府批判を展開。このような茶番劇に付き合わされた金英男さんと見られる男性の家族は、どう思ったのでしょうか。こちらをご覧下さい。(Yomiuri Onlineから以下引用)

英男さんの姉が“変心”「無理もないが」日本側複雑

【ソウル=石間俊充、中村勇一郎】横田めぐみさんの夫とされる韓国人拉致被害者、金英男(キム・ヨンナム)さん(44)の姉、金英子(キム・ヨンジャ)さん(48)が30日、北朝鮮・金剛山で韓国同行記者団に対し、29日の会見で英男さんが拉致を否定したことについて、「(北朝鮮に救助された)可能性がある。弟を信じる」などと、拉致被害の主張を改める発言をした

英子さんは韓国に戻った30日夕、読売新聞の取材に「横田夫妻に話したいことがたくさんある」と語ったが、訪朝後の英子さんら家族の姿勢や発言の変化が、今後、日韓の拉致被害者家族の連携に影響を与える可能性もある。

英子さんと母親の崔桂月(チェケウォル)さん(78)は30日午前も、英男さんと面会した。今回の再会事業では3回目となる面会は、冒頭から約10分で韓国同行記者団が退席を求められ、その後は家族だけで行われた。

面会を終えた英子さんは記者団に対し、「弟から渡された」として、娘のキム・ヘギョン(ウンギョン)さんら家族の写真約10枚を公開。幼少時のヘギョンさんを抱いた英男さんの写真もあったが、めぐみさんの姿が写ったものは1枚もなかった。<中略>

記者団から「写真を横田夫妻に渡すのか」と問われると、英子さんは「その気はない。日本も(北朝鮮との間を)行き来できれば、そうなる(写真を渡される)のではないか」と横田夫妻に訪朝を促すような発言も。

29日の会見で英男さんが拉致を否定したことには、「(北朝鮮に救助された)可能性があると思った」と理解を示した。英子さんらは、韓国の拉致被害者家族で作る「拉北者家族の会」の一員だが、「弟から聞いた通りに信じたい」と言い切り、突然、拉致被害の主張を引っ込めた。<後略>


 はい。工作員の一丁あがりです。弟から聞いたとおりに信じたい、つまり北朝鮮の言い分を信じるということですね。その上で、横田さんに話したい事がある、と。何を話すんだか・・日本側のDNA鑑定によって弟を見つけてもらったのに、あっさり手のひらをかえして北の工作員に変身。バカバカしい。

 もう横田さんに接触しないでもらえませんかね?どうせ北の言い分をオウムのように繰り返すだけでしょうから、会うだけ時間の無駄です。むしろ有害。こうなることは予想されていましたが、実際、ここまで見事に手のひらをかえされると呆れますわ。

 呆れるといえば、この茶番劇の結果を受けた韓国政府の反応。こんなことを言っております。(NIKKEI NETから以下引用)

韓国政府、めぐみさん問題で日本と政策協議せず

 【ソウル=峯岸博】韓国政府当局者は30日、北朝鮮による横田めぐみさんの拉致事件の解決に向けた日本との協力について「情報は共有するが、政策的な協議はしない。日本政府が自ら考えてやらなければならないことだ」と強調した。聯合ニュースが伝えた。

 めぐみさんの夫とされる韓国人拉致被害者、金英男(キム・ヨンナム)氏が自らの「拉致」を否定したことに関しては「今はそこにこだわるよりも未来志向的に事実を探求していく姿勢が問題解決に役立つ」とし、拉致をめぐり北朝鮮を追及しない考えを示した。

 28年ぶりに英男氏の家族が再会したことは「全般的な拉致問題の解決につながる契機となることを期待する」と評価。北朝鮮との対話や経済支援をテコに問題解決を図る現政権の路線を堅持する姿勢を明確にした。 (20:09)


 アホくさ・・離散家族という名の『人質』を取られたままで、全般的な拉致問題の解決に繋がる契機となる??バカも休み休み言え!取り戻してこその解決だろうが。いつ会えるかもわからない、貢物を献上しないと会わせてもらえないってのが現状なのに、解決なんかするわけがないだろう。金・モノを延々と毟られ続けるだけ。

 どいつもこいつも・・ウンザリだよ!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国との連携の模索は危険
関連エントリー2:北に取り込まれた韓国人拉致被害者家族
関連エントリー3:北朝鮮の茶番劇 役者違えど演目同じ
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。