管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 灯台下暗し
 そこは日本海という名称ではない!東海だ!・・どこぞのウェブサイトに掲載されている地図に『SEA OF JAPAN』と書いてあれば『そうじゃない!EAST SEAだ!変更しろ!』という趣旨のメールを大量に送りつけ、変更しなければ『認識を正してやる!』と息巻いてサイトがダウンするまでリロードアタックを繰り返し、世界中に迷惑を撒き散らす韓国人。

 最近では、あまりの粘着ぶりに辟易したのか『日本海・東海』と併記するところが出ているようで、彼らの涙ぐましくバカバカしい努力(?)が若干の成果をあげる一方、もともとがただの言いがかりということもあって、世界中全ての地図に東海と表記させるには気の遠くなるような時間がかかる、というか実現することはないでしょう。

 なぜあの海域を日本海と呼ぶのか、なぜ韓国人は日本海を東海という名に変えようと躍起になっているのか、その辺の話は関連エントリーをご覧になっていただくとして、今回のエントリーでは、東海と言い張る韓国で起こった『珍事』を紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(NAVER ニュースから以下引用※韓国語)

統一外交通商委員会のパンフレットに『日本海』表記~回収騒動

国民の代表機関である国会の、しかも外交に携わった法律を扱う統一外交通商委員会が発行したパンフレットです。

2年に一度作成されるパンフレットです。

韓国人なら誰もが知っている東海が『Sea of Japan』、つまり日本海と表記されています

本当に大韓民国の国会で発行したのかが疑わしい位です。

パンフレットが出た後にも何が間違ったのかを分からずに、問題があるという指摘を受けてから配布されたパンフレットを回収する騒ぎとなりました。

結局は再び印刷を依頼して『East Sea』、すなわち東海と表記を修正して差し替えられましたが、独島問題で国民の感情が高ぶっている中で国会までがこのようなネジが緩んだ事をしていて大丈夫なのでしょうか

(訳文は2chから頂きました)


 わははははは・・ありえねー。東海だ!東海だ!と言う割には、あまり関心がないんですね。パンフ作成の段階で誰も気付かなかったんでしょうか。どうしてだろう?理由として考えられるのは、本命:ホントは海の名前なんぞどうでも良い、対抗:本心では日本海だと思ってる、大穴:『SEA OF JAPAN』という英語が読めなかった・・さあ、どれだろう(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国 民族妄想物語
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

中国に蹂躙されて良いの?
 膨張主義をあらわにし、尖閣諸島など日本の領土、海底資源などが眠る日本の領海を虎視眈々と狙う中国。近年では中国軍による領海・領空侵犯の回数が激増するなど、挑発行為を繰り返しています。

 中国の膨張主義、その意図が明らかになっている以上、日本としては防衛力の強化によって領土・領海を守る、また中国に対する抑止を働かさなければならない。そんな中、沖縄のある島で『奇妙な』問題が持ち上がっているようです。こちらをご覧下さい。(琉球新報から以下引用)

陸自パラシュート降下、中止要請を検討 与那国町長

 【与那国】陸上自衛隊第一混成団が7月16日に与那国町で開く防災展示会で、習志野駐屯地(千葉県)の第一空挺(くうてい)団によるパラシュート降下を実施する件で、八重山地区労働組合協議会の大濱明彦議長らは28日、町役場に外間守吉町長を訪ね「いたずらに近隣諸国を刺激し、友好的な発展を阻害する」として、中止を要請した。

 外間町長は「課長班長会議で協議して正式に決めるが、皆さんが望んでいる方向で検討したい」と述べ、陸自に中止を要請する方向で検討する考えを示した。要請文は「パラシュート降下は占領政策を理解させるための工作で、中台問題や尖閣問題を視野に入れた準備」と指摘した。<後略>


 なんだこれ・・『パラシュート降下は占領政策を理解させる為の工作』って???あのー、意味がわからないんだけど、与那国って確か日本の領土ですよね?違ったかな・・いやいや日本の領土だよ。この要請文を書いた人は、与那国が日本の領土であると思ってないんでしょうか。自衛隊の訓練が工作ってあんた・・斜め上すぎて脳内に『?』が溢れかえってしまいました。

 ああ、ちょっと頭が混乱してきましたので次いきます。ナニナニ?『いたずらに近隣諸国を刺激し、友好的な発展を阻害する』から訓練を中止しろですか。うーむ・・これも斜め上だなあ。自衛隊の訓練にケチをつける前に、膨張主義をあらわにして日本の領土、領海にちょっかい出してきてる中国に文句を言うべきでは?

 中国の挑発にはダンマリで、自国の自衛隊の訓練にはケチをつける。与那国といえば沖縄県八重山郡ですが、先日、同じ八重山郡の竹富町(西表島)で『無防備地域宣言条例』制定に向けた動きがありましたね。こんなんじゃあ、どうぞ侵略してくださいって言ってるようなモンだ。いやはや、日本の防衛最前線に異常あり。最前線が平和ボケでどうする。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


外部参考リンク1:無防備地域宣言運動への反論
外部参考リンク2:週刊オブイェクト様 カテゴリー『無防備』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。