管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 法よりも上位にある概念『反日』
 竹島は日本の領土であり、韓国は竹島を日本に返還すべきである・・こう主張する韓国人がいます。日本でも『親日派の為の弁明』という著書で有名になった金完燮(キム・ワンソプ)氏がその人。親日派と認定されれば、問答無用で弾圧を受けるかの国において、妄想を根拠とした対日非難に異を唱えるという、ある意味とても勇気のある言動を続けるキム氏。

 当然、キム氏に対するバッシングは苛烈を極め、常人であれば口を閉ざして降参してしまうところですが、キム氏はバッシングに真っ向から対決。ネット上で自らに降りかかる罵詈雑言に対して、取った行動は『告訴』。その結果、韓国の検察から『ある結果』が出されたようなので、ご覧下さい。(NAVER ニュース※2chからの転載)

【検察、「意見が過激な表現でも、社会常識に逆らっていなければ処罰できない
~全員不起訴処分に…】

ソウル中央地検刑事1部は、親日作家の金完燮(キム・ワンソプ)氏が今年の2月に自分の発言に悪性レスを付けたネチズン約1,000名を告訴した事件に係わり、ネチズン全員を不起訴処分にした。

検察の関係者は、「ネチズンの意見と表現が過激でも、社会常識に逆らっていなければ処罰は出来ない」と明らかにした。

独島が日本領土という金氏の妄言に対して、ネチズン達が反論する程度の意見を書き込んだだけで、少し荒い表現や悪口を書いても『阻却事由』に当たると判断した。

検察はむしろ金氏が昨年3月の日本の独島挑発の際に、『親日派の為の弁明』という本を広報して、ネチズンたちの反発があると分かっていながらネット上に文章を書いて、国民感情を刺激したと判断した。

検察関係者は特に、「今回の事件は14人が略式起訴となった、林秀卿(イム・スギョン)氏の悪性レス事件とは時限が違う」と明らかにした。


 私から見れば、竹島は日本領土だ、あるいは竹島は韓国領土だというのは、ひとつの意見だと思うのですが、もう検察からして『妄言』と切り捨ててます。で、妄言であるからして多少の悪口はOKだ、と。こういうことですね。

 ではここで、キム氏と同じように『ある言動』を問題視され、同じく罵詈雑言を浴びせられ、これまた同じように告訴した人の訴えを検察はどう判断したのか、ご覧頂きましょう。(東亜日報から以下引用)

 インターネット「悪性レス」に法の処罰
<前略>

ソウル中央地検刑事1部(石東部長)は22日、昨年7月に林秀卿(イム・スギョン)氏(38)の息子がフィリピンで溺死したという内容のマスコミのインターネット版記事に露骨な暴言を書き込んだネットユーザー25人全員を、今週初めに刑事処罰することにしたと発表した。<中略>

1989年に平壌(ピョンヤン)で開かれた世界青年学生平和祭典に出席するため隠密に訪朝し、国内外に波紋を起こした林氏の息子が昨年7月、フィリピンで語学研修中にプールで溺死したニュースは、マスコミのインターネット版などを通じて報じられた。

当時、各マスコミのインターネット版の記事に、ネチズンたちが数百件のレスを書き込んだ。特に、一部新聞のインターネット版に書き込まれたレスのかなりの数が、林氏に対する暴言や誹謗だった。これらのレスの中には、「金正日(キム・ジョンイル)の足でも洗ってやれば。×××」「共産主義者×、息子が死んで当然だ」など、聞くに耐えないものも多かった

林氏は、問題のインターネット版にレスを書き込んだネットユーザーのうち、25人を侮辱と名誉毀損などの容疑で検察に告訴した。

検察は、林氏に対する告訴人調査を終え、IPの追跡を通じてレスを書いた被告訴人の人的事項を把握し、検察庁に呼んで取り調べた。

検察は25日頃、彼らのうち7、8人を侮辱の容疑で在宅起訴し、残りは同様の容疑で、罰金刑で略式起訴することに決めた。また検察は、レスを他のマスコミのインターネット版記事にも移した1、2人に対しては、逮捕状を請求する案も検討中だ。 <後略>


 はい。こちらはキッチリと罰せられてます。キム氏に浴びせられた悪口がどのようなものであったか、それはわかりませんが、日韓翻訳掲示板などを見ていれば、韓国人の口の悪さは一目瞭然なので、大体どんなことを言ったかは想像出来ます。おそらく、その悪口『だけ』をみれば『聞くに堪えない』ものだったことでしょう。

 聞くに堪えない悪口そのものが罰せられる対象であるならば、キム氏に罵詈雑言を浴びせた人達も同じように罰せられなければならない。これが筋だと思いますが、そうはならないのが韓国。日本、日本人になら、また親日野郎であれば、何を言っても構わない、という意識が根底にある韓国ならではの『判断』によって、同じ悪口でも一方は無罪、一方は有罪となる。

 やっぱり異常だよ、韓国は。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 反日だけが生きる道
関連エントリー2:韓国 新たな親日弾圧法の誕生か?
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

半島のゴタゴタは半島でケリをつけろ
 先日、『歴史的』と評される和解を果たした在日韓国人らで構成される民団と、在日朝鮮人らで構成される総連。日本国内で北朝鮮に向けられる目が厳しくなると共に、その下部組織である総連にも影響が波及。そんな中、民団が総連に歩み寄ったかたちに見える和解ということで、民団内部にはかなりの動揺、あるいは反発があるようです。(朝鮮日報から以下引用)

民団、総連との和解で反発拡散

 在日本大韓民国民団(韓国民団)中央本部が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との和解を決定したことに対し、民団内部で反発が拡散、民団中央本部の退陣まで要求している。

 民団千葉県地方本部は29日、「17日に発表された『民団・朝鮮総連共同声明』は到底認めることができない。民団中央本部の現執行部はこれを白紙化するか、全員が退陣すべき」という声明書を発表した。千葉県地方本部は「共同声明で北朝鮮と韓国内の親北勢力がよく使用する『同じ民族同士』という理念に従うことにしたのは民団の手足を縛る行為」と非難した。

 東北と九州地方、神奈川県などの民団地方組織も中央本部に反発、臨時中央委員会の開催を要求した。これに先立ち長野県、新潟県地方本部は先週、民団中央本部が朝鮮総連との和解のために「脱北者支援活動」の中断を決定したことに反発し、朝鮮総連との和解を拒否するという立場をそれぞれ発表している。

 一方、日本の公安当局は朝鮮総連の資金網を遮断するため、民団系が経営するものまで含めて、パチンコ店の取り締まりを強化する方針であるとされている。


 あらら・・随分と反発が強いんですね。ということは、民団中央が勝手に突っ走った結果の和解であったということですか、あれは。そりゃあ民団あるいは在日韓国人としては、北朝鮮、総連と同一視されるのは嫌でしょうね。これから総連への締め付けは強くなる一方でしょうし、いっしょくたに制裁されては敵わないといったところか。

 今回、地方組織が民団の中央に対して反発してる理由のひとつとして『脱北者支援の中断』を挙げているということは、民団中央=北の人権問題の取り組みに消極的な韓国の盧武鉉政権ライン(親北派)で、地方組織=北との宥和に懐疑的なハンナラ党(保守派)ラインとするならば、韓国内の争いの構図が日本国内においても出現・鮮明になるのかも。

 今後、民団の組織がどうなるのか、まだ不透明ですが、これは分裂もありえる。記事にある『公安によるパチンコ店の取り締まり』などを含めて、北朝鮮に繋がる不透明な金の流れに、実は親北なんだけれども民団に加盟している人、あるいは組織が関わっていれば、総連=民団とみなされ、反北だろうとなんだろうと同一視されてしまう。

 北に関わってないという身の潔白を証明するためには、別組織を立ち上げる、もしくは中央の執行部を乗っ取り、親北勢力を追い出すしかない・・ということになれば、何だか物騒な話になってきそうですが、ふとツッコミたい事があるのに気付いた。民団や総連がどうなろうと知ったこっちゃないが、半島の事情を持ち込んで、日本国内でゴタついて欲しくないなあ、って。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。