管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 さすがはテロリストが英雄になる国だ
 昨日のエントリーで、韓国ハンナラ党の朴代表襲撃事件を取り上げました。選挙運動中の政党代表を狙った『政治テロ』に、韓国内には大きな衝撃が走っており、朴代表を襲った犯人への怒りの声が上がる一方で、こんな人もいるようです。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用)

「60針縫ったなら整形手術もしたかも」、ノサモ代表の卑劣な言葉

「盧武鉉(ノ・ムヒョン)を愛す人々の集い」(以下・ノサモ)の代表ノ・ヘギョン氏(48、写真)が21日「野党ハンナラ党・朴槿恵(パク・クンヘ)代表襲撃事件」に関連、ノサモのオフィシャルサイトと自分のブログに見解を示す3件の文を掲載した。主に朴代表とハンナラ党支持者、マスコミを非難する内容だ。

そのうち「与党よりはるかに政治的に有能かつ狡かつなマスコミ」という見出しの文で、同代表は「朴代表襲撃事件は、故朴正煕(パク・ジョンヒ)元大統領を憎悪する人々が行ったこと。特定の保守的なマスコミが同事件を政治的問題化している」と主張した。ノ代表は「ちょっとした英雄心があり、社会に適応できずにいる者が、朴代表にカッターナイフを振るい顔に傷を負わせた、というのが同事件の基本的な事実」と定義付けた。

続いて「事実関係に基づいて考えれば、常識的な思考力のある人ならば、同事件が政治的な陰謀によるものではない、との点に同意するだろう」とし「だが、一部マスコミの報道を見てみると、韓国はおそらくマスコミのため滅びるだろうと慨歎せざるを得ない」と指摘した。

ノ代表は「整形手術の実力が世界一の韓国。最初は17針を縫ったとしたが、(後ほど)60針を縫ったとしている。美容整形手術もしたもよう」とし「多分、傷をなくした後、退院するだろう」と主張した。

これより先に掲載した文では「朴代表という記号は21世紀のものではなく、朴元大統領の悪夢と重なる旧時代の生きている幽霊」だとした。「朴正煕氏の娘がテロの対象になる、という事実は韓国社会が朴正煕氏から一歩も前へ進めなかった、とのこと」だと主張したりもした。また「朴代表の回復を祈る」としながらも「大きな後遺症なしに、数日間苦労すれば治るだろう」と付け加えた。

ノ代表の文に接した大半のネチズンは「言いすぎ」との反応を見せた。「faith27」という投稿者は「支持する党じゃないとしても襲撃されたのに、皮肉る態度に呆れた」と指摘した。ネチズン「jobno」もやはり「ノ代表は他人を慰める前に、自分の心への整形手術から先に行うべきう」と反論した。


 はあ・・酷いなあ。先日のエントリーで紹介した『韓国にも日帝によって強制的に連行された”めぐみ”が居る。だから自分達ばかり拉致拉致と言うな。』などという手紙を韓国の国会議員が、訪韓していた拉致被害者家族の横田滋さんに送りつけたという酷い話がありましたが、心ってものが無いのかね?

 主張としては、傷は大したことない、整形すれば治る、ちょっとした英雄心だ、と加害者である犯人を庇う一方で、被害者である朴代表が、朴元大統領の娘であるから襲われたのだとでも言いたげですが、配慮がないというか冷酷というか・・同じ人間だと思ってないのかもしれない。

 身内以外は不倶戴天の敵、つまり敵なら人を人と思わない、敵なら何を言っても構わないという韓国人ならではの意識が発露されただけなのかもしれないが、日本人の私から見ると、あまりの斜め上っぷりに卒倒しそうです。こうやってテロリストが英雄になったりするんでしょうね、きっと。

 今の韓国では、どんな無茶な手段であっても、日本という敵の大物政治家(伊藤博文)を殺した=民族の英雄(安重根)という事になってますから、主張を発表したノサモの代表も含めて、朴代表を憎む人(お門違いですが・・)からすれば、今回の襲撃犯は英雄なのかもしれない。

 今後、もし韓国から朴代表ら保守派が駆逐されるような事があれば、将来的に今回の襲撃犯が『英雄』とか『烈士』として教科書に載る日が来るのかも。ああ、何も変わってないのね、併合前と。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 その下劣な根性に呆れた
関連エントリー2:韓国 時代はめぐる
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国 子供に嘘をすりこむな
 今月末の韓国の地方選挙を待って、来月にも再開される予定になっている日韓EEZ境界画定協議。両国がどこを起点とするのかが注目されますが、どちらかが竹島起点を言い出せば、争点化するのは竹島領有権の問題。

 韓国では紛争地域化→国際司法裁判所行きを避けるため、竹島を起点にするべきでないとする意見と、対日強硬論に煽られたかたちで、竹島を起点にして領有をもっとアピールするべきであるとする意見にわかれています。

 竹島を奪還したい日本からすれば、韓国側が竹島起点の案を持ってきてくれる方が有難いわけですが、韓国の政府筋から協議への『方針』とも取れる発言が出ていますので、ご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)

日韓交渉:竹島は「協議対象ならず」 バン外交通商相

 聯合ニュースによると、韓国の潘基文(バンギムン)外交通商相は21日、竹島(韓国名・独島)について「われわれの領土であり(日本との)排他的経済水域(EEZ)境界線画定協議の対象にならない」と述べた。カタールで23、24日に開かれるアジア協力対話(ACD)出席のため韓国を出発する際、仁川国際空港で語った。

 潘外交通商相はカタールで行われる予定の日韓外相会談でも、こうした点を日本側に強調するとみられる。日韓のEEZ協議については「来月中に開かれるだろう」と述べた。(ソウル共同)


 協議の対象とはならない・・つまり韓国側は竹島を起点にしないという事でしょうか。うーむ、これから韓国内の世論がどう動くかを見守らないと何とも言えませんが、このままだと、またぞろ先送りになる予感。まあ、日本が竹島起点の案を出し、あちらを大爆発させて同じ土俵にのせる事も可能ですが、政府はどうするつもりなんだろう。

 さて、この問題は今後の推移を見守る事としまして、今回のエントリーでは、韓国側の『ドクトは我々のモノ~!』という主張に『ある』異を唱えた韓国人学者の論文を産経が記事にしていますので、ご覧頂きます。こちらをどうぞ。(sankei webから以下引用)

「独島領土は歪曲」 韓国人学者、異例の批判論文
.
 【ソウル=黒田勝弘】日韓が領有権を争っている竹島・独島問題をめぐって日本糾弾一辺倒の韓国で、歴史歪曲(わいきょく)を含む一方的な情報注入による過剰な愛国主義や、日本に対する過去イメージ偏重など韓国社会の現状を批判し、「国際的に通用する客観的な事実と論理」の必要性を強調する学術論文が発表され話題になっている

 このほど出版された『日本学叢書1/日本は韓国にとって何か』(金栄作・李元徳共編、ハンウル社刊)に収録されている玄大松・東京大学東洋文化研究所助教授の「韓国人の独島意識形成過程とその構造」と題する論文で、小学生から大学生まで若い世代に対する意識調査(2001年、約1200人を対象に実施)を分析したものだ。“独島タブー”のある韓国で、韓国側の主張や姿勢に対する韓国人学者の“批判”はきわめて異例だ。

 調査によると「独島は韓国の領土」という意識は小学入学前に48%が持っており、小学生では94%にもなる。この領土意識は大衆歌謡、テレビ、教科書、教師、父母…などを通じて形成され、このうち小学生など若年層ほど大衆歌謡の影響が大きく出ている。

 大衆歌謡というのは1980年代以降、韓国で広く歌われている「独島はわれらの地」という歌で、歌詞には島の位置から自然環境、歴史的根拠、日本のことなどが詳しく織り込まれている。とくに古代6世紀の新羅時代から韓国領だったという古文献のことまで登場するため、韓国国民の多くは歌の文句で島に関する知識を得て、そう信じ込んでいる

 しかし論文は古代史の「三国史記」はもちろん、韓国が歴史的根拠としてよく引用する中世の「東国輿地勝覧」や「太宗実録」「成宗実録」なども鬱陵島の記録であって竹島・独島は関係なく、歌の文句を含め「事実関係の歪曲」だと指摘している。

 論文はまた、韓国マスコミの歴史問題や「独島」問題に関する日本批判は「過酷なほどだ」といい、調査においてさえ「韓国マスコミは事実報道より反日感情を扇動し」「両国の意見を不公平に取り上げている」とする意見がかなり出ているとしている。

 調査では領土問題で「日本の主張にも根拠がある」18%、「日本を刺激すべきでない」9%、「国際司法裁判所で解決」25%、「日韓共同管理」5%、「戦争の可能性」30%などといった結果も出ている

 韓国では過去、韓国の立場を支持する日本の学者の主張や研究はよく紹介されている。今回の論文は日本の主張を支持するものではなく、韓国側の方法論を批判するものだ。論文は結論で「韓国では戦後60年間、学界と言論界が一緒になって客観的事実より植民地支配の記憶と反日感情に訴え、愛国主義を前面に国民に誤った認識を植えつけてきた」と述べている。

【2006/05/22 東京朝刊から】


 この論文は、あくまでも韓国側の『方法論』を批判しているわけですが、そんなものはすっ飛ばして『親日派』認定され、糾弾の対象にならないか心配です。どんな正論、どのような理由であっても、日本に対する姿勢を批判する事は、かの国でタブー。

 まあ、東大にお勤めということは、日本に居住しているということですから、今すぐ何かあるということではないでしょうが、韓国側の捏造・歪曲・扇動・すりこみなどなど、問題の本質を鋭く突いているだけに、怒っちゃう韓国人が続出しそうです。

 論文ではこれらの問題を批判し、『国際的に通用する客観的な事実と論理』の必要性が強調されているということで、方法論として真に正しいと思うのですが、悪い事に韓国では国際的に通用する竹島領有の客観的事実、また論理を持ち合わせていません。それ故に捏造歪曲などに頼るしかないという事情がある。

 つまり、正しいアプローチで竹島領有権問題に向かっていくと、韓国側の領有権の主張は脆くも崩れる。だからこのまま突っ走るしかない・・となるわけですが、玄助教授は韓国側の妄想を取り除いてもなお、韓国に竹島領有の根拠があると思ってるのか。あれば是非見てみたいところです。

 興味を引かれるのは子供の意識調査の結果。小学生にあがると、なんと94%の子供が『ドクトは我々のモノ~』と思ってる、と。で、あの島は韓国のモノですよ、と教えるのと同時に『かつて日本から奪われ、取り返した』とか、『日本がまた強奪しようとしている』などと教えてますから、言い換えれば、領土問題の意識を持つと同時に、かなり多くの子供達が『日本=悪い奴ら』という教育を受けているわけだ。

 このような状況を知る度に、改めて日韓関係の未来に絶望してしまいますが、別の調査で『日本の主張にも根拠がある』、『国際司法裁判所で解決』と答えた人が『ある程度』いることを見ると、日本=悪で『なければならない』という空気さえ掃われれば、少しは希望があるのかもしれない。


 とはいえ、戦争の可能性と答えた人が一番多いわけですが(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。