管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国の工作活動に利用されるNHK
 日本国民から受信料を徴収して成り立っている放送局NHK。最近では中韓寄り、反日偏向が過ぎるのでは?という指摘がなされ、その上、様々な不祥事もあいまって受信料の支払い拒否が激増するなど、公共放送としてのあり方が問われています。

 そんなNHKが数年前から力を入れているのが、いわゆる『韓流』。冬のソナタから始まって、数多くの韓国ドラマ、アニメなどを買い付けては放送。現在のイチオシは『チャングムの誓い』というアニメだそうですが、そのイチオシアニメを巡って、何やら『騒動』があったようです。こちらをご覧下さい。(京郷新聞から以下引用※韓国語)

「チャングム見に来て竹島が韓国領土なのが分かった」

日本のある有名デパートとNHKが『独島』の為に、自国民達から『売国奴』という非難を浴び、しばらく困惑した。

去る2日から14日まで、東京日本橋の三越本店で開催された『宮廷女官・チャングムの誓い(大長今)』に訪れた大勢の日本人達は、『独島』と書かれた地図を手に持っていた。韓国観光公社が入場者全員に韓国観光地図を無料で配布していた。

NHKなどが、海外支援慈善イベントとして催したこの展示会は、ドラマ『宮廷女官・チャングムの誓い』で使われた衣装や小道具、俳優達の写真と映像を紹介し、宮廷の調理場などを再現して、開催前から注目を集めていた。三越本店では『チャングム』の魅力に夢中になった日本人達で連日大盛況となった。

だが、一部の日本ネチズンが、「チャングムの展示会で貰った地図には、竹島ではなく『独島』とはっきり書かれていた」と指摘して、問題が浮上した。あるネチズンは自分のブログで、「日本国内でこのような工作活動を承諾してもいいのか?テロ行為だ」とまで糾弾した。

これらは直ちに三越デパートとNHK側に、電子メールと電話などを通じて強力に抗議した。デパート側は、「韓国観光公社のコーナー設置をNHKから依頼された」と責任を押し付けるのに精一杯だった。だが、デパートの関係者が、「配布物の内容に対しては、担当者が前もって確認した」と発言して、日本ネチズン達は更に刺激を受けた。

これに対してNHKの関係者は、「デパート側から連絡を受けて、地図の内容を確認した」とし、「最初に担当者が確認していなかった」と謝罪した。同時に、「勿論『竹島』は日本の領土』だと思う」と事態の収集に出た

NHK側は今回の『独島地図問題』と関係無く、横浜など他の地域で行われる『チャングム企画展』は予定通り行うという方針だ。

これに対してネチズン達は、「(日本人が払う)NHKの受信料で韓国の反日キャンペーンを支援する一環」としながら、「売国奴の責任者は今すぐ出て行け」と声を高めた。

これに関連して韓国観光公社の関係者は、「今回のチャングム展に限らず、日本で韓流イベントが行われる度に、観光の広報としてガイドブックと地図を無料配布して来た」とし、「地図に関して、現地でのイベント主催側から抗議を受けた事がなかったし、今まで大きく問題になる事も無かった」と説明した。

(訳文は2chから頂きました)


 あらあら・・空気が読めてないと大変なことになりますねえ。まあ、実際に地図を配っていたのは韓国の公社ですから、NHKに直接の責任は無いのかもしれないが、竹島問題が知られるようになって、日本でも世論が『敏感』になりつつあるのに、公共放送がこんな事を放置していたんじゃあ、反発を受けても仕方ないですね。

 普通に考えてみれば、韓国では『ドクトは我々のモノ~!』キャンペーンの一環で、日本国内の世論喚起も行う!と言ってましたから、韓国政府に関係する公社がこういった行動に出ることは、ある程度予想できたはずですし、また予想できなかったでは通らない。

 で?反発を受けて『勿論『竹島』は日本の領土』だと思う』なんて繕っていますが、怪しいものだ。NHKはニュースなどで竹島問題を扱う時に『日韓双方が領有権を主張する竹島』って紹介してますよね?日本の領土だと確信しているなら、ハッキリと日本の領土である竹島、韓国が不法占拠している竹島、と報道したらどうだ?

 こんな当たり前の事ができないから、偏向してるだの、媚韓だのと言われるのだ。韓国では『対馬』までが韓国領土であるという主張が幅を利かせつつあるようですが、もう少し声が大きくなれば、『日韓双方が領有権を主張する対馬』とでも報道するつもりなのかね。おぞましい。

 ま、今のNHKに必要なのは、どこかの国に媚を売ることではなくて、『日本』の世論をもっと研究する事ですね。もう見え透いた『煽り(韓流)』は通用し難くなってますし、『ドクトは韓国領土』地図配布などという、敵国による工作活動に加担していることがバレたら、ネットを通じてすぐさま騒動が大きくなる→支払い拒否が増加・・という悪循環がずーっと続きますよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

中韓のメッセンジャーに就任したアナン国連事務総長
 現在、日本を訪れている国連のアナン事務総長。来日に先立って訪問した韓国では、盧武鉉大統領の毒電波歴史認識を浴びせられ、精神に異常をきたしていないか、心配されるところですが17日、日本側の要人と相次いで会談を行いました。誰とどんな話をしたのか、よくまとまっている記事がありましたので、ご覧頂きます。こちらをどうぞ。(sankei webから以下引用)

首相がアナン氏と会談で「日韓関係は最良」

≪麻生外相は「竹島は不法占拠のまま」と説明≫

 小泉純一郎首相は17日午後、首相官邸で来日中のアナン国連事務総長と会談した。アナン氏は先に行われた韓国の盧武鉉大統領との会談に触れながら、日中、日韓関係の改善を求めたのに対して、首相は靖国神社参拝を理由に首脳会談を拒否すべきではないとの考えを強調するとともに、両国との関係はかつてないほど良好だとの認識を示した。

 アナン氏は首相との会談に先立って公明党の神崎武法代表と会談し、日本が第2次世界大戦の敗戦国、ドイツと同じように反省や遺憾の意を表明すれば関係改善ができるとの考えを示した。日本は国連平和維持活動(PKO)や分担金で国連に対して大きな貢献をしており、一連の発言が事務総長として的確なものなのかをめぐって論議を呼びそうだ。

 アナン氏は盧大統領との会談について「北朝鮮の拉致問題、北朝鮮の核開発問題、日韓関係の3つの重要な点があることが改めて分かった」と指摘。歴史問題や竹島領有問題を抱える日韓関係について「この地域にとどまらず、世界にとって重要な関係だと思っている。韓国側も決して扉を閉ざしているわけではない。両国間で議論してほしい」と述べ、関係改善を促した。

 これに対して、首相は「日中、日韓関係をともに楽観している。自分が就任してからの5年間で経済、文化、スポーツも格段に交流は増している」と指摘。「首脳会談の用意はいつでもある。1つの問題にこだわるべきではない」と述べ、靖国神社参拝を理由に首脳会談を拒否すべきではないとの考えを改めて示した。

 また、アナン氏は安保理を含む国連改革について「安保理改革は十分に進んでいないが、まだ死んでいるとは思っていない。ぜひとも21世紀の安保理にすべきだ」と述べ、自らが退任する年末まで努力を継続する考えを表明。首相は「米国やドイツなどと協議している。安保理改革に向けて引き続き努力したい」と述べた。

 一方、麻生太郎外相はアナン氏との会談で、竹島問題について「領土問題であり、歴史問題ではない」と指摘し、韓国が昭和25年から不法占拠していると説明した。

(05/17 21:57)


 あーあ、やっぱり毒電波にやられてるよ・・『ドイツと同じように反省や遺憾の意を表明すれば関係改善ができる』ってこれ、日本とドイツの戦後処理の内容、あるいは日本が戦後出してきた談話などを知らずに、中韓が『そう言ってる』事の繰言を述べてるに過ぎませんね。中韓のメッセンジャーに堕ちた国連事務総長・・情けないなあ。

 で、『韓国側も決して扉を閉ざしているわけではない』と、何を根拠に言ってるのか、よくわかりませんが、確かに、韓国側が出してきている前提条件『靖国参拝中止・竹島領有の主張放棄・ 歴史教科書の記述を改める(韓国の気に入るように)』を呑めば、対話を再開すると言ってたけれど、これを呑めって言ってるの?アナンさんは。盧武鉉大統領の代弁者に成り下がった国連事務総長・・要らないなあ。

 まあ、こんな繰言を言われても、普段、中韓から言われている内容と『同じ』ですから、日本側の対応も『同じ』ですね。何しにきてんだか。その外遊費用も日本の分担金から出てるのかと思うと、払う気が無くなっちゃいますね。というか、もう払わないで良いよ。嬉々として中韓の代弁者になるトップがいる国連になんて、バカバカしくて分担金など払ってられるか!

 最後に麻生外相の言葉が載っていますが、『竹島問題は領土問題であって歴史問題ではない』と麻生氏が言ってるということは、アナン氏は盧武鉉大統領の『竹島問題は歴史問題』という毒電波をそのまま垂れ流したわけ?国連の事務総長って何する仕事なのかしら・・

 紛争を調停する役割りを担うのが国連という組織の仕事であるとするなら、国際司法裁判所や国連海洋法裁判所がありますから、そちらで平和的に解決しませんか?と提案するのが筋であり仕事だろう。領土問題に歴史(しかもデタラメの)を絡めて、問題をややこしくしている国が一方にあるのに、両国間で話し合いましょう!では無責任だ。アナン氏は『まだ国連は死んでいない』と言ってますが、死んでるようにしか見えませんよ、こんなんじゃあ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 国連事務総長ってオイシイんだろ?
関連エントリー2:盧武鉉大統領の電波にKO負け寸前

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。