管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 その下劣な根性に呆れた
 北朝鮮によって拉致された横田めぐみさん。先日、めぐみさんの夫であるとされる、こちらも北朝鮮によって拉致された韓国人男性の存在が明らかになり、めぐみさんの父、滋さんの訪韓によって、拉致された子を持つ日韓の両家族の対面が16日に実現しました。

 日本はもちろん、このニュースは韓国でも大きく取り上げられたようで、拉致問題の解決へ向けた機運の高まりが期待されますが、韓国政府は相変わらず冷たい。それどころか、こんな手紙を訪韓した横田さんに送りつけた韓国の国会議員がいたようです。(オーマイニュースから以下引用※韓国語)

■「数十万の『朝鮮人めぐみ』をご存知ですか?」

韓国には、日帝によって強制的に連行された数十万の『めぐみ』がいます。韓国国民がめぐみさんに関心を持つことをあなたが願っているように、『朝鮮人めぐみ』の家族たちも日本国民に対して同じ心情なのです。

ヨルリン・ウリ党の金元雄(キム・ウォヌン)議員(国会倫理特別委員長)は16日、駐韓日本大使を通じて、日本人拉致被害者として知られる横田めぐみの父親の横田滋(73)に書簡を送った。横田滋は、弟の横田哲也(37)とともに15日に金浦空港を通じて訪韓した。

金議員は手紙の中で、「娘さんの不運な生に対する限りない父情が私の胸も打ちます」と慰めた。金議員は更に、「前世紀、南北は互いに数千名ずつの工作員を送り込んで幾多の拉致をほしいままにした」「拉致被害者たちとめぐみさんは、戦後冷戦体制の犠牲者だ」と述べた。

しかし金議員は、「めぐみさんの冤魂を慰めるのは、この冷戦体制の解体から出発しなければならない」「不道徳な冷戦体制の残滓を引きずって自分たちの利益を追い求めつつめぐみさんの人権を取り上げるのは、良心を欺くものだ」と主張した。

金議員は、「韓国には、いまだに数十万の『めぐみ』がいる」「日帝によって強制動員された数百万の朝鮮人のうち相当数がまだ戻ることができず、死後も靖国神社に奉安(?)されており、死んだ魂さえ日帝の強制連行から釈放されることができないでいる」と表明した。

金議員は、「韓国国民がめぐみさんに関心を持つことを願うように、日帝によって強制連行された数十万の朝鮮人『めぐみ』の家族たちも、日本国民が彼に関心を持つことを願っている」と強調した。

金議員は横田滋に、「今度の訪韓の折に、日帝時代に強制動員された朝鮮人徴用者や軍慰安婦とその遺族たちにも一度会ってみてはどうか」と勧めて、「彼らとお会いになれるよう私が斡旋させて頂いても結構です」と付け加えた。

一方、金議員が駐韓日本大使を通じて書簡伝達を要請した同じ時間、横田滋など日本人拉致被害者家族と韓国の拉北者家族協議会会長らは、ソウル市内の拉北者家族協議会事務室で記者会見を行なった。


 9人10人返せというのはフェアじゃない!日本だって朝鮮半島に酷い事をした!などと拉致が発覚した当初、必死になって問題を相対化→ウヤムヤに~という流れを作ろうとしていたクズが日本にもいましたが、それと同じような主張ですね。(参照:ご立派なご見識をお持ちの方のインタビュー)

 連れ去られた娘を取り戻したいと願う、ひとりの父親の気持ちを『良心を欺くものだ』と言って踏みにじり、我々も被害者なのだから、自分達だけ拉致拉致といって騒ぐな、と。北朝鮮を擁護する輩(日韓問わず)は同じような論法を使うが、北からテンプレートでも送ってきてるのかね?

 当時、ほとんどの日本人が対象となった『徴用(朝鮮半島も含む)』と、戦争中でも何でもない平和な日本で、『外国の』工作員によって『拉致』された事を同一視しろだと?バカも休み休み言え!こんな手紙をよくも送り付けれるものだ。神経を疑う。

 それに『日帝によって強制動員された数百万の朝鮮人』が『相当数がまだ戻ることができず』って、徴用で日本に来ていた朝鮮人のほとんどは『既に』お帰りになっていますが?今いる『在日韓国・朝鮮人』はご自分のご都合で渡ってこられた人達であることは、とっくにバ・レ・テ・ますよ。

 在日は強制連行の被害者である!という主張をリードしてきた朝日新聞でさえ、最近では『強制連行』という造語を使わなくなっており、いかにも『人狩り』してきたかのように書いてきたスタンスを撤回し、『徴用など』と薄めざるを得なくなっている。(その『徴用』ってのが極々少数なわけですが・・)

 それでも『相当数がまだ戻る事ができず』というなら、そもそも誰も引き止めてませんし、いついかなる時でも引き取ってもらって結構です。あごあしに熨斗までつけてお返ししますから。というか、一体いつになったら引き取って頂けるのか、こちらが聞きたいくらいです。正式に日本政府に対して要請して頂けませんかね?民団と総連も和解したようですし、もうすぐ統一するんでしょ?

 自分達も被害者なのだから、それくらい大目に見ろよとか、むかし日本に酷い目に遭わされたのだから、日本人になら何言っても良いんだとか、もうウンザリだよ。そんな勝手な理屈につきあうのは。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:朝日新聞の卑劣・卑怯 『強制連行ではなかったのか』
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国の妄想歴史書に中国様が激怒
 尖閣諸島、竹島という領土問題、先の大戦前後の『歴史』を巡って日本に言いがかりをつける近隣2カ国。さらに片方は周辺海域に資源があると判明すれば『尖閣は中国のものだ!』と言い、もう片方は日本が敗戦によって疲弊しているドサクサに『竹島は韓国のものだ!』と強奪。

 歴史に関しては、これをネタに日本に対してユスリタカリを繰り返し、散々ぱらオイシイ思いをしてきた両国は、『共同』で靖国参拝への非難の声をあげたり、最近では竹島問題を『歴史認識問題』であるとする韓国の肩を中国側が持ったり、と共闘関係を構築しつつあるように見える中国と韓国。そんな両国がお互いの領土、歴史問題で揉めているようです。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュース産経から以下引用)

「上海は古代韓国王朝の領土」学者主張 「非常識」「無責任」中国反発

 「上海は韓国の古代王朝の領土だった」とする韓国の学者が出版した歴史書が、中国の新聞に紹介され、同国内で大きな波紋を広げている。ネットの掲示板には「非常識」「無責任だ」といった反論が殺到。

 日本の竹島の領有権をめぐっては「日本が韓国の領土にちょっかいを出す」などと韓国寄りの書き込みが大半だったが、自国のこととなるとさすがに放っておけず、「朝鮮半島こそ中国領だった」といった書き込みであふれ、韓国批判一色となっている。

 「上海商報」などによると、韓国大田大学の元教授・林均沢氏(69)は、二〇〇二年末に出版した著書「韓国史」の中で、「韓国の古代王朝・新羅が唐の時代に中国大陸に進出し、上海を含む中国東部の大半を支配下に置いた」などとの見方を示した。

 さらに当時の地図を紹介。それによると新羅の勢力範囲は今の上海、福建省まで及び、一方、唐は四川省、雲南省など中国の西南部の一部の地域にとどまった。林氏は哲学科教授だったが、定年後、韓国古代史の研究を行っているという。

 上海大学文学院のある歴史研究者は中国メディアに対し韓国の古代王朝の領土範囲は朝鮮半島を出たことはない」「荒唐無稽(むけい)だ」と切り捨てた。韓国の駐上海領事館も「著書は林教授の個人的な見解であり、韓国では主流の学説になっていない」「この本は教科書としては使われていない」と説明しているという。(矢板明夫)
(産経新聞) - 5月17日4時8分更新


 わーっはっはっは・・ついに日本の新聞までが取り上げる問題となったか。この『韓国史』とやらは、私がよく見に行く『棒太郎の備暴録(リンク先で古代朝鮮の版図(笑)がご覧になれますので是非)』さんのところで紹介されていたのですが、産経の記事にあるように、新羅が中国東部を版図にしていたりする『妄想』の産物。

 その他にも、高句麗が満蒙地域や今のロシア領(シベリア等)まで版図にしていた!という地図や、統一新羅がこれらの版図に加えて、中国でいう『西域(さいいき)』、そして日本までを支配していたかの如く描かれている地図など(まだあります)が掲載されており、韓国(北朝鮮含む)人以外が見れば、抱腹絶倒間違いなしのシロモノになっております。

 当然、中国側は『ハァ?』ってなモンですが、日本憎しで『竹島は韓国領』に同意していた中国人達も、これで理解してくれるかなあ・・韓国の歴史は妄想で出来ているって事を。ああ、中国も『似たような事』をやってるから無理か。中国に朝貢した過去があれば、そこは中国領になるんでしたね。

 まあ、中国側からの反応『朝鮮半島こそ中国領であった』は韓国側の100%妄想に比べて、そういう時期もあったという意味で『まだマシ』ですが、あれですね。『目くそ鼻くそを笑う』レベルの戦いを見られて楽しいです。これを機会に『朝鮮は中国4千年よりも古い歴史を持っている!』とか、『朝鮮は中国の属国になったことはない!』という妄想を中国が本気で問題視したら・・面白いだろうなあ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


外部参考リンク1:半万年の歴史、古朝鮮って何?
外部参考リンク2:韓国人が直視すべき真実の歴史「千年属国」
外部参考リンク3:「中国」が本来、自国領と考えている地域

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。