管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盧武鉉大統領 『ブレーンも優秀だろ?』
 北朝鮮に対し多くの譲歩をしようと考えている・・先日、外遊先のモンゴルにて、こうぶち上げた盧武鉉大統領。昨日のエントリーでは、この世界の潮流に逆らうかのような盧武鉉大統領の発言に噛み付いた朝鮮日報の社説を紹介しました。

 朝鮮日報は社説で『韓国まで世界の仲間外れとなる結果をもたらす』と懸念を表明しましたが、何が何でも北朝鮮を助けなければならない、と信じ込んでいる盧武鉉大統領にその声が届くのか。まずこちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)

「盧大統領はブッシュ政権に対する忍耐心失いつつある」

 韓国外交通商部の文正仁(ムン・ジョンイン)国際安保大使は11日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が訪問先のモンゴルで「北朝鮮に対し制度的・物質的な支援を無条件で行う」方針を表明した背景について、「盧大統領はブッシュ政権に対する忍耐心を失いつつある」と説明した。

 文大使はこの日、「世界と北東アジアフォーラム」が主催したセミナーで「ブッシュ(米国)政権が北朝鮮に対してこれまで否定的な政策ばかりを打ち出してくるため、新たな突破口を求めようとしているまでだ」と説明した。文大使は「これまで北朝鮮に対し否定的・強圧的な政策で成功したためしはない。北朝鮮に外交圧力をかける時は慎重に行わなければならない」と述べた。

 文大使は盧武鉉政権で北東アジア時代委員長を務め、盧大統領の外交・安保政策のブレーン役を担っている。

 文大使は「昨年9月19日の共同声明を実現に導いたのは米国ではなく韓国だ」とも発言した。これは6カ国協議がこう着状態に陥っている中で、韓国が積極的に突破口を求めていく必要があるとの趣旨とみられている。ただ文大使は「盧大統領がブッシュ政権の対北朝鮮政策を変えるために、イラクに派遣している韓国軍の撤退を交渉カードに使うことはないだろう。北朝鮮が今度の機会を逃さずに、6カ国協議に復帰しなければならない」と述べた。

 文大使は、最近米国が脱北者6人を受け入れたことについて、「米国はこれまで脱北者を受け入れてこなかったが、ここへ来てやっと数名受け入れたに過ぎない。米国が北朝鮮の旅券を所持している人を受け入れるのは自由だが、韓国の旅券を所持している人を受け入れるのは困る」と語った。

 文大使は「米国の脱北者受け入れ政策に関しては、人権状況改善と経済援助を交換条件とする『ヘルシンキ・プロセス』に言及されているが、これは主権を認めることと介入政策が前提条件だ。北朝鮮の主権を認めずに、他国が北朝鮮に対する介入政策を遂行できないようにするのは矛盾している」と述べた。

 文大使は韓米関係について「北朝鮮問題において韓国は『良い警察』、米国は『悪い警察』の役割を演じているが、問題があるとするならばお互いに調整できていないことだ」と指摘した。


 届きません。ブレーンがこれじゃあ・・ダメだ。のっけから『盧大統領はブッシュ政権に対する忍耐心を失いつつある』なんて超絶電波を放出しています。ブッシュ大統領が聞けば『こっちのセリフだ!』と激怒しそうですが、これは聞いたほうの脳内が?マークで埋め尽くされるような事を言って、相手を思考停止に追い込む作戦なんでしょうか。そういえば日本に対しても、あれだけギャアギャアと騒ぎ立てていたのに『静かな外交をやめる!』と言ってましたね。

 次も凄いです。米国が北朝鮮をイジメるので、庇ってやるんだ!と誇らしげに語っておられますが、これが何を意味するのか、理解できないのかなあ。完全にケンカ売ってると思うのだけれど。んで、理由について『これまで北朝鮮に対し否定的・強圧的な政策で成功したためしはない』ですか。ああそうでしょうよ。なにせ後ろからコソコソと助けてる奴がいますからね。

 さらに、韓国籍を取得した脱北者が米国に亡命申請し、認められたことに噛み付いて『韓国の旅券を所持している人を受け入れるのは困る』って呆れた・・脱北して韓国籍を取得したにもかかわらず、なぜ米国に亡命しなければならなかったのかといえば、反北的な活動をしたからという理由で、住民登録を抹消されるなど『政治弾圧』を受けたから。

 脱北してみたは良いものの、待っていたのは北朝鮮と同じ政治弾圧。つまり、韓国は北朝鮮と同じだと脱北者は感じたからこそ、米国に亡命したのだ。韓国政府には虐げられている北の人民を救うことは出来ないと見限って。亡命者を受け入れるな!と求める前に、亡命者が出ないようにすべきだろう。

 北朝鮮の主権を認めずに~云々に関しては、お口アングリで顎が外れました。朝鮮半島唯一の合法政府は大韓民国であると認めろ!と言ってたのはどこの誰だ?米国は同盟国としての信義を守ってると思うが。それに、韓国が北朝鮮の主権を認めて『外国』であると認識してるってことは、統一しないってことなんでしょうか?わけがわからん。

 最後の米国は悪い警察で韓国は良い警察だ~ってのも、ハァ?ですね。確かに、犯罪者である北朝鮮からみれば『良い』でしょうが、外から見れば犯罪者・犯罪行為支援をしているとしか思えませんよ。大統領その人もアレですが、ブレーンもキテますねえ・・滅亡へのカウントダウンが始まったのかも。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 悪の枢軸入り決定!?
関連エントリー2:盧武鉉大統領 『北風と太陽の誤用』
関連エントリー3:南北朝鮮はひとつの国
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

竹島は韓国に不法占拠されている
 日本の領土である竹島・・そして韓国が『不法占拠』している竹島。普段、竹島に関する政府などの動き、またニュースの量が日本を遥かに上回る韓国側の記事を紹介する事が多いですが、今回のエントリーでは、日本側から色々と動きがあったようなので、紹介したいと思います。まずはこちらからどうぞ。(中央日報から以下引用)

日本副大臣会議で「教科書の竹島記述要求」相次ぐ 

日本政府の副大臣会議で、「小中高校の教科書に‘竹島は日本の領土’という内容を積極的に記述すべきだ」という要求が相次いだと、産経新聞が12日報じた。

馳浩文部科学省副大臣は11日の副大臣会議で、現行の小中高校社会科教科書91点のうち独島(ドクト、日本名・竹島)問題を記述しているのは29点で、「韓国が不法占拠している」と明記しているのは3点にすぎない、という調査結果を発表した。

これを受け、他の副大臣らからは「教科書でも日本の領有権を毅然と主張していく必要がある」「日本固有の領土ときちんと記述すべき」などの意見が相次いだという。

東京=聯合ニュース


 ま、当たり前ですわな。これまで政府の立場は変わっていなかったものの、あまりにもアナウンスが少なすぎた。相手は世界大声選手権があれば、優勝するであろう韓国ですから、問題を知らないという事はマズイ。もっとも、あちらの主張は声がデカイだけで中身が無いですから、正確に教えるだけでOKでしょう。

 では次。先日、政府が竹島の置かれている現状について、表現を『韓国の不法占拠』に統一する、というニュースがありましたが、その後どうなったでしょうか。こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)

竹島問題:「韓国が不法占拠」の答弁書 政府が閣議決定

 政府は12日、日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について「1954年以降の韓国による占拠は不法占拠」とする答弁書を閣議決定した。従来の日本政府の見解だが、北方領土問題に比べ「友好国の韓国に不法占拠という強い言葉を使うのは避けてきた面がある」(外務省幹部)という。竹島問題をめぐる韓国側の対日批判が先鋭化する中、答弁書によって日本の立場を明確にした。

 答弁書は竹島領有の歴史的・法的根拠を尋ねた鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に対し「わが国は遅くとも17世紀半ばには竹島の領有権を確立していた」として、韓国側の不法占拠に抗議してきたことを強調している。

 竹島周辺の海洋調査問題で日韓関係が険悪化した先月、「韓国が実効支配」とする報道が目立ったため、外務省幹部が記者団に「不法占拠」と表現するよう求めた経緯もある。【大貫智子】


 おお!質問主意書連発男のムネオさんがGJです。頑張ってますねえ。権力の中枢には戻って欲しくないけれど、こういった活動は大いに評価したいと思います。これで政府の立場が鮮明になりました。私は以前、政府の北方領土と竹島に対する取り組み方の違いを批判したエントリーを書きましたが、これによって、その差は小さくなるのでしょう。

 さて、この記事には『友好国の韓国に不法占拠という強い言葉を使うのは避けてきた面がある』とありますが、竹島問題で韓国側が『日本の挑発だ!・日本が今更になって竹島領有を主張している!』と喚くのは、こういった『友好国への配慮(どこが友好国なのかわかりませんが・・)』とやらが誤解を与える原因のひとつになってました。

 政府の立場は変わってないけれども、ちょっとイカレたかの国人が、世界中で『ドクトは我々のモノ~!』キャンペーンを展開していても、『配慮』して特に何も言わなかったので、妄想がますます強くなってしまった。 

 勝手にラインをひいて日本の漁船を拿捕するわ、日本の漁師を拉致監禁のみならず殺害するわ、ゴテゴテとわけのわからない施設を作って不法占拠するわ、挙句の果てに海底地形名の登録だ、日本海は東海だ~なんてやられたんじゃ堪らない。こちらの配慮を良い事に、好き勝手やってきたのが韓国。もう『友好国』なんていう位置づけは相応しくない。

 政府が立場を鮮明にしたところで、注目されるのは今月末から始まる予定になっている『EEZ境界画定交渉』です。韓国側では、竹島領有権問題に踏み込むことになるので、起点を竹島にすべきではない、という冷静な意見がある一方で、こんな意見もあります。(sankei webから以下引用)

「EEZの起点を竹島に」 韓国与党が変更求める

 日本固有の領土である竹島(韓国名・独島)問題をめぐり、韓国の与党、ウリ党の「独島特別委員会」は10日、日韓が再開で合意した排他的経済水域(EEZ)画定交渉で、韓国が主張するEEZの起点を現在の鬱陵島(竹島から北西約93キロ)から竹島に変更するよう韓国政府に求めた。聯合ニュースが伝えた。

 10日の政府との協議でウリ党側は「政府が現在起点を鬱陵島としていることで、国際的に(独島を韓国が)不法占有(している)との誤解の素地が残った」と指摘した。

 起点の竹島への変更に対し、韓国政府はこれまで、宋旻淳大統領統一外交安保政策室長が慎重な考えを示している。(共同)

(05/10 20:34)


 歴史的にも国際法上も根拠薄弱な韓国の竹島領有の主張は、現在『不法占拠』によってのみ成り立っています。ですから、『国際的に(独島を韓国が)不法占有(している)との誤解の素地が残った』ってのは間違い。誤解の素地が残った・・なんて言って竹島を起点にしようとすると、いわゆるひとつの自爆になるわけですね(笑)。

 政府にお願いしたい。来る画定交渉では、日本側のEEZ起点を竹島にしていただきたい。そうすれば、韓国側の『ドクトを起点にすべきでない』という慎重論はすっ飛び、間違いなく『じゃあこっちもドクト起点だ!』となりますから。よろしく!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:領土問題に見る日本の妙な対応
関連エントリー2:韓国の竹島領有の根拠ってなあに?
関連エントリー3:韓国 暴走機関車のように
関連エントリー4:韓国の逃げ切り作戦を阻止せよ!

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。