管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳩山幹事長は愚か者
 毎年恒例になっている、ゴールデンウィーク中の議員外遊。沢山の議員がそれぞれの思惑で外国を訪問する中、先日のエントリーでは中国と韓国に御用聞きに出向いた山崎拓氏の動きを紹介しました。中国では『靖国に一般国民は参拝して良いけど首相はダメ』という噴飯モノの『区別論』を有難く拝聴し、韓国では国立追悼施設建設が『韓国の納得できる形で進んでない』と叱責されるという醜態をさらした山崎氏。

 わざわざ内政干渉されに行くような山崎氏の外遊に対して、私は外に出るな!としか言えないわけですが、野党からも山崎氏と同じような事をしに出かけた政治家がおられます。こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用)

「独島問題は日本の歴史認識の問題」韓首相
2006/05/03 21:07
【ソウル3日聯合】韓明淑(ハン・ミョンスク)首相は3日、独島領有権をめぐる日本の挑発行為に関連し、「独島問題は領有権の問題だけでなく、日本の誤った歴史認識の問題」と指摘した。総理室関係者が伝えた。

 政府庁舎を訪問した日本の鳩山由紀夫・民主党幹事長と会談し、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の韓日関係特別談話の背景を説明した席で述べたもの。靖国神社参拝については、「度重なる要請にもかかわらず、小泉純一郎首相が毎年参拝を強行していることは深い遺憾」と述べ、民主党の協調を求めた。

 これに対し鳩山幹事長は、独島問題のために、韓国民が再び日本から侵略を受けるのではと考えていることは日本の外交的失策と指摘、「すべての領土問題は根本的に歴史から始まる。日本側が歴史的事実をより正確に理解するよう努力する必要がある」と述べた。また、小泉首相の靖国神社参拝に問題があると指摘した小沢一郎代表の発言を紹介し、A級戦犯を分祀(ぶんし)するべきだと主張した。

 韓首相と鳩山幹事長はこのほか、サハリン在住韓国人、日本軍の慰安婦問題など、韓日間の懸念について意見を交換した。


 こいつは・・本当にクズですね。なに?韓国がわざと竹島問題と歴史問題を混同している事を指して『日本側の外交的失策』だと?あのな、そもそも事の発端はEEZという公海上での調査だった。それを竹島領有問題に結びつけて、かつ国際法で日本と争って勝てないから、多少なりとも効果が見込める歴史問題を持ち出してるのだ。何をお追従してんだよ!

 それに『日本側が歴史的事実をより正確に理解するよう努力する必要がある』ってお前は真性のバカか。歴史的な事実をより正確というか、少しでも良いから理解する必要があるのは韓国側だろうが。あれか?日本の竹島領有に関する歴史的事実は、韓国側の誇張、ねつ造何でも来いのソレよりも根拠薄弱だとでも言うのかね。というか、本当に日本の領土だと思ってますか?鳩山さんよ。

 んで?小沢代表の発言を紹介し『分祀するべきだ』ってなんだよ。本当に分祀と言ったのなら、これ以上ないほどのバカっぷりですね。小沢さんは霊璽簿からの抹消と言ったのであって、分祀とは言ってませんよ?代表の発言を捻じ曲げてどうする。それは置いといても、分祀にせよ霊璽簿からの抹消にせよ、出来もしないことを出来ると軽々しく放言するんじゃない!

 政府を攻撃するためなら、何やっても良いのか?国益を損ねようが内政干渉されようが、お構いなしなんですか?歴史認識がどうのと言われれば、領土も譲って宗教に手を突っ込むんですか?愚かにも程があるわ!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:小沢&中曽根は無理問答をやめろ
関連エントリー2:日中友好 なんと空疎なスローガン
関連エントリー3:山崎拓(変態仮面)は外遊するな
スポンサーサイト

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

韓国の逃げ切り作戦を阻止せよ!
 なぜ国際司法裁判所に出て決着をつけないのか・・こんな疑問に対して、韓国政府関係者が『裁判の結果が100パーセント確信できないので避けるのが望ましい』と自信が無い事を吐露し、また韓国外交部の柳次官は、国際法廷の場に出ることになる可能性は排除出来ないとし、『研究のピッチを上げて、実効的に対応できる証拠を固める』と、現段階で法的に日本と対抗するに足る証拠を持っていない事を暴露した・・そんなニュースを以前のエントリーで紹介しました。

 これから領有の根拠を作るとも取れる柳次官の発言ですが、その後、何か動きはあったのでしょうか。まず、こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用)


外交通商部次官「5月末か6月初めにEEZ交渉へ」

2006/05/04 08:41

【ソウル4日聯合】外交通商部の柳明桓(ユ・ミョンファン)第1次官は4日、日本と排他的経済水域(EEZ)境界の確定交渉が今月末か6月初めに再開されるとの見通しを示した。現在、日本側と日程を協議中だという。ラジオの時事番組で明らかにした。韓日EEZ交渉は2000年から中断していたが、日本の東海水路測定問題をめぐり先月21~22日に日本外務省の谷内正太郎事務次官と協議した際、早ければ5月中に再開することで合意している。

柳次官は韓国式の東海海底地名の登録申請について、国際水路機関(IHO)海底地名小委員会が開かれる6月で終わる問題ではなく、準備ができればいつでも可能で、6月という時期にこだわる必要はないと強調した。地名登録は「交渉カードになりえない韓国の当然の権利」で、韓国式地名を登録する方針に変わりはないとした。その上で、IHO海底地名小委員会のメンバーと協議するなど、事前の地ならし作業が必要との考えを示した。

独島領有権に関しては、「独島は国際法的にわが領土で、われわれが警備、支配、領有していることが最も重要」と述べた。時間がたてばそれ自体が法定根拠になるとしている


 なんだ?この矛盾に満ちた『独島は国際法的にわが領土で、われわれが警備、支配、領有していることが最も重要』で、『時間がたてばそれ自体が法定根拠になるとしている』ってのは・・。結局、よりどころは『実効支配(不法占拠)』しかないってことですね。時間がたてば~ということは、今の段階では法的根拠になってないと言ってることと同じだと思うわけですが、そうなると『国際法的にわが領土』とは言えないんじゃないの?

 まあ、支配を続ければ『将来的に』法的根拠になるかもしれないという話は、いくつかの条件が揃えば、という前提が必要ですが、間違っているとは言えない。まず『紛争地域』ではない事が条件になるかと思いますが、一方的な李承晩ライン設定以降、韓国は日本の漁船を拿捕したり、漁師を拘束、さらに殺害までしてますから、今でも紛争地域として見ることは出来る。

 が、日本政府が殆どアナウンスしてないこともあって、国際的に知られていない事がイタイ。今からでも遅くないので、韓国側の非道を大々的に宣伝すべき。紛争地域として認められれば、実効支配=法的根拠にはなりませんから。

 次に、日本で島根県が『竹島の日』を作ったり、教科書に『竹島は日本領土である』と記載されるというだけで、韓国側が猛反発することに『何をそんなに怒ってるのか?』と疑問に感じた方も多いかと思いますが、あれも韓国側の作戦の一環なのです。

 韓国が言ってるのは『竹島の領有の主張をするな!』ということであり、日本が領有の主張をしないとなれば、領土を奪還する意思無しとみなされてしまう。で、ギャアギャアと五月蝿く『ドクトは我々の領土~!』なんてやってるのは韓国側ですから、外から見れば黙ってる方よりも、五月蝿い方に理があるように感じてしまう、と。だから日本に黙れ!黙れ!と五月蝿く言うんですね。

 韓国の大反発を恐れに恐れていた、一昔前の日本政府が相手では、韓国側の作戦も『ある程度』成功していましたが、今は明らかに違ってきた。韓国側の行為を『不法占拠』という表現に統一したことなどは、その一例だと言えます。が、まだまだ十分であるとは言えない。

 要は日本が領有の主張をし続けているという事、平和的な手段で領土奪還の取り組みをしている事をアピールすれば良いわけですから、島根県の竹島の日を国の記念日に格上げしたり、取り組み方を北方領土へのものと同等にしたり、国内はもちろん、国外でも『竹島は日本領土である』というアピールをすれば良い。そうすれば、韓国側の時間稼ぎ&逃げ切り作戦は阻止出来るんじゃないか・・と私は考えます。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国の竹島領有の根拠ってなあに?
関連エントリー2:韓国 領有の根拠は今から作る!

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。