管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山崎拓(変態仮面)は外遊するな
 先日訪中し、小泉首相の靖国参拝について『一般の国民は参拝して良いけど首相はダメ』と、中国の内政干渉なんのそので傲慢極まりない区別論を有難く拝聴してきた山崎拓氏。続いて、もうひとつの傲慢極まりない『あの』隣国を訪問したようです。こちらをご覧下さい。(NIKKEI NETから以下引用)

韓国外交通商相「日米韓の連携強化を」・山崎氏と会談

 【ソウル=峯岸博】自民党の山崎拓氏は2日、ソウルで韓国の潘基文(バン・キムン)外交通商相と会談した。潘氏は北朝鮮を巡る6カ国協議の再開に向け、「日米韓の連携を緊密にすることが重要」と指摘した。11日から東京で開く3カ国の局長級の政策企画協議で関係強化を話し合うとの見通しを示した。

 山崎氏らが推進する靖国神社に代わる国立戦没者追悼施設建設構想について潘氏は「韓国が納得できる形で進んでいない」と不満を表明。山崎氏は会長を務める超党派の議員連盟「国立追悼施設を考える会」が6月に中間報告を発表することを明らかにした。<後略>


 あらあら。韓国の納得できる形で進めよ!と厳命されて、『6月に報告に参ります』ですか。はあ、だれかこのオッサンを止めてー!!・・中国の区別論もそうですが、日本人が日本人を慰霊する行為に、なぜ外国人である中国人や韓国人が納得出来る形にせねばならないのか。この変態オヤジじゃなかった山崎氏は、潘外相との会談でこんな事も言ってます。

小泉純一郎首相が中国、韓国からの靖国参拝中止要求を「内政干渉」としている点について山崎氏は、「小泉首相と同じ考えだが、中止要求が内政干渉ではなく外交問題だとする認識にも同感だ」と、中韓両国に理解を示した。(西日本新聞)


 おいおい、どこが『小泉総理と同じ考え』なんだ?内政干渉は突っぱねるんだよ!『外交問題だとする認識にも同感だ』って、頭イカレてるんですかね。あなた反対の事を言ってますよ。『両方の認識に理解を示す俺って素敵?』とでも言いたいんでしょうか。気持ち悪りい。

 どこそこに気に入らない場所があるから行くな!とか、お前らのやり方が気に入らないから変えろ!とか、こんな事を一々聞いてたらキリが無い。そんな事だから中韓は調子にのって、日本の憲法改正にも口を挟んでくるのだ。自民党が改憲に踏み切る際、まさか中韓に草稿を持って行って『これでどうでしょうか?』なんて、まさかまさか聞くんじゃないだろうな?いや、山崎氏ならやりかねない。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:盧武鉉大統領 『内政干渉ってなに?』
関連エントリー2:日中友好 なんと空疎なスローガン
スポンサーサイト

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

韓国 それでも将軍様サランヘヨ
 拉致、核、ミサイル、麻薬などなど、様々な問題が指摘されている北朝鮮。特に核、ミサイル問題は安全保障上の脅威として認識され、米国をはじめ北朝鮮の周辺国が問題を解決しようと作られた6カ国協議の枠組み。ところが、一向に核、ミサイル問題は解決どころか進展もせず、北朝鮮はのらりくらりと逃げ回るばかり。

 そこで米国が目を向けたのが麻薬、武器輸出に絡むマネーロンダリング問題。北の不正な資金獲得をストップするべく金融制裁をかけ、資金源を断たれた北朝鮮は干上がる寸前。続いて、これまで重要視されてこなかった拉致問題が浮上し、先日は拉致被害者家族の横田さんらが米国での公聴会で証言を行い、ブッシュ大統領との会談も実現するなど、人権問題で圧力が強まる事は間違いない。

 昨日のエントリーでは、このように『山』が動きつつある現状に、北朝鮮を刺激したくない一心で目をそむける韓国政府に対して、米国が『警告』を発しているニュースを紹介しましたが、もうひとつの『警告』、それに対する韓国政府の反応をご覧頂きたいと思います。こちらをどうぞ。(朝鮮日報から以下引用)


【社説】レフコウィッツ特使の一言に気色ばんだ韓国政府

 米国のレフコウィッツ北朝鮮人権特使が4月28日付のウォールストリートジャーナルに寄稿し、「一部の国の政府がまともに監視もしないまま大量に援助を行っているのは、北朝鮮の政権維持を助ける者だ。開城工団で事業を行っている韓国企業が北朝鮮の労働者に支払っている2ドル以下の日当も、労働者にちゃんと渡っているかどうか定かでない」としたことについて、韓国政府の当局者は30日、「偏った見方であり、内政干渉」と反論した。

 これとは別に統一部も論評で「北朝鮮に対する人道的な支援を否定することは北朝鮮住民の厳しい状況に見て見ぬふりをするもので、反人道的・反人権的な態度であると同時に一方的すぎる姿勢だ」とした。<中略>

 韓国政府の関係者らがレフコウィッツ特使に向けて発した「偏った」「反人道的」「反人権的」「一方的」などの表現の数々は、国際社会では敵対国家間くらいでしか使われないものだ。泥仕合の絶えない政界でですらこうした刺々しい表現を用いれば敬遠されるのが落ちだ。

 しかも、韓国政府がまるで昔から北朝鮮住民の面倒を見てやって来たかのように突然「反人権」「反人道」を口にし気色ばんでいる様子は、コメディー以外の何物でもない。米国は北朝鮮の人権問題を強調し、韓国政府は後回しにしなくてはならないとし、互いに  しているというのは誰もが知っていることだ。昨年末、レフコウィッツ特使がソウルを訪れた際、統一部や外交部の長官が会わなかったことも、そうした事情からだ。

 韓米関係が、一方はメディアを通じ公に相手の政策を批判し、もう一方はその一言に過敏に反応して言いたい放題にぶちまけるような状況に至ってしまったなら、いったいこの先にはどんな事態が待っているのか、心配な限りだ


 偏った見方であり、内政干渉だ!と、脊椎反射してますが、日本に対する『妄言だ!』と同じで、痛いところを突かれてしまったが故の強弁ですね。で、人道的な支援を否定することは云々と言って韓国の統一部が怒ってますが、食糧支援などをしたところで、本当に困っている人民には行き渡らず、肥え太るのは金正日ら支配者層と軍部だけってのは周知の事実。

 にもかかわらず支援を続けるという事は、人道的では全然なく、単に金王朝を助けてるだけ。こんなのは当たり前の指摘なわけですが、韓国政府は猛反発。朝鮮日報が『コメディー以外の何物でもない』としていますが、まさにその通りで実に滑稽だ。

 人権問題を作り出しているのは、他でもない金正日ら支配層であり、それらを排除しない限り人権問題は解決しない・・という事で圧力をかけていくわけですが、未だに『太陽政策』という白昼夢から目覚めない韓国。とはいえ、さすがに北を擁護してばかりではマズイと思ったのか、これまで見向きもしなかった北の人権問題を考える『北朝鮮人権大会』に『初めて』人権大使を派遣し、何やら演説を行うようです。どんな事を喋るんでしょうか。(朝鮮日報から以下一部引用)

韓国は「北朝鮮人権大会」で何を説明するのか

第7回北朝鮮人権大会に初めて人権大使派遣する韓国(下)

◆ 韓国政府の立場

 朴景緒人権大使はこの日記者の電話取材に「韓国政府も北朝鮮の人権に関心はあるが、対処方法に違いがあるということを説明する予定」と語った。北朝鮮の人権についての政府の立場は変化していないという意味だ。

 朴大使は「人権は当事者の問題だ」とし、「北朝鮮が自ら問題を解決できるような雰囲気を作っていかなければならないという点を強調する考え」と話した。朴大使はまた「北朝鮮が劣悪な人権環境にあることは確かだが、北朝鮮をリング上で追いつめて攻撃的に批判したところで問題が解決するわけではない」とし、「さしあたっては食糧問題などを解決することが人権問題の最優先課題」と語った。

 しかし朴大使は国際社会が北朝鮮の人権問題を扱うことについて「(われわれが)学ぶべきことは多い」とし、以前とはやや異なる姿勢をのぞかせた。朴大使は昨年1月に開かれたあるセミナーで「国連にすら北朝鮮の人権問題を悪用している面がある」としていた。<後略>


 呆れた・・北朝鮮を非難するポーズくらいはとるのかと思いきや、食糧支援を訴える、と。『北朝鮮が自ら問題を解決できるような雰囲気を作っていかなければならない』ってなんだよ。そんな試みは、ここ10数年の間に完全に失敗してるだろうが。北朝鮮は拉致した外国人はもちろん、自国民をも『人質』にとってカードにしてきたのだ。もういいよ、北と一緒に潰されちまえば良い。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 追い詰められる北朝鮮に翻弄される国
関連エントリー2:北と中韓は同罪 『金王朝の延命を阻止せよ』
関連エントリー3:韓国 悪の枢軸入り決定!?

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。