管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 信じない者は無知蒙昧の愚民
 戦前は開戦を煽りに煽り、戦中は戦意高揚のために国民を煽り、戦後はソ連、北朝鮮、中国など共産主義国家を賛美。数千万人が命を落とした中国の文化大革命を礼賛し、実際は地獄であった北朝鮮を『地上の楽園』と持ち上げるなど、いつの時代も間違った事を書き続ける朝日新聞。そんな朝日新聞が社説にて、東京裁判について何やら物申したいようなので、ご覧頂きましょう。(asahi.comから以下引用)

開廷60年 東京裁判を知ってますか

 日本の戦争指導者を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)が開廷してから、3日でちょうど60年になる。

 米国などの連合国が日本の侵略戦争を断罪し、政治家や軍部の責任を問うたこの裁判は、2年半に及んだ末、25人が有罪とされ、東条英機元首相ら7人が絞首刑になった。

 この7人に加え、判決前の病死や服役中の獄死を含め、14人がのちに戦死者とともに靖国神社に合祀(ごうし)された。小泉首相の靖国参拝で議論になるA級戦犯とは、この裁判で裁かれた指導者のことだ

 ここ数年、首相の靖国参拝と絡めて裁判の正当性を問い直す声が出ている。

 東京裁判に批判があるのは事実だ。後からつくられた「平和に対する罪」や「人道に対する罪」で裁くのはおかしいという指摘がある。原爆投下など連合国側の行為は問われず、判事団は連合国側だけで構成された。被告の選定基準はあいまいで恣意(しい)的だった。

 一方、評価もある。日本軍による虐殺や関東軍の謀略などが裁判で初めて明るみに出た。ナチスを裁いたニュルンベルク裁判とともに、戦争というものを裁く国際法の流れの先駆けともなった。

 こうした否定、肯定の評価が入り交じった東京裁判をどう受け止めるべきなのか。戦後に生きるわれわれにとって難しい問題であるのは間違いない。

 はっきりしているのは、政治の場で裁判の正当性を問い、決着を蒸し返すことの現実感のなさである

 あの裁判は、戦後日本にとって二つの意味で線を引く政治決着だった。

 国際的には、51年のサンフランシスコ平和条約で日本は東京裁判を受諾し、国際社会に復帰を果たした。平和条約は締約国の対日賠償を基本的に放棄することもうたい、それとセットで日本は連合国側の戦後処理を受け入れたのだ。

 国内的には、A級戦犯に戦争責任を負わせることで、他の人を免責した。その中には、昭和天皇も含まれていた

 裁判は不当だという立場を貫くなら、あの戦後処理をやり直せと主張するに等しい。講和を再交渉し、米国をはじめ世界の国々との関係も土台から作り直す。そして戦争犯罪は自らの手で裁き直す。

 こんなことが果たして可能なのだろうか。裁判の限界を歴史の問題として論じることはいい。だが、言葉をもてあそび、現実の政治と混同するのは責任ある政治家の態度とは思えない。裁判を否定したところで、日本の過去が免責されるわけでもない。

 朝日新聞の最近の世論調査で、驚くような結果が出た。聞かれた人の7割、とくに20代の9割が東京裁判の内容を知らなかった。そして、東京裁判や戦争についての知識の少ない人ほど、今の靖国神社のあり方を是認する傾向がある

 歴史を知らずして、過去を判断はできない。まずは歴史と向き合うこと。東京裁判60年を機会に、改めてその重要性を考えたい。


 何とも朝日らしい社説ですねえ。『東京裁判や戦争についての知識の少ない人ほど、今の靖国神社のあり方を是認する傾向がある』んですか。ふーん。まあ、朝日の世論調査は信用出来ないので、額面どおり受け取るわけにはいかないわけですが、要するに靖国参拝などに賛成してるのは『無知な若者であり、朝日の読者は物事を良く知ってるから反対しますね?そうですね?』ってことを言いたいわけね。

 進歩派が好むのは・・インテリが読むのは・・なーんて自分達で言って、朝日を読まない輩は無知蒙昧の愚民であると言わんばかりの態度を貫いてきた朝日新聞ならではの書き方ですね。信じるものしか認めないってか。なんかの宗教なのかね?朝日新聞ってのは。

 まあそれは良いとして、社説の内容を見ていきましょう。まず一言でいって、卑怯な書き方をするな!という事。東京裁判の『judgments(判決)』を受諾したことと、靖国神社へのいわゆる『A級戦犯』の合祀、また靖国神社への参拝は何の関係もない。

 東京裁判の諸判決文に、戦犯とされた人々を戦没者として慰霊してはならないという項目がありますか?ありませんね。サンフランシスコ講和条約締結時に、東京裁判で戦犯とされた人々を、長期間に渡って断罪しつづけなければならないとする条文が盛り込まれましたか?ないですねえ。

 で、いわゆる『A級戦犯』とされた人々の合祀を問題視して、東京裁判の否定に繋がるだの、過去を反省してないだのといって『混同』させてきたのは他でもない朝日新聞。そして、朝日と一緒になって靖国を攻撃するのは、東京裁判にもサンフランシスコ講和条約にも関わってない共産中国と韓国という可笑しさ。東京裁判を知らないから靖国に肯定的になるのだ!と言いたげですが、何ら関係ないわけです。

 死者に鞭は打たない、死んだらみんな仏になる・・というのは日本人の宗教観であり、そう考えると、処刑された人々を区別、差別せずに合祀するというのは、別に可笑しなことではない。死者に鞭を打ち続けるという宗教観は中韓のモノだ。

 それに、なぜいわゆるA級戦犯とされて処刑された事がおかしいのかといえば、朝日も『後からつくられた』と書いているように『事後法』で裁いたから。裁くために『新たな』罪を作った事は不当であるという話。判決を受け入れることと、裁判自体が正当であったか不当であったかを『検証』することは別の話だ。

 さらに言えば、検証したからといって、それが即座に『裁判をやり直せ』とはならないだろう。判決を受け入れたのは、独立する為に必要な事であった。裁判をやり直す必要はないが、総括として裁判がどうであったかを検証することは必要だ。そこから教訓を得るために。

 朝日新聞は検証・総括されて困る理由でもあるんですか?ああ、もし『戦争責任』例えば開戦の責任を問う場合、煽りに煽った朝日新聞が断罪されることは間違いないですもんね。『歴史を知らずして、過去を判断はできない。まずは歴史と向き合うこと』って、これやられて一番困るのは、朝日新聞なんじゃないの?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:民主党の行方 15 『いいぞ!野田国対委員長』
関連エントリー2:総裁選の争点は靖国ではなく中韓への外交姿勢だ
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

韓国 悪の枢軸入り決定!?
 先日訪米し、下院公聴会での証言、ブッシュ大統領との会談を実現した横田早紀江さん。公聴会では『日本国民、全世界の自由を愛する国民の総意で、怒りの態度を北朝鮮に示していただきたい(西日本新聞)』と訴え、拉致被害者の帰国がなかなか実現しない中、米国そして国際社会に経済制裁などを含む『行動』を求めました。

 公聴会に出席した議員からは、北朝鮮に対する圧力を求める声が相次ぎ、7月にロシアで行われるサミットにて、拉致問題を主要議題とするようブッシュ大統領に働きかけを行うことを表明(sankei web)。今回の横田さんらの訪米は、まさに大きな成果をあげたと言えますが、昨日、帰国後の報告を行うため、安倍官房長官を訪問しました。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)


横田早紀江さんら 訪米成果を安倍氏に報告
 アメリカから30日に帰国した横田早紀江さんら拉致被害者家族会の一行が1日、安倍官房長官を訪れ、訪米の成果を報告した。

 早紀江さんらは、アメリカ議会での証言やブッシュ大統領との面会など今回の訪米の成果について報告し、「日本としても国際社会の場で強力に問題解決に向け、交渉してほしい」と話した。

 これに対し、安倍官房長官は「アメリカとも協力しながら、拉致問題解決に向け、外交努力をする。国際社会の場でも圧力を高めていく」と応じた。

 また、横田さん夫妻が韓国を訪れ、めぐみさんの夫とされる金英男さんの家族と面会する日程について、早紀江さんは体調が万全でないこともあり、「急がずに調整したい」と話した。


 米国が拉致問題への取り組みに『意欲』を見せたとはいえ、やはり当事者である日本が、先頭をきって圧力をかける意思なくして問題は動かない。政府には国際社会への働きかけを強めると共に、もう一歩踏み込んだ対北朝鮮圧力をかけて欲しいところ。一刻も早い拉致被害者の救出のためには、強い圧力しかあるまい。

 さて、記事には先日DNA鑑定によって明らかになった、横田めぐみさんの夫である可能性が極めて高いとされる韓国人男性の名前が出てきますが、北朝鮮の人権問題に耳をふさいできた韓国政府は何をやってるんでしょうか。

 竹島問題が加熱する中、盧武鉉政権、政権与党は拉致問題へのカムフラージュとして、ことさら竹島問題での強硬姿勢を打ち出し、拉致問題の『山』が動きそうな気配を見せているにもかかわらず、相変わらず問題からは目を逸らしている。

 あまりにも拉致問題、北朝鮮の人権問題への関心が低いというか、ほぼゼロといっても過言ではない韓国政府の態度に、米国はブッシュ大統領と横田さん、そして脱北者らとの会談に韓国政府関係者、韓国の報道機関を参加させなかったようです(朝鮮日報)。口ばかりで実際は北朝鮮を擁護してばかりの韓国側に対するメッセージでしょうか。

 また、北から韓国へと逃げてきた人、いわゆる『脱北者』が北の人権弾圧などに反対する運動をしたという理由で、なんと韓国政府から政治弾圧を受けて米国に亡命申請した・・という仰天ニュースを以前のエントリーで紹介しましたが、動きがあったようなので、こちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)

脱北者の米亡命許可で韓米間に新たな火種?

 米ロサンゼルス移民裁判所が韓国国籍の脱北者ソ・ジェソクさんの亡命を認める判決を下し注目されている。ソさんは米移民局に亡命を申請したが断られた後、米人権団体ヒューマンライツの支援により移民裁判所で訴訟を起こし、先月27日に確定判決を引き出した。米移民局が控訴を放棄したためソさんの亡命は確定し、ソさんは 1年後に永住権申請手続きを取ることになるという。

◆ 韓国国籍の脱北者亡命は初めて 

 韓国国籍を持つ脱北者に米国亡命が認められたのは今回が初めてだ。軍事政権時代に政治的弾圧を理由に韓国人の亡命が認められた例があっただけ。外交部関係者は「イギリスや日本など民主主義国家の国民が米に政治的亡命をした例は記憶にない」と話す。

 今回の事件は、韓国が脱北者たちにとって政治的に危険な所という意味と解釈でき、韓国政府を困惑させている。政府当局者が30日、何の立場表明もできないまま「具体的に言及するだけの情報はない」との言葉だけを繰り返したのは、このためだ。

 米裁判所が判決文で「追放された場合、もし北へ送還されれば甚だしい人権弾圧を受ける可能性があることを積極的に考慮した」と述べたことについて、政府関係者らは「まったく理解できない部分」と述べた。<後略>


 はい、亡命決定~。『イギリスや日本など民主主義国家の国民が米に政治的亡命をした例は記憶にない』と。つまり、韓国は『あちら側』の国だということですね。竹島問題で気炎をあげている場合じゃないと思うんだけどなあ・・このままだと、次の『悪の枢軸』に認定されること間違いなし!?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国が反日をやめても日本が冷たい理由
関連エントリー2:盧武鉉政権への踏み絵

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。