管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国海洋警察は泥棒の味方
 竹島領有の根拠を少しでも作り上げたい・・このような思惑で、竹島周辺海域の海底地形に独自の名称をつけようとしていた韓国。今年6月にドイツで開かれるIHO(国際水路機関)の会合にて、名称を登録する予定でしたが、海保による海洋調査中止と引き換えに、今回は見送られることになりました(?)。

 領有の根拠を作る事とは別に、同海域の海底地形に日本式の地名がついている事も気にいらない。そんな理由もあるかと思いますが、なにやらイチャモンをつけていくそうです。こちらをご覧ください。(聯合ニュースから以下引用)

対馬盆地は正式名称ではない、海底地名委員が指摘
2006/04/27 09:58
【ソウル27日聯合】海底地名委員会のイ・ギソク委員は27日、ラジオ番組を通じ、鬱陵島・独島南側の海底地名が「対馬盆地」となっていることについて「歴史的な背景、大きさ、形態などが登録されておらず、不適格な名称だ」と指摘した。その上で、韓国が「鬱陵島盆地」の登録を要請した場合、国際水路機関(IHO)は不適切な部分を訂正する必要があると強調した。

イ委員はまた、対馬盆地登録の歴史についても触れ、「IHOが、特定の国家から登録要請を受けたのではなく、海図上に掲載された内容をそのまま掲載したものと推測される。名称の使用に関する正式な検討がおこなわれていない状態だ」と主張した。


 そこまで嫌がるか(笑)。しかしもの凄い執念だ。その熱意だけはかいましょう。この試みが成功するかどうかはわかりませんが、既についている名称を覆すのは難しいと思う。まあ、それでも諦めないんでしょうが。こういった動きを見る度に、韓国人の粘着ストーカーぶりに驚愕するわけですが、名称変更への執念はこれだけに止まりません。

 日本海には『大和堆(やまとたい)』と呼ばれる大変良い漁場があります。これは日本側EEZ内、そして新日韓漁業協定で決められた『共同管理水域』に広がっていますが、共同管理水域はもちろん、日本側EEZ内までが韓国の漁船によって荒されており、問題になっております(数日前にも韓国漁船の不法操業が問題に・・朝日新聞)。で、名前を変えれば違法操業しているという後ろめたさが消えるからなのかどうなのか、韓国はこの『大和推』という名称をもターゲットに・・(聯合ニュースから以下引用)


東海最大の漁場「大和堆」、江原道が名称変更推進
2006/04/27 13:27
【江陵27日聯合】江原道の環東海出張所は27日、東海最大の漁場「大和堆」を韓国独自の名称に変更する方針を固めた。

韓国の国土面積の3分の1(約3万600平方キロメートル)に達する大和堆は、暖流と寒流が交わる部分で、世界4大漁場の1つとされている。1920年代に、日本が水路を調査する際に使用した測量船「大和号」の名前を取り、大和堆と呼ばれるようになったとされる。

環東海出張所は「日本が付けた名前を今後も使用するのは不適切だと判断し名称の変更を決めた。日常的に使われている漁業関連の日本語も変更する方針」と話している。


 もう日本語が憎くって憎くって仕方ないといったところですが、漁業関連の専門用語も変更する、と。もう勝手にしやがれ!としか言えませんが、大和堆の呼び方を変えたからといって、違法操業が許されるわけじゃあない。あ、もしかして韓国では、人の物に名前を勝手につければ、盗もうが何しようが良いと思ってるんでしょうか。こんなニュースもあります。(聯合ニュースから以下引用)

海洋警察、日本EEZ内での漁業に注意促す
2006/04/27 19:01
【東海27日聯合】江原道・東海海洋警察署は27日、日本の排他的経済水域(EEZ)で漁業を行う国内漁船を対象に、日本による拿捕(だほ)を防ぐため事前教育を強化すると明らかにした。

海洋警察署によると、年初から現在まで、操業日誌の不携帯や記載漏れなどを理由に拿捕された国内漁船は4隻で、そのうち3隻が日本のEEZ内で摘発されている。日本の水路測量計画をめぐり韓日間の緊張が高まる中、拿捕など日本の強硬な対応で国民の感情がさらに高ぶり国際紛争に発展する可能性があるほか、担保金の納付で漁民の財産損失も懸念されるため、事前教育の強化を決めたという。


 なにこの斜め上。日本側に拿捕されない為の教育!?・・おいおい、その前に、日本側のEEZ内で勝手に操業しちゃあいけないし、拿捕されそうになるのはルール破ってるからだろ?それはおもいっきり違法操業ですから。違法操業をやめさせるというならまだしも、拿捕されないように教育って・・呆れた。心底呆れた。泥棒を助ける韓国海洋警察・・最悪です。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


外部参考リンク:フォトしまね 漁業関係者インタビュー
外部参考リンク:厳選!韓国情報様 パイレーツオブコリアン

関連エントリー1:日韓が一応の合意 『先送りは問題を大きくする』
関連エントリー2:韓国 約束反故は伝統文化?
関連エントリー3:韓国 これが真の瀬戸際外交だ!
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国 これが真の瀬戸際外交だ!
 一時は衝突寸前まで緊張が高まり、外交交渉によって一旦は矛をおさめた日韓両国。ところが、盧武鉉大統領の対日『超』強硬談話が発表されて以降、韓国では日本に対して中止を求めていた竹島周辺海域での海洋調査を行う事が発表されたり、見送ることで合意したはずの海底地形名登録に、可能性を残した発言が外交部の高官から飛び出すなど、挑発行為が相次いでいます。

 盧武鉉大統領は談話で『どのような費用、犠牲を伴ったとしても、決してあきらめたり妥協することはできない』と固い決意を述べ、自分で自分の首を絞めながら『ほら、譲歩しないと俺死ぬよ?』という、北朝鮮がよく使う瀬戸際外交を展開することを表明。その一環としてなのかどうなのか、何やら妙な行動に出ております。まずこちらをご覧ください。(聯合ニュースから以下一部引用)

「独島利用計画」最終調整、早ければ来週発表
2006/04/27 07:59
 【ソウル27日聯合】海洋水産部が27日に明らかにしたところによると、政府は早ければ来週にも「独島持続可能利用基本計画」を発表する予定だ。

 この計画は、独島とその周辺海域に対する体系的な管理・利用・調査対象と日程を示したもの。現在は500トン級船舶1隻のみの接岸施設拡充と探索路の補強、周辺海域の生態環境と海底資源などに対する定期調査、首都圏地域での独島博物館建設など、様々な独島保全・利用案が含まれている。

 海洋水産部・外交通商部・環境部・文化財庁など7官庁の長・次官クラスの高官で構成された「独島持続可能利用委員会」が11日に行った会議で骨子を策定し、現在は関連官庁が最終調整を行っている。 <後略>


 また竹島が穢されていく・・さらにゴテゴテと施設を作ったりするんですかね。実効支配(不法占拠)し、既に施設を作ったりしているので、これ以上何かを作ったところで何かが変わるわけではないのに、さらに施設を作る・・まったく理解不能な事をする人達です。まあ、色々とおっ建てておけば領有の根拠になるとでも思ってるんでしょう。

 で、この生態環境、海底資源に対する調査ってのが、なんと5月に行われるそうです(Yahoo ニュース)。これはもちろん抗議すべきですし、抗議してやめないようなら日本は中止した海洋調査を同時期に行えばよいと思う。前回の外交交渉では、6月末まで調査が出来ない縛りがありましたが、向こうがやって良くて、こちらがダメなんてのは通らない。

 日本が5月に調査するとなれば、この時期、韓国は選挙運動真っ最中ですから、強硬論で攻勢をかける盧武鉉政権、与党への揺さぶりに使える。選挙が終わるまで口だけにしておけば良いものを、わざわざ日本側にカードを渡してくれるとは・・有難いですな。

 竹島での施設建設、周辺での調査とは別に、韓国側はこんな組織も立ち上げました。(asahi.comから以下一部引用)

韓国、竹島問題で特別チーム 領有権主張を強化へ
2006年04月26日23時03分

 韓国の潘基文(パン・ギムン)・外交通商相は26日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が前日の特別談話で示した対応方針の具体化を図るため、外交通商省内に特別対策チームを作り、竹島(韓国名・独島)領有権主張を強化していく考えを示した。<中略>

潘外相によると従来、同省アジア太平洋局が中心だった竹島関連の対応を、次官補級をトップとする特別チームに移し、規模も拡大する。具体的な活動内容については今後、実務レベルで検討するという。

 大統領談話を受け、韓国では野党を中心に「具体的な解決策」の提示を求める動きが高まっており、特別チーム構想はこうした国内ムードを反映した面がある。ただ、竹島を実効支配している韓国としては、日本との対立が高まるほど紛争地であることを国際社会に印象付けてしまうというジレンマがあり、実際の対策作りは容易ではないとの見方もある


 また世界中に大声で『ドクトは我々のモノ~!』キャンペーンを開始ですか。というか、『だったら国際司法裁判所に行けば?』と言われるのがオチだと思うわけですが、騒がずにはいられないってところでしょうか。ただ、記事中にあるように、騒げば騒ぐほど紛争地域化への動きが加速するので、韓国は不利になるばかり。

 わかっちゃいるけどやめられない・・ってのが韓国側の現状だと思いますが、自分で自分の首をしめているだけなので、我々は気にする必要ありません。たまに『声』をかけてやるだけで、ますます自分の首を絞めて死亡に近づきます。例えばこんな風に。(西日本新聞から以下引用)

竹島「不法占拠」に不快感 日本政府方針に韓国高官

 【ソウル27日共同】日本政府が竹島(韓国名・独島)に関して、韓国の「不法占拠」との表現を徹底する方針を決定したことに対し、韓国青瓦台(大統領官邸)の幹部は27日、「対応する価値はない」と述べ、強い不快感を表明した。聯合ニュースが伝えた。

 幹部は「根拠もない主張にいちいち対応する必要を感じない」として、取り合わないと強調した

 一方、与党ウリ党のスポークスマンは「(日本が)独島を侵犯しようとしたことが計画的だったことを示した」と日本政府の方針を非難。野党ハンナラ党も「植民地支配からの解放以降、最も非理性的な妄言だ」と反発し、与野党とも断固とした対応を取るよう政府に求めた。
2006年04月27日11時49分


 ほーら。右手は『無視無視』と言ってるのに、左手は『断固たる対応を取れ!』と絞める手を強めています。強硬論を是とする世界では、より強硬な論が勝ちますので、『不法占拠と言うな!』とか、『あいつら不法占拠って言うんですよ』なんて世界中で言いふらすことになれば、紛争当事者ではない他国の人たちは『だから国際司法裁判所で話し合えば?』となる。

 日本政府が『不法占拠』という立場を鮮明にしたことで、今後、日本領土である竹島への主権侵害行為には逐一抗議することになるでしょう。ということは、その度に韓国側は爆発して何かをやらかす→国際社会が注目→紛争地域化→日本と武力衝突あるいは国際司法裁判所行きが避けられなくなる、と。

 嘘と妄想で固めた反日政策のツケは大きいですなあ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 飛んで火に入る何とやら
関連エントリー2:韓国 約束反故は伝統文化?

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。