管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盧武鉉談話雑感 『狂人と関わりたくない』
 竹島周辺海域への単なる海洋調査に過剰反応してしまった韓国。切り離して考えるべきであった領土問題、全く関係の無い歴史認識やら歴史教科書問題を一緒くたにしてしまい、問題をあらぬ方向へ導き、かつ極大化してしまっては後に引けなくなる・・こんなことを理解しているのかしてないのか、本日、韓国の盧武鉉大統領が『特別談話』を発表しました。まず、こちらをご覧ください。(聯合ニュースから以下引用)


「静かな対応」できない、盧大統領談話

【ソウル25日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、韓日関係に対する特別談話文を発表し、日本が独島に対する権利を主張しているのは帝国主義侵略戦争による占領地の権利、ひいては過去の植民地領土権を主張するものだと強く批判した。

 また、国民にとっては独島が完全な主権回復の象徴であり、日本が歴史を美化しそれに基づいて権利を主張する限り、韓日間の友好関係は決して成立しないと指摘し、どのような経済的な利害関係も、文化的交流もこの壁を溶かすことはできないと強調した

 先の独島周辺海域での日本の海洋調査と関係しては、排他的水域の境界が合意されていない状態で、日本が韓国側海域の海底地名を不当に先占しているもので、これを正していこうとするのは韓国の当然な権利だと主張した。その上で、独島問題もこれ以上「静かな対応」で管理することはできない問題になったと述べ、物理的な挑発に対しては、強力かつ断固とした対応していくとの考えを鮮明に打ち出した。また、そのためにはどのような費用、犠牲を伴ったとしても、決してあきらめたり妥協することはできないと述べた

 さらに、日本の指導者に対し、韓国に対し特別な待遇を要求するのではなく、国際社会の普遍的な価値と基準にあわせた行動を求めると主張した

 このほか、韓国が過去の歴史にもかかわらず、日本と善隣友好のために努力してきたと指摘し、互恵と平等、平和と反映という目標に向け大きな関係発展を実現してきたことを振り返るとともに、日本側に歴史の正しい認識と清算、主権の相互尊重という信頼が重要だとの認識を示した。その上で、日本側に世界平和に向けた「決断」を期待すると述べた。


 はいはい、国内用国内用、選挙用選挙用~・・とは思いますが、もういい加減、お付き合いする必要はないんじゃないでしょうか。見てください。竹島領有の主張を放棄しないと『韓日間の友好関係は決して成立』しなくて、他のどんな努力も『この壁を溶かすことはできない』んだそうです。日韓友好云々と言っては様々な努力をしてきましたが、全て徒労に終わりました。

 これで友好論者もわかったでしょう。何をしたって、何を言ったって無駄だってことが。盧武鉉大統領が望むとおり『国際社会の普遍的な価値と基準にあわせた行動』をとってさしあげましょう。竹島という日本領土を不法占拠し、一方的に引いた境界線を越えたという理由で日本の漁船を拿捕、漁師は拉致監禁のみならず殺害された。

 不法に占拠しているにもかかわらず、それを根拠として領海、排他的経済水域を主張する。これらに断固たる措置をとらなかったのは、ひとえに『特別扱い』してきたからだ。お望みどおり、特別扱いをやめて普通に行動してあげようじゃありませんか。

 国際社会の普遍的な基準と言えば、国際法があるでしょうが、日本が調査しようとしていた海域は日韓の主張が重なり合っているとはいえ公海であり、調査することは国際法上なんら問題ない。『どのような費用、犠牲を伴ったとしても、決してあきらめたり妥協することはできない』なんておっかない事を言ってますが、手を出してくる云々はまた別の話。

 国際法上なんの問題も無い調査に対して、韓国が国際法を無視して拿捕などの強硬手段を使ってくるなら、それはそれで国際法に則って対処すれば良い。日本が国際法を遵守する限り、何かをしてくる韓国側が全て悪いのであり、日本は何も躊躇する必要はない。

 この狂人大統領は『主権の相互尊重という信頼が重要だ』などといってますが、一方でこんなこともやってます。(NHKニュースから以下一部引用)

韓国が新たな海洋調査を計画

外務省の谷内事務次官が記者会見で述べたところによりますと、韓国政府は、日韓両国が領有権を主張する竹島の西側の海域について、ことし7月にも海洋調査を計画しており、日本政府に対し、「韓国の排他的経済水域内の調査で、日本とは直接関係がない」と説明しているということです。

これについて日本政府は「日本の固有の領土である竹島周辺で調査を行えば、日本の排他的経済水域が含まれる可能性が高く、両国の新たな対立の火種になるおそれがある」としています。そして韓国政府にこうした見解を伝え、計画を中止するよう求めています。


 ほらね?相互尊重する気なんて、さらさら無いわけです。日本に対して『やるな!』と言っておきながら、自分達はやる。これで自分達は国際社会での普遍的な態度をとってると思ってるわけです。韓国側は。つまり気が狂ってる。

 おかしなことを言ったりやったりしてるのに、日本がまともに取り合ったりするから、狂人は自分が狂ってる事に気付かない。早く気付かせてやるべきだ。大統領個人はもちろん、国全体が狂ってるって事を。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 どう足掻いても無駄な針のムシロ
関連エントリー2:盧武鉉大統領 『国際法なんか知るか!』
関連エントリー3:韓国に蔓延る妄想を退治せよ
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国 飛んで火に入る何とやら
 先週、一旦の先送りで騒動の幕を下ろした『竹島周辺海域調査』騒動。6月にドイツで行われるIHO(国際水路機関)の海底地形名登録に、韓国側が独自の提案を行わない事を条件として、日本は測量調査の中止を提案。韓国側は6月に提案すると明言したことはない、という前置きをしながらも日本側提案に一応同意しました。

 今回の騒動が収束したことについて、玉虫色の決着、一時的な策の水準、火種を残したなどなど、新聞各紙の論調は問題解決には程遠い結果に終わった事を伝えていましたが、5月から始まるEEZ境界の画定交渉に向けて、警鐘を鳴らしている韓国紙の社説を紹介します。こちらをご覧ください。(東亜日報から以下一部引用)


[社説]「挑発の天才」という日本に、またやられてはいけない

APRIL 24, 2006 03:22

韓国と日本は22日の外務次官協議で、日本は独島(トクト、日本名=竹島)付近の水路測量計画を中止して船舶を引き返し、韓国はその代わりに、韓国式海底地名登録を適切な時期に引き延ばすことで合意した。このような外交的辻褄合わせに対して、中国の京華時報は、「表から見れば『ウィン・ウィン』のように見えるが、実は日本が主導権を握り、日本に有利に流れた」と論評した。

日本は、韓国の地名登録をひとまず阻止したのだから成功であり、水路測量は歴史上行なったことがないため、「しなくても現状維持」という話だ。同紙は、「挑発された韓国は、武力も辞さないという姿勢で国際的な関心を引いたが、これも日本の独島紛争化の意図にはまってしまった」と指摘した

外交交渉の合意前に、日本系韓国人の保坂祐二・世宗(セジョン)大学教授は、「日本は挑発の天才だ」と話した。多くの内戦を経験した日本は、「戦う前の勝つための事前工作に緻密であり、今回の測量挑発も準備された挑発だった」と同氏はみている。

日本は、測量を完全にあきらめたわけではない。「6月末まで中止」という合意期限が過ぎれば、いつでも「2隻の船舶と外交官数人」という安い投資で挑発を再開する余地を残している。私たちの憂慮は、まさにここにある。

韓国は「挑発の天才」に対抗して、独島主権を堂々と守り抜き、韓日関係の大局を見つつ、総体的に国益を傷つけずに国際的にも支持される外交をしなければならない。5月から再開される排他的経済水域(EEZ)交渉が、その試金石になるだろう。 <後略>


 日本が挑発の天才!?うーむ・・とてもそんな風には思えないわけですが。日本がどうのではなくて、韓国が自然発火し、燎原の如く『勝手に』燃え広がっただけだと思う。あんなに敏感に反応しなければ、ここまで問題が大きくなる事も、国際社会で注目される事も無かったわけですから。まあ、日本にとって展開的に願ったり叶ったりという側面がないではないけれど。

 さて、そんな挑発の天才(?)日本に対抗するべく、策を練らなければならない、という趣旨の社説ですが、『独島主権を堂々と守り抜き、韓日関係の大局を見つつ、総体的に国益を傷つけずに国際的にも支持される外交をしなければならない』って、これまた無茶なことを言ってますね。竹島を不法占拠している分際で、存在しない主権を守りつつ国際的に支持を得るなんて無理ですから。

 で、その無茶な主張を実現する試金石となるのが、5月から始まるEEZ交渉だ、と。韓国側がどのような方針で交渉に臨んでくるのか、さっそく韓国政府が何かを臭わせる発表をしていますので、ご覧ください。(聯合ニュースから以下引用)

「EEZ基点に関する案が変わることも」当局者
2006/04/23 16:33

【ソウル23日聯合】外交通商部当局者は23日、東海の排他的経済水域(EEZ)の基点について、韓国が提示してきた鬱陵島を基点とする案を変える可能性があると述べた。

当局者は外交通商部での非公式会見で、「日本との交渉で2000年まで提示していた案があるが、有効とみるのは難しい」と発言した。韓国は1996~2000年のEEZ境界交渉で、独島の代わりに鬱陵島を基点とし日本の隠岐島との中間をEEZ境界線にしようと提案した。しかし、日本は独島と鬱陵島の中間を境界にしようとし、双方は対立していた

当局者は「過去の会談では基点問題が最も大きな内容だったようだ。現在、独島を基点とする問題を法律チームが検討しており、EEZ境界を確定する会談が始まれば、われわれの方針を改めて定め会談に臨む」と説明した。EEZ境界会談は、早ければ5月にも局長級を首席代表に開催される見込み。 <後略>


 飛んで火に入る夏の虫とはこの事です。領有権問題でギクシャクしないように、という知恵を絞って考えたのが、お互いに主張するEEZ境界の重なり合った部分を『共同管理水域』とした新日韓漁業協定だったのに、基点の問題を蒸し返すわけだ。

 その基点を竹島にするとなれば、当然、領有権問題が再燃する。竹島は日本領土であって、政府はこの点を譲るつもりなど一切無い。つまり、韓国『も』行っていた、単なる共同管理水域への調査活動が、図らずも竹島領有問題にダイレクトで到達するってことですね。有難いというかなんというか・・

 日本が調査活動出来ないように、EEZの境界を竹島を基点として押し込む方針で交渉に臨む・・木を見て森を見ずなんていう言葉がありますが、調査活動を排除しようとして、嫌で嫌で逃げまくっていた竹島の紛争地域化を招いてしまう。確かに、韓国側のこんな反応を見越した上での話しなら、日本は挑発の天才ってのは当たってるのかもしれない。本当は、韓国がされてもない挑発に乗る天才だと思いますけど(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国の竹島領有の根拠ってなあに?
関連エントリー2:韓国 どう足掻いても無駄な針のムシロ
関連エントリー3:日韓が一応の合意 『先送りは問題を大きくする』

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。