管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日韓が一応の合意 『先送りは問題を大きくする』
 先週、かなり話題になった竹島周辺海域での海保測量船の調査。結果的に測量船は調査を予定していた海域へ向かうことなく、外交交渉によって、今回の騒動は『一旦』幕を下ろすことになりました。

 合意(?)のポイントとなったのは、『6月の国際会議で韓国独自の海底地形の名前を提起しなければ、今回の調査を中止する』という日本側の提案に、一切妥協の余地が無いとしていた韓国側がどこまで歩み寄るか、という事でしたが、どんな内容だったのでしょうか。韓国側の報道を見ていただきます。(聯合ニュースから以下引用)

韓日東海EEZ交渉、早ければ5月に再開

【ソウル22日聯合】韓国と日本は22日、日本の東海水路測量計画から発生した両国の対立に関連し、午前から午後にかけ断続的に協議を重ねた結果、最終的に妥結に至った。

日本側は6月30日まで行うと予定していた東海海洋科学調査を中止し、韓国側は国際水路機構(IHO)への独島付近水域の韓国式地名登録を、十分な準備を経た後に適切な時期を見て行うことで合意した。また、今回の事態が東海の排他的水域(EEZ)の韓日間境界が確定されていないために発生した点を考慮し、早ければ5月中にも局長級の協議を行うとしている。

 韓日協議の韓国側代表を務めた柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部第1次官は、「日本側と昨日ときょうの2日間にわたり法的、政治的立場を説明し意見交換を行った結果、外交的解決を図った」と述べた。

 ただ、日本側は今回の探査を中止するというものでそれ以降については可能とする立場で、韓国側も地名登録を適切な時期に行うとしていることから、事実上いつでも登録は可能との意味合いを含むと思われる。今回の合意は一時的な策の水準と言えそうだ。政府は日本政府の特別な動きがなければ、6月にドイツで開かれるIHOでの地名登録は推進しない方針だ

 両国外交次官は、午前9時30分から午後3時まで協議を行ったが意見の調整がつかず、柳次官が公式記者会見を行い経緯を説明すると伝えられたが、2度の追加協議を経てようやく合意に達した。


 今回の合意は一時的な策の水準という聯合ニュースの分析に同意します。日本側の報道では『玉虫色の決着』という表題のものがありましたが、ハッキリ言ってしまえば、ほんの少しの時間だけ先送りしたに過ぎないと思います。

 韓国側は地名の登録について『適切な時期を見て行う』と、言っていますが、同時に『6月の国際会議で提案すると発表したことはない(読売新聞)』とも言っており、立場自体は何も変わっておらず、事前に日本が提案していた『相互通報制度』も拒否。問題の解決には程遠い結果だったようです。

 さて、今回の事態は日韓のEEZ境界が画定されていない為に起こったことであり、5月中に交渉に入る・・となっていますが、今回、海保が調査に入ろうとしていた水域は、日韓漁業協定で決められた『共同管理水域』。読んで字の如く共同で管理する水域ということですが、韓国側はこの水域で何度も調査していました。

 が、日本が同じことをしようとしたら、今回のように大反発が巻き起こってしまった。つまり、韓国側は『共同管理水域』であるとは思ってない。ということは、5月の交渉ではEEZの境界を韓国側の主張どおりに押し込むべく、大攻勢をかけてくるでしょう。

 この時期、韓国では地方選挙がありますので、政権与党側は日本との交渉を居丈高、かつ強硬な姿勢で行うことによって、支持を集めようとするのは想像に難くない。かなり高い確率で、韓国側は日韓漁業協定の破棄、あるいは共同管理水域の見直しを求めてくると思われます。

 そうとなれば、さらに調査に入ることが難しくなる。共同管理水域であると『お互い』に認めた上での協定があるにもかかわらず、この反応なわけですから、韓国側が共同管理水域を認めないという立場を鮮明にすれば、もっとうるさくなるでしょう。やはり今回、粛々と調査に入るべきであった、と悔やまれてならない。

 しかしながら、韓国側が立場を鮮明にしたところで、日本が調査をしてはならないと言うことではありませんので、うるさいのがもっとうるさくなる事を覚悟さえすれば、調査はできる。ただ、日本側の世論がもつのか、それが心配です。こんな新聞もあるくらいですから・・(毎日新聞から以下一部引用)

<前略>

◇日韓の不安定さ露呈

 今回の海洋調査問題は、竹島の領有権や過去の歴史認識をめぐる日韓の対立が東アジアの不安定要因であることを国際社会に印象づけた。

 特に日本政府は東シナ海のガス田開発や靖国神社問題で中国とも激しい非難の応酬を繰り広げ、米国や東南アジア諸国から懸念の目を向けられている。

 その中で、友好国だったはずの韓国との関係を「衝突」寸前まで悪化させたことは、東アジアのリーダーを名乗る資格を疑わせかねない。<後略>
毎日新聞 2006年4月23日 3時00分 【平田崇浩】


 どうですか?これ。完全に日本が悪いとなってます。国際法上なんの問題もない調査に対して、気が狂ったような抗議を繰り返した韓国は悪くなくて、狂人を怒らせた日本が悪いんだそうです。こんなんじゃあ、5月からの交渉がおもいやられますね。それに『友好国であったはずの韓国』って、一体いつの話なんだ?というか、そんな時期あったっけ?

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:毎日新聞は外患誘致がお好き
関連エントリー2:韓国 どう足掻いても無駄な針のムシロ
関連エントリー3:盧武鉉大統領 『国際法なんか知るか!』
関連エントリー4:韓国に蔓延る妄想を退治せよ
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。