管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 やることなすこと自爆です
 海上保安庁の測量船による竹島周辺海域での海底調査を巡って、かなり騒がしくなっているここ数日。測量船は未だ現地には向かわず、境港沖で待機中。事態を打開するべく外交交渉が続いています。今回というか毎度の話ですが、単なる調査活動なのに韓国側は大噴火して問題を極大化。

 一方、日本政府は調査自体を取りやめる気配はみせず、妥協案を韓国側に提示しつつも、決裂した場合は調査を粛々と進める意向を示しており、これまで、無理を通して道理を引っ込めてきた韓国側としては、対応に苦慮しているものと思われます。

 今回調査の対象になっているのは、日本と韓国の主張が重なり合っている海域であり、韓国側は同地域で何度も調査をしてきたわけですが、自分達は良くて日本はダメという、いつもの手前勝手な屁理屈をこねて日本を非難。が、EEZは公海であって韓国の領海ではないので、本来であれば日本の調査を実力で阻止することは出来ないし、やれば立派な国際法違反。

 ところが、強気一辺倒で日本の測量船を実力で阻止する!なんてぶち上げてしまった手前、いまさら拿捕は出来ませんでは韓国民は納得しない。そこで知恵を絞ったのかどうなのか、韓国政府はこんな手を打ってきました。こちらをご覧ください。(聯合ニュースから以下引用)

水路探査問題の国際裁判所行き、政府が排除宣言

【ソウル20日聯合】排他的経済水域(EEZ)境界や海洋科学調査をめぐる紛争が、日本の一方的な提訴で国際裁判所に持ち込まれることを防ぐための宣言書を、政府が18日にアナン国連事務総長に寄託していたことが分かった

 外交通商部が20日に明らかにした。この宣言書は、協約当事国の一方的な提訴による国際裁判所への紛争付託を可能とした、国連海洋法協約上の強制的な紛争解決手続きを排除しようとするもの。宣言書により韓国は、海洋法と関連する紛争のうち海洋境界の確定、軍事活動、海洋科学調査・漁業に対する法執行活動、国連安全保障理事会の権限遂行関連の紛争などに対する国連海洋法協約上の強制手続きからはずされたという

 国連海洋法協約を批准している国は現在149カ国。韓国は1996年に批准した。このうち、韓国を含む25カ国が強制的な紛争解決手続きの排除を宣言した。


 おお!あれだけ激昂、興奮した頭でよく考えましたね。なるほど、こんな手があったか。これで日本の測量船を拿捕しても、国連海洋法裁判所での調停は受けなくても良いって事ね。うーん・・でもね、だからといって公海上(EEZ)で政府の測量船を拿捕したり、攻撃したりしても良いってことじゃありませんよ?

 紛争解決手続きの排除宣言をしたところで、国際法違反には違いないし、もし手を出せば、韓国の排除宣言によって国際機関の調停が望めなくなるわけですから、日本と韓国で解決するしかなくなる。つまり、韓国は第3者を介した『平和的』な解決方法を放棄したという事です。

 韓国が拿捕などを強行したところで、日本は何もしないだろうという観測なのかもしれないが、それは甘いな。日本は確かに極めて武力行使がし難い国ではありますが、専守防衛の名の通り、手を出されたらやりますよ。というよりも、日本が平和的に解決を図ろうと裁判所に訴えたところで、韓国は批准を取りやめて裁判所の調停を拒否しているわけですから、こちらも力で行くしかなくなる。

 アホですねえ・・どうして勝手に自分を追い込んでいくんだろう。国際法に反している行為だとわかれば、キチンと国民に説明し、日本の行為は正当であるから騒がないように、と言えば良いだけなのに、為政者からして大爆発ですからね・・どうしようもないわ。

 ま、これで韓国ってのは、都合が悪くなったら国際法なんかクソくらえの信頼出来ない国、というイメージが国際社会で定着するでしょう。『北もキテルけど南も同じだねえ。やっぱ血は争えねえな』ってな感じで。当然、『国際法上も明々白々の韓国領土だ!』なーんて息巻いてる竹島領有の主張も、胡散臭い話として聞こえてしまう。ホンッットに自爆が好きなんですね、韓国の人って。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 妄想価値観の押し付け
関連エントリー2:韓国 もっともっと親北政策
関連エントリー3:盧武鉉大統領 『国際法なんか知るか!』
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国に蔓延る妄想を退治せよ
 19日に境港を出航したものの、悪天候や韓国側の猛猛猛反発などによって待機中になっている海上保安庁の測量船。外交ルートでの交渉が始まり、落としどころを探り合っている状況と思われますが、その途中経過はどうなっているでしょうか。まずこちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下引用)

韓国、日本の海洋調査取り止めを再要求

 【ソウル=福島恭二】韓国の聯合ニュースは20日、潘基文外交通商相が同日の大島正太郎駐韓大使との会談で、竹島周辺海域での海洋調査について、「韓国の主権に対する挑発行為」と強調し、調査の撤回を改めて求めたと伝えた

 また、韓国側が主張している排他的経済水域(EEZ)に海上保安庁の測量船が入れば、国際・国内法に基づいて強制措置などの断固とした対応を取るとする韓国政府の方針を伝えたという。

 また、韓国青瓦台(大統領府)の宋旻淳(ソンミンスン)統一外交安保政策室長は同日、韓国側が海底地形に関する国際会議で独自名称を提起しなければ日本側が調査を行わないという妥協案に関し、「(名称提起は)撤回しない」と述べ、受け入れない考えを示した。KBSラジオの番組で述べた。
(読売新聞) - 4月20日13時35分更新


 あらら・・韓国側は一歩も引くつもり無しですか。ただ、今回の調査は国際法上なんら問題は無いですし、いくら韓国側が突っぱねても、調査は行われると思います。麻生外相は不測の事態は避けたいとしながらも、調査は冷静に粛々と進めたいと述べており、韓国側が日本の提案を呑むしか選択肢は無いんだけどなあ・・(Yahoo ニュース共同)

 日本政府の提案は、韓国が国際会議に独自の海底地形名を提起しなければ、というものと、日韓が主張するEEZは重なり合っているのだから、調査する時はお互いに事前通報する仕組みを作りましょうというもの。この提案を呑んでくれれば、今回の調査は中止する・・そんな話でしたが、韓国は『我々の領土、領海なのに、なぜ通報しなくてはいけないのか』と反発しちゃってるそうです。(Yahoo ニュース読売)

 取り付く島も無いとはこの事ですが、今回調査に入る海域は新日韓漁業協定によって決められた『共同管理水域』です。そもそもEEZは領海ではないし、本来であれば、単なる調査活動に際して通報の義務もない。その証拠に、韓国は日本側の同意を得ることもなく、この海域で4回に渡って調査活動をしてる。

 韓国が調査する時は日本の意向など無視して強行し、日本が同様の調査をしようとすればダメだという。こんなものは共同でもなんでもない。一方的にすぎるじゃないか。それならば、公平にお互いが通報しましょうという提案なのに一顧だにしない。

 まあ、お国のトップからして、国際法で拿捕など実力行使が出来ない事を知るや『国際法なんか知るか!』と言い放ったり、日本側の調査を指して『国粋主義性向を帯びた政権が過去の侵略を正当化する行為』などと果てしなく妄想話が大きくなってしまう、かなり頭がイッちゃってる人ですから、落としどころがどこか、なんて理解できないんでしょうけど。

 そんなイカレた方が、またぞろ面白認識をご開陳なされたようです。こちらをご覧ください。(聯合ニュースから以下一部引用)


「侵略戦争で得た占領地の権利を主張」盧大統領

【ソウル20日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は20日、「いまこの時点で、過去の不当な歴史で取得した、侵略戦争で確保した占領地に対する権利を主張する人がいる。和解したいという言葉だけでは解決できない困難な状況だ」と述べた。ソウル・COEXで開かれた国家朝食祈祷会に出席した席でのこと。日本政府による独島近海水域での測量調査計画など、韓日間の対立構造を念頭に置いたものとみられる。


 はあ?竹島の編入は1905年ですよ?併合はその5年後の1910年。侵略行為って一体何の事だ?いつどこの誰と戦争をして、竹島を占領あるいは割譲を受けたというのか。この年代に戦争をしたのはロシア、その前は清でしたが、どちらも日本が何も出来ない朝鮮(韓国)の代わりに戦争したのであって、日本と朝鮮が戦争をした事実はどこにもない。

 もっと言えば、半島の併合だって全くの合法であって、当時、どこの誰からも侵略行為だと言われたことはありません。さすがは日本統治時代を全く知らず、韓国の歴史教科書『だけ』で教育を受けただけの事はあります。妄想で全てが完結してるんですね。

 とまあこんな感じなので、話し合いや国際法に基づいた正当な主張も全く通用しません。妄想の中に生きる人には、現実世界の辛さを思い知らせてやるしかないと思う。え?そんな事は織り込み済みだって?(sankei webから以下一部引用)

<前略>

防衛庁は「海上保安庁から支援要請はない」として、同日も特別な警戒措置は取らず静観している。同海域では海上自衛隊のP3C哨戒機が通常の警戒監視活動を行っている。

 舞鶴港(京都府)では海自護衛艦隊の集合訓練が18日から実施されており、イージス艦「ちょうかい」(長崎県佐世保基地所属)をはじめ、護衛艦など計22隻が同港に入港している。


 ああ、そういえば『偶然』同じ時期に、竹島に近い舞鶴に『偶然』海上自衛隊が集結してるんでしたね。しかも『偶然』イージス艦まで。うーん、偶然って怖いなあ(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国 反日のご利用は計画的に
関連エントリー2:韓国 どう足掻いても無駄な針のムシロ
関連エントリー3:盧武鉉大統領 『国際法なんか知るか!』

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。