管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 どう足掻いても無駄な針のムシロ
 先日、海上保安庁の測量船による竹島周辺海域での調査が発表されましたが当然、竹島の『た』の字を聞いただけで頭の血管が切れてしまう韓国側は猛抗議。『可能なあらゆる手段を動員して阻止する』考えを駐韓日本大使に伝え、拿捕などの強硬手段に打って出ることを示唆・・こんなニュースを先日のエントリーで紹介しました。

 韓国側の抗議を受けた日本政府の対応は、安倍官房長官の『国際法上の観点から何ら問題はない。韓国側が何らかの措置を行うことは受け入れられない』という落ち着いたもの。抗議が通用しないので、かなり韓国側は対応に苦慮していると思われます。

 韓国のマスコミは、いつもの調子で日本を非難したり、強硬手段に打って出ろ!と韓国政府に訴える内容の記事を書いていたところもありましたが、今回の措置を決定した日本政府の意図を分析したりする記事も目にしました。その中のひとつを抜粋して紹介します。(中央日報から以下一部引用)

【社説】日本の計画された挑発にきっぱりと対処せよ
<前略>

懸念されることは独島を領有権紛争地域として国際法で解決しようとする日本の執拗な意図に巻き込まれる可能性だ

両国が主張するEEZには重複された部分があることは事実だ。韓日漁業協定交渉でEEZの重なる部分が一部含まれた海域を「中間水域」と設定し、これによってその解釈が双方で食い違っている。

この問題を国際法廷に持ち込む場合、判決が韓国側に有利になると楽観するのは難しいという指摘もある

それだけ日本の挑発にはきっぱりと対処しながらも、この事案が国際法的問題に飛び火しないようにする知恵を発揮しなければならないだろう


 わははは・・韓国側は国際法で争えば不利というか勝てないことをやっと理解しはじめたようですね。が、『日本の挑発にはきっぱりと対処=拿捕』などの手段にでれば『紛争化』することは間違いないので、強硬策は諸刃の剣。で、『国際法的問題に飛び火しないように』気を使えば、何もしなかった!ということで韓国政府への不満が爆発する、と。つまり、どう転んでもヤバイわけだ。

 国際法上の竹島領有の根拠がないと理解しているのなら、その時点で白旗をあげて降参すれば良いと思うのですが、そうは問屋が卸さないのが韓国というお国。韓国の国際法の専門家とやらが、竹島問題の解決法について意見を出してますので、ご覧頂きましょう。(NAVERニュースから以下引用※韓国語)

韓国外大法学部の李長煕(イ・ジャンヒ)教授は17日、独島の領有権問題が国際司法裁判所(ICJ)に提訴される可能性などを考慮し、静かな解決を謀って来た政府の政策が変わらなければならないと主張した。

国際法の専門家である教授はこの日、MBCラジオ『ソン・ソクヒの視線集中』に出演し、最近日本が我々側の排他的経済水域(EEZ)内で海洋探査を計画するなどの、『独島争点化』を謀るような動きを見せた事に関連してこのように主張した。

彼は、「今後は我々の政策が変わらなければならない」とし、「これまで『静かな外交』と『無視政策』だったが、紛争水域化すると言っても我々が同意しなければICJは独島領有権の問題に対して管轄権を行使出来ない」と語った。

教授は引き続き、「政府が(独島問題に対して)愼重に長期的・総合的に行おうが、メディアや学者、市民団体などは日本の独島の歴史歪曲と、間違った主張に対して積極的に発言して世論を動かす必要がある」と付け加えた

彼は、「1999年に発効した新韓日漁業協定の最大問題は、島嶼(とうしょ)として独島の地位を無視し、岩石として見たせいで独島を基準に我々側のEEZを主張出来なかった点だ」と指摘した。

続けて教授は、「副作用もあるが、新韓日漁業協定を廃棄する事が望ましい」と言及し、「我々が交渉力を高める為に政府と民間が役割を分担し、日本の主張が間違っている事を国際機関に報告して、国民も分かるように続けて交渉力を高めなければならない」と語った。

訳文は2chから頂きました


 ICJ『国際司法裁判所』の場で争うことになると負けるので、日本の挑発に乗るな!と仰ってます。さすがは国際法の専門家ですね。韓国の竹島領有の主張は国際法上の根拠はないと認めてます。で、普通なら国際法で争って勝てない=領有の根拠が無いってことで韓国側が間違ってる!となるところですが、何やら別の方法を提案してます。その前にあのー、領有の確認をする上で、国際法以上に強力かつ確かなものってあるんですか(笑)?

 まあそれは置いといて、新日韓漁業協定の破棄を訴えていますが、一旦破棄した上で竹島を基点とした中間線を確定させようということでしょうか。でもね、何か忘れてませんか?日本政府が同意するとでもおもってるんでしょうか。

 再度協定の交渉に入るとなれば、韓国側はもちろん、日本だって向こうをはって竹島領有の主張を持ち出す。となれば、領有問題を解決しましょうICJで!ってことになるし、破棄したままで放置するなら、あちこちで問題が起きて『紛争化』します。この問題で国際司法裁判所を避けて通ることは出来ませんよ。

 先日のエントリーに『詰め将棋で詰んでる状態』であるというコメントを頂きましたが、どうあがいても無駄。日本は竹島領有の主張をしており、もちろん今すぐ韓国には『不法占拠』をやめて竹島から出て行って欲しいと考えていますが、第3者による『公正な』裁きを受けて決着をつけましょう、という極めて公平な立場を保っている。

 それに対して韓国は領有の根拠が危ういものである事が明らかになっても間違ってるのは日本だと言い、第3者を間に挟んだ話し合いの場にも出てこない。日本の何がどう間違っているのか、さっぱり理解できないわけですが。正当な領有権者であるというなら、ICJの場に堂々と出てくれば良いだけだろう。妄想や言いがかりで領土は獲得出来ません。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国の竹島領有の根拠ってなあに?
関連エントリー2:韓国 反日のご利用は計画的に
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

中国様 『お前らが悪いに決まってる!』
 日中関係悪化の原因は全て日本側にあり、日本はもっと自分自身に原因を求めるべきだ、と仰る傲慢極まりない中国様。自分のことは棚にあげて相手を非難し、のみならず隙あらば責任転嫁をしちゃうのが彼らの常套手段ですが、今度は日本のメディアを攻撃しております。こちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下引用)

1ページ使い日本メディア批判 中国紙が記事掲載

 【北京14日共同】14日付の中国有力紙、光明日報は「でっち上げや不誠実な報道によって、中日関係の健全な発展を阻害している」として、日本メディアを批判した特集記事を国際面の1ページすべてを使って掲載した。

 中国政府は最近「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書いている」(崔天凱外務次官補)などと、改善しない日中関係へのいら立ちの矛先を日本メディアに向けており、特集記事はこうした当局の意向を反映した内容だ。

 記事は、2002年5月、遼寧省瀋陽の日本総領事館に亡命を求めて駆け込んだ北朝鮮住民を中国の武装警官が連行した事件で、日本メディアが繰り返しビデオを放映したことを「日本人の対中感情を著しく悪化させた」と批判

 一方、04年4月に在大阪中国総領事館に街宣車が突っ込んだ事件を小さくしか報じなかった中国メディアを「中日友好の大局」に立ったと自賛した。
(共同通信) - 4月14日18時22分更新


 日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書いている・・ってあのー、プラス面よりもマイナス面が極端に多いので、そう見えるだけではないかと。それに、朝日など中国宣伝部の日本支所は定期的に中国様擁護を繰り返してますし、この報道が自由化されている日本で、明らかに偏った論説を披露するのは結構大変だったりすると思いますから、良くやってると褒めてやったほうが良いんではないの?

 で?瀋陽の日本領事館で起こった事件を繰り返し報道したことが『日本人の対中感情を著しく悪化』させた?その前に、あの事件は日本領事館という『日本の領土』に中国の武装警察が『侵入』し、脱北者を連行するという権力を行使したのが発端であり、これは力いっぱいの国際法違反。

 やっちゃいけないことを堂々とやった中国側の対応への批判もありましたが、もっと批判されたのは領事館員が抗議もせず、警官が落とした帽子を拾って渡した・・など、主権意識の無さに集中した事を記憶している。これが対中感情を著しく悪化させたとは言えないと思う。

 対中感情悪化が決定的だったのは、やはり昨年の反日デモでしょうし、サッカーアジアカップでの下品で粗暴な応援、キチ○イじみた日本叩きも大いに貢献した。どれをとってみても、日本側の報道が原因なのではなくて、中国側の『行為』が原因。

 まあ、日本メディアを攻撃することによって、中共の統制に従え!と言いたいのでしょうが、一部朝日などを除いて、そんなものは無理な相談だ。日本のメディアに責任を転嫁する前に、報道されて困るような『行為』をしなければ良いんじゃないか?

 最後に自国メディアを自賛してますが、そんな風に持ち上げると、ただでさえ自演が疑われてるのに、もっと疑いが強くなりますよ。さらにいえば、日頃から60年前の出来事をさも昨日あったかのごとく報道し、日本への憎しみを植え続けてる中国メディアが、対日感情悪化を懸念して報道を自粛したなんて誰も信じません。あしからず。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国様の味方が減ってきてます
関連エントリー2:中国と対話が成立するという幻想
関連エントリー3:中国外交部のニュースター劉建超報道官

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。