管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 反日のご利用は計画的に
 今朝のエントリー『盧武鉉政権を追い込め!』で紹介しました、北朝鮮問題の解決に向けて韓国を自陣に取り込むべく、日本政府が韓国側に圧力をかけているという動き。これまでのらりくらりと適当なことを言い、結局は北朝鮮を擁護してきた盧武鉉政権にとって、かなり厳しい状況になってきました。

 盧武鉉大統領と言えば、親北であると同時にラディカルな『反日』大統領として知られていますが、氏の対日政策『反日3点セット』の中には、日本に竹島の領有権を放棄させるというものがあります。が、韓国の『ドクトは我々のモノ~』ってのは妄想に基づくものであり、国際法上なんら根拠のないモノであることは周知の事実。(詳細は関連エントリー参照)

 これまで、居丈高に竹島領有を放棄しろー!と韓国の中心で叫び、ひとり悦に入っていた盧武鉉大統領でしたが、度をわきまえない反日、親北という敵対行為によって、ついに日本政府の堪忍袋の尾が切れたのかどうなのか、こちらをご覧ください。(Yahoo ニュース共同から以下引用)

竹島海域の調査中止要求 韓国が抗議、日本は反発

 【ソウル14日共同】韓国外交通商省の柳明桓第1次官は14日、大島正太郎駐韓大使を同省に呼び、日本が竹島(韓国名・独島)の周辺海域で海上保安庁の測量船による海洋調査を計画していると抗議し、即時中止を求めた。在韓日本大使館が明らかにした。

 安倍晋三官房長官は同日午後の記者会見で「国際法上の観点から何ら問題はない。韓国側が何らかの措置を行うことは受け入れられない」と反発した。

 竹島の領有権をめぐって日韓の対立が続いているが、文部科学省が2007年度から使用される高校教科書の検定で日本の領土と明記するよう求めたことも合わせ、今回の問題でさらに対立が深まる可能性が出てきた。
(共同通信) - 4月14日18時13分更新


 こんな計画があったとは・・ついに日本政府が竹島問題に手をつける時がきた。韓国側は教科書に『竹島は日本領土である』と載せただけで猛反発しちゃうお国柄ですから、当然のごとく反発しているわけですが、安倍氏の反論が良いですね。『国際法上の観点から何ら問題はない。韓国側が何らかの措置を行うことは受け入れられない』・・うーん、こんな言葉が日本の政治家、それも閣内から聞けるとは・・隔世の感があります。

 さて、安倍氏の発言の中にある『韓国側の何らかの措置』ですが、あちらではどんなことを言ってるんでしょうか。ご覧ください。(中央日報から以下一部引用)

日本海保調査船、韓国側EEZ無断調査を計画

日本海上保安庁所属の海洋調査船が独島(ドクト、日本名・竹島)近隣の韓国側排他的経済水域(EEZ)で海洋調査を行うと国際水路機関(IHO)に通報し、政府が対策づくりに着手した。

外交通商部(外交部)は14日、「他国のEEZ内で海洋測量をする場合、該当国の許可を受けなければならないが、日本側は韓国政府の許可を得ずに14日から6月30日まで韓国側EEZが含まれる海域で測量すると国際水路機関に通報した」と発表した。

外交部は「国連海洋法第246条には沿岸国の許可を受けない場合、該当国は調査を停止させることができ、国内法でも停船や検索・拿捕などが可能になっている」とし、「日本側が調査を行う場合、法に基づいて断固たる措置をとる」と明らかにした。

政府は午前11時、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で関係長官らが出席した緊急対策会議を開き、東海(トンへ、日本名・日本海)EEZ周辺水域の監視を強化することにした。

外交部の柳明桓(ユ・ミョンファン)第1次官は大島正太郎駐韓日本大使を外交部庁舎に呼び、「仮に日本が韓国側EEZ内で調査を強行すれば、可能なあらゆる手段を動員して阻止する考えであり、これに対する責任は日本側にある」と警告した。 <後略>


 可能なあらゆる手段を動員して阻止ですか。韓国側が言葉どおりやれば大変なことになりますね、これは。大体、竹島を『不法占拠』しているのは韓国ですし、当然、日本は韓国側が主張する中間線も認めてない。国内法が云々といって拿捕、あるいは攻撃なんぞすれば、先に手をだした韓国が非難されることは間違いない。

 これは竹島問題を進展させる大きな一歩になるかもしれません。韓国側が手を出してくれば非難は韓国にあつまり、手を出してこないにしても、かなり五月蝿く騒ぎ立てるでしょうから、国際社会でも注目されるでしょう。そうとなれば、韓国側が逃げ回って出てこなかった国際司法裁判所の場に引きずりだせる可能性も高くなる。

 惑乱して日本に攻め込んでくるという斜め上の行動も予想出来ますが、そうなればあっという間に日米によって消されるでしょうし、国際法で争って勝てる見込みもない。韓国の本音としては触って欲しくないというところでしょう。

 今回の日本政府の措置は、竹島問題を解決するという事とは別に、竹島問題でこれ以上突っつかれたくなければ、北朝鮮問題の解決に向けて日本と共同歩調を取れ!という脅しなのかもしれない。いずれにせよ、苦しいのは韓国側ばかりだ。

 さあて、いよいよ盧武鉉大統領の常軌を逸した親北朝鮮政策と、後先考えない愚かな反日政策のツケがまわってきました。どうするのかな?韓国側の対応をじっくり楽しませて頂きましょう。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国の竹島領有の根拠ってなあに?
関連エントリー2:韓国の嘘つき文化は深刻な病
関連エントリー3:韓国 盧武鉉政権に何を言っても無駄
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

盧武鉉政権を追い込め!
 日本側のDNA鑑定によって明らかになった横田めぐみさんの夫の素性。韓国から拉致された男性ではないか?と、以前から噂されていましたが、北朝鮮側は一貫して否定。しかし、噂どおり韓国から拉致された金英男さんである可能性が極めて高く、今回の鑑定によって『また』北朝鮮側の嘘が暴かれました。
 
 この動きを受けた韓国では、マスコミが一斉に報道。これまで、確たる証拠がないとして拉致被害者救出に消極的であった韓国政府は対応を迫られていますが、北朝鮮を刺激しない事が最優先の方針となっている盧武鉉政権が果たして動くのか。

 日本政府は韓国側に証拠を突きつけることによって、拉致問題への取り組みに消極的な姿勢の転換を求めると共に、共同歩調を取るよう圧力をかけています。その一環でしょうか、こちらをご覧ください。(NIKKEI NETから以下引用)

警察庁、韓国に協力要請・元工作員の聴取など

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(失跡当時13)の夫が韓国人拉致被害者の男性だった可能性が高まったことを受け、警察庁は13日までに、韓国治安当局に対し、めぐみさんの夫の拉致実行犯とされる元北朝鮮工作員の事情聴取も含め、拉致事件捜査への協力を要請した。漆間巌・警察庁長官は同日の記者会見で「拉致事件解明に韓国当局の協力は不可欠」と強調した。

 警察庁は近く、警備局外事情報部の職員を韓国に派遣、捜査協力の枠組みや具体的な内容について実務者レベルの協議を開く方針。 (07:00)


 良いですね。北朝鮮による工作活動の最前線である韓国の警察当局は、日本よりも北朝鮮の工作員、工作活動に関しての情報を持っているでしょうし、情報の共有ができるとなれば、捜査活動への一助になるでしょう。が、本当の意味での連携出来ればの話。

 韓国は警察に限らず、情報機関などが膨大な北朝鮮の工作活動についての情報を持っていますが、トップが『アレ』なので、情報を出さなかったり、なにかと妨害してくるかもしれない。この期に及んでこんな事言ってますし・・(西日本新聞から以下引用)

経済支援しても解決 拉致問題で韓国統一次官

 【ソウル13日共同】韓国の申彦祥統一次官は13日の定例記者会見で、横田めぐみさんの夫が韓国で拉致された金英男氏である可能性が高くなったことと関連し、「(北朝鮮への)経済支援などの費用が掛かっても韓国軍捕虜問題や拉致問題を解決する意思を持っている」と強調した。

 申次官は「韓国政府としても拉致問題を解決しなければならず、その至急性を認識しており、解決のために努力している」と強調した。

 また、韓国政府が既に外交通商省を通じて日本政府からDNA分析結果などを受け取り、韓国の法務省に渡したことを明らかにした。

 その上で「韓国政府自身で事実関係を確認する予定」として、韓国政府が独自に金英男氏の家族のDNA分析を行い、日本から受け取った分析結果と照合する考えを示した


 何がなんでも『太陽政策』です。自国民が拉致されたのに、北朝鮮に金をくれてやる事のほうが大事ですか・・韓国で北に拉致された人を『拉北者』と言いますが、韓国が金をいくら払っても北朝鮮は拉致被害者の存在すら認めてないし、韓国側が『拉北者』という言葉を使う事にさえクレームをつけてる。そんなんでよくも解決できるなんて言えるもんだ。

 まあ、このように盧武鉉政権ってのは狂ってるわけですが、日本側のDNA鑑定についてもケチをつけるかもしれません。韓国側は独自に事実関係を確認すると言っていますが、この調子では北朝鮮の言い分どおりに『日本側のDNA鑑定は信用できない』なんて言いかねない。そこでこのお方の登場です。(NIKKEI NETから以下引用)

麻生外相、第三国でのDNA鑑定も示唆

 麻生太郎外相は13日の参院外交防衛委員会で、韓国人拉致被害者、金英男(キム・ヨンナム)氏が横田めぐみさんの夫である可能性が高いとの結果がでたDNA鑑定について、第三国で改めて実施する可能性に言及した。外相は「今の段階で検査を依頼する考えは持っていないが、北朝鮮の対応、反応にもよる」と語った。 (22:01)


 わははは・・これって『北朝鮮の対応、反応による』と言ってますが、明らかに韓国側への牽制ですよね。嘘つくなよ~!って(笑)。この調子でドンドン盧武鉉政権を追い込んでください。麻生さんって、一本釣りも名人ですけど、追い込み漁も名人級かも。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:麻生絶対支持宣言! PART2
関連エントリー2:盧武鉉政権への踏み絵

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。