管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国様に生殺与奪を委ねる変態
 今朝のエントリーにて、中国の胡錦濤主席が訪中した橋本元首相などに語った『中国は他国を武力で威嚇する意思はない。覇権を唱えるような行動を取るつもりはない。これからも平和建設の道を歩む』という言葉を紹介しました。

 この胡錦濤氏の言葉がかなり疑わしいのは皆様ご承知の通りですが、今回のエントリーで紹介するのは東シナ海ガス田を巡る中国の動き。まずはこちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下引用)

中国が中間線越え調査 東シナ海、航空機で

 【ワシントン1日共同】日本と中国が対立している東シナ海のガス田開発に関連し、中国が今年に入り東シナ海の日中中間線を越えて複数回にわたり、目的を明かさないまま航空機を使った調査活動を行ったとして、日本政府が抗議していたことが1日、分かった。資源調査に向けた基礎的なデータ収集を行った可能性があるとみられている。日米関係筋が明らかにした。

 調査実施にあたり、中国は事前に通告した。日本は、調査の目的に関し情報提供を求めたが、そのまま調査を行った。日本は事態を放置すれば、自らの排他的経済水域(EEZ)内での中国の活動を黙認することになりかねないとして抗議に踏み切った。中国は回答していない
(共同通信) - 4月1日20時15分更新


 はい。東シナ海を友好の海にしよう!なんていうお題目を唱えながら、日本側からの再三の開発データ提供要求を拒否、一方的に開発を進めておきながら日本側の試掘には大反対。で、今度は日本側の抗議を無視して『調査活動』ですか。しかも日中中間線を越えて。

 相手側の動きは『友好』というお題目で抑えておいて、自分達は好き勝手にやり放題。これが中国の言う『協力』の実態です。これを中国で『協力』と言うのかもしれませんが、外の世界では『覇権主義』と言います。自分達の言い分だけを通そうとしているわけですから。

 そういえば、何をされても中国に抗議はせず、話し合いオンリーで協議を続行しようという大臣がいましたね。先日、麻生外相が、あまりの中国の横暴に対して『いつまでも黙っていないぞ』というメッセージを発信する意味で対抗措置を取る事に言及しましたが、この話し合いオンリー大臣は麻生外相に『不快感』を表明していました。こちらをどうぞ。(Yahoo ニュースから以下引用)


ガス田問題 二階経産相、麻生外相を批判 対抗措置発言を牽制

 二階俊博経済産業相は十九日、フジテレビの「報道2001」で、東シナ海の石油ガス田開発に関し、麻生太郎外相が対抗措置の検討を表明したことについて、「外相は慎重にやらなければならない。もし強硬にやるのが好きなら、どうぞ中国へ行って強硬にやったらいい」と述べ、麻生氏を批判した。

 さらに、「政治を担当している者は、(中国を)話し合いのテーブルにつける努力をしなければならない」と述べ、対話の継続を主張。「(国際会議で)つかまえてでも話をするぐらいのことをやったらいい」と麻生氏に注文をつけた。<後略>


 この二階氏が真にバカだと思うのは、中国が日中中間線ギリギリの場所で日本側の共同開発提案を無視して開発を『強行』していたり、日本側の抗議があったにもかかわらず、日中中間線を越えて調査活動を『強行』したことには何も言わず、麻生外相が単に日中中間線の『日本側』で、かつ本格的な開発ではない『試掘』に『言及しただけ』で麻生外相を『強硬だ!』と決め付けている事だ。

 わかり易く言うなら、暴漢(中国)に襲われ、一方的に殴られてる方(日本)に向かって『抵抗するな!』と言ってるのと同じだ。殴られている方が抵抗する力を持っていないなら、じっと耐えるのも一つの手かもしれない。が、日本は抵抗する力を持っている。

 話し合いが通じない暴漢に襲われ、何もしなければどうなる?その暴漢が惑乱していたら?死ぬまで殴られるでしょうよ。二階氏の態度は『生きるも死ぬも暴漢様の御意に』というものであり、恫喝、恐喝を武器にユスリタカリを生業としている者にとっては、まさにネギを背負った鴨だ。

 それに、二階氏は中国と『話し合い』とやらが出来ることを自慢したくって仕方ないようですが、相手の言い分『だけ』を聞いてくるのを『話し合い』とは言わない。麻生氏に向かって『悔しかったら中国で言ってこいよ!』なーんてバカにしたような気になってるのかもしれない。だが、バカはお前だ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:麻生外相 『これが外交だ!
関連エントリー2:中国 対中姿勢にみる閣内の貴賤
スポンサーサイト

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

朝貢訪中隊 愚かとしか表現できない
 先月31日、訪中している橋本龍太郎元首相などが中国の胡錦濤主席と会談しました。訪中前、中国側は橋本氏などとの会談で発表する『重要講和』に靖国参拝への言及を盛り込まない、という方針が漏れ伝わっていましたが、どんな会談だったのでしょうか。まずはこちらをご覧ください。(中国新聞から以下引用)

参拝やめれば会談応じる 靖国問題で中国主席 '06/3/31

 【北京31日共同=倉本義孝】日中友好議員連盟など日本側友好七団体の代表団(団長・橋本龍太郎元首相)は三十一日午後、中国の胡錦濤国家主席と北京市内の人民大会堂で会談した。胡主席は小泉純一郎首相の靖国参拝について「A級戦犯が祭られている靖国神社を日本の指導者がこれ以上参拝しなければ、首脳会談をいつでも開く用意がある」と表明した

 この発言について、唐家〓国務委員(前外相)は会談後の代表団との夕食会で「これからの日本の指導者に対しても述べたものだ」と指摘した。

 同時に、胡主席は日中関係について「争えば双方が崩れる。友好を大きく発展させることが両国の利益に合致し、アジアの平和にも貢献する」と、関係改善に意欲を示した。対日重視の姿勢をアピールすることで、関係悪化に一定の歯止めをかける狙いがあるとみられる。

 胡主席は、小泉首相の靖国参拝について「中日両国の関係、基礎を大きく損なった。戦場で亡くなった人のために一般の日本人が靖国に行くことと、日本の指導者が行くのは別だ。(首相の)個人的な気持ちもあるだろうが、被害国の国民の気持ちも尊重しなければならない」と批判した。

 橋本氏は「日本に対するメッセージとして受け止める。率直な意見に感謝する」と述べ、野田毅元自治相は「中国で愛国教育が反日に結び付かないようお願いしたい」と求めた。

 胡主席は中国脅威論に対して「中国は他国を武力で威嚇する意思はない。覇権を唱えるような行動を取るつもりはない。これからも平和建設の道を歩む」と指摘した。中国側は胡主席の会談での発言内容を、当初発表するとしていた「重要談話」と位置付けている

 日中首脳の相互訪問と位置付けた交流は二○○一年十月の小泉首相による訪中が最後で、首脳会談は昨年四月を最後に途絶えている。今回の会談には、自民党の高村正彦元外相、民主党の岡田克也前代表らも出席した

【注】〓は王へん


 重要講和に靖国参拝批判は盛り込まない・・という事前の方針はどこへやら、おもいっきり盛り込まれてますね。これは日本側からの『要請』だったそうですが、訪中を前に『言及しない』という言質を取ったと判断したのか、橋本氏らはノコノコ出かけていったわけですが、見事に裏切られています。愚かですなあ・・

 で?言及しないはずであった靖国参拝を批判され、さらに参拝をやめなければ小泉総理だけではなく、次の総理総裁とも会談しないと言われたのに『感謝する(橋本氏)』ですか。頭どうかしてるんじゃないの?一応反論めいたことは言ったようですが、最後に『ありがとうごぜーますだ中国様ぁー』では意味が無いだろう愚か者めが。

 愚かと言えば、野田毅元自治相の『中国で愛国教育が反日に結び付かないようお願いしたい』という発言。あのな、中国の愛国教育ってのは反日と密接に絡んでいる。いや、そのものと言っても過言ではない。結びつくもへったくれも最初から同一だ。そんな事も知らないの?

 もうひとつ愚かといえば、一般の国民が参拝するのと首相が参拝するのは違う!と批判されて何も言わなかった事だ。日本は中国のように民意が一切反映されない独裁国家とは違う。時の政権には全てとは言わないが多くの『民意』が反映されている。つまり、首相の靖国参拝を批判する事は、一般の国民を批判しているのと同じだ。誰それは別なんて話は通らない。 

 知らないのか知らないフリなのか、『中国は他国を武力で威嚇する意思はない。覇権を唱えるような行動を取るつもりはない。これからも平和建設の道を歩む』なんていう酷い冗談を聞いてもスルーですか。中国様が黒を白いといえば、そのまま信じちゃうんですね。『実は日本って中国領土なのだよ。』と中国様に言われれば、『仰るとおりでございー』って日本をくれてやるのかね?

 そんな愚か者が信じきってる、実は大嘘つきの中国様に武力で威嚇されている『国』から、こんな談話が出てます。愚か者共は耳をかっぽじって拝聴したまえ。(sankei webから以下引用)

日中関係悪化は中国に原因 台湾総統

 台湾の陳水扁総統は31日、台北市内の総統府で日華議員懇談会の亀井久興副会長と会談し、日中関係が悪化しているのは、中国が小泉純一郎首相に対し、「独立志向」の陳総統自身に対してと同様の「孤立化政策」を取っているためだと述べた。

 陳総統は、小泉首相は「理念を堅持し、自分が正しいと思うことを行っている」として、中国の反発にもかかわらず靖国神社参拝を繰り返す小泉首相の姿勢を評価した。(共同)

(04/01 00:47)


 独立志向で中国とは『違う道』を進もうとすれば、孤立化政策を取る。孤立化政策にマンマと乗せられ、中国の『言いなり』になれば、台湾は中国に併合され、日本は属国になる。こんな簡単な話が理解できないのでしょうか。

 まあ、理解できないが故に愚か者をやってるんでしょうから、言っても無駄かもしれません。でもね、日本には要らないや。もう帰ってこなくて良い。大好きな中国様の暖かい御心に感謝しながら、余命尽きるまで日中友好ゴッコでもやってろ。中国でな。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国様 脅してダメならスカしてな
関連エントリー2:中国様と一緒になりゃ良いじゃないか!by 経済同友会

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。