管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国の竹島領有の根拠ってなあに?
 歴史上も国際法上も日本の領土である竹島。1952年に韓国の初代大統領である李承晩が一方的に引いた『李承晩ライン』によって、現在に至るまで竹島は韓国に不法占拠されたままになっています。この『李承晩ライン』設定の元となったのは、『マッカーサーライン』と呼ばれるもので、領土、領海を確定させたものではなく、GHQが『統治の都合上』引いていた線でしたが、韓国側はこれを無視して竹島領有の根拠としていました。

 GHQによる統治の終了に伴う『マッカーサーライン』の廃止、同ライン廃止直前に行われた『李承晩ライン』の設定・・この辺りの経緯を記した米国の報告書が、韓国メディアによって紹介されていますので、ご覧頂きます。(世界日報から以下一部引用※韓国語)

日本との平和協定締結時・・・本紙(世界日報)が54年の『バン・フリート特命報告書』を入手

【アメリカ、『韓・日の論争介入を回避』~国際司法裁判所委託を勧告】

朝鮮戦争直後に日本との平和協定を締結したアメリカが、独島は日本の領土と言って、一方的に結論を下した事実が分かった。この内容は世界日報が米バージニア軍事学校内のマーシャル図書館で捜し出した、『バン・フリート特命報告書(写真)』から26日に判明した。

報告書によれば、アメリカと日本が平和協定草案を作る際、韓国が独島領有権を主張したが、アメリカは独島の統治権は日本にあると結論を下した。これにより日本が所有権を放棄する島々の中に独島が含まれなかったと言うのだ

報告書は「アメリカはこの島を日本の領土だと思っているが、論難に介入されることを避けて来た」とし、「アメリカはこの論争が国際司法裁判所(ICJ)に回附される事が適切であると言う立場を韓国政府に非公式的に伝達した」と記録した.

【報告書】
この報告書は朝鮮戦争の際に、在韓米軍司令官を勤めたジェームス・バン・フリートが、1954年にアイゼンハワー大統領の特使で韓国・日本・台湾・フィリピンなどを訪問した後に作成して、30数年間特級機密として分類されていた。

アメリカが明らかな根拠も無く独島の日本所有権を認め、日本の論理どおりICJ回附を通じた独島問題解決策を、内部の立場で整理して戦後処理の公正性に論難が起こる事が見受けられる。

報告書はこれと共に、我が政府が独島領有権主張の根拠にしている『マッカーサーライン』に対しても認めていないと記録している。

報告書によると、韓国政府が1952年に日米平和協定(サンフランシスコ講和条約)にマッカーサーラインを含ませて、独島付近での日本漁船の操業を永久に阻もうとしたが、この様な措置はアメリカが支持する国際法の原則と矛盾して韓国政府の要求を拒否したと言うのだ。

マッカーサーラインは、韓半島周辺の公海上からの敵侵入を遮断する為に設定された事であり、日米協定の締結と同時に廃止されたが、李承晩(イ・スンマン)大統領が『平和ライン』を興して操業線として維持した。アメリカは韓国政府に操業線の有効性を認めないと言う立場を通告し、国際法違反だと抗議したと言うのだ。

しかし報告書はこの事実を日本には知らせずに、韓国政府の関係者の極めて一部だけが知っていて公表しなかったと明らかにした。 <後略>

(訳文は2chからの転載)


 うーん・・竹島は日本領土であるという米国の見解、韓国が主張してやまないなら国際司法裁判所に付託したらどうかという提案、李承晩ライン設定への抗議などなど、日本側にとってみれば、そんなにビックリするような内容ではありませんが、韓国で『だけ』は驚愕の新事実なんでしょう。こちらも韓国にとっては驚愕の新事実であった、日韓基本条約締結によって補償問題が『完全かつ最終的に解決された』という文言と同じで。

 韓国が主張する竹島領有の根拠『マッカーサーライン』がキッパリ否定されていたという事実が韓国で広く知れ渡れば、少しは妄想が払われるのかな?と、もの凄い希望的観測をしてみたいところですが、無理・・・なんでしょうね(笑)。自分自身に疑いの目を向けられれば、少しは韓国も変わるとおもうのだけれど。

 記事中で『アメリカが明らかな根拠も無く独島の日本所有権を認め』なんて書いてるところを見ると、あらぬ方向に怒りのベクトルが向いていくような気がします。例えば、米国は日本の汚いロビー活動によって事実を歪曲した!とか、日帝と米帝は結託して朝鮮半島を侵略しようとしている!とか。で、反日、反米感情がさらに高まる・・という感じで。

 まあ、どんな斜め上の反応が出ても今さら驚く事はありませんので、勝手に騒げば良いとは思いますが、騒ぐだけでは領土問題は解決しない。自分達の主張に自信があるのなら、逃げ回ってないで国際司法裁判所の場で決着をつけようじゃないか。出て来い!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:韓国よ、竹島から出て行け!
関連エントリー2:韓国よ。竹島から出て行け!2
関連エントリー3:なんと言おうが竹島は日本領土
関連エントリー4:領土問題に見る日本の妙な対応
関連エントリー5:韓国 大学教育でも反日 『ドクトは我々のモノ~』

外部参照リンク1:マッカーサーライン wiki
外部参照リンク2:李承晩ライン wiki
外部参照リンク3:竹島 wiki
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

中国様 脅してダメならスカしてな
 自由、民主主義の価値観を共有する日米豪の連携、さらにNATOとの関係も強化する事が明らかになった日本。外務省が発表した外交青書には、初めて中国の不透明な軍拡に言及がなされ、これまで自動的に供与されていた対中ODAの今年度分を決定見送りにするなど、『もう中国の言いなりにはならない』というメッセージを頻発させています。

 そんな日本側の変化を読み取ったのかどうなのか、今月末、中国の胡錦濤主席はこんな談話を発表するそうです。こちらをご覧ください。(asahi.comから以下引用)


「靖国」「戦犯」言及避ける 中国主席の日本向け講話草案

2006年03月26日09時36分

 中国の胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席が31日、日中友好7団体代表との会談で示す「重要講話」の草案の概要が明らかになった。談話では小泉首相の靖国神社参拝やA級戦犯への直接の言及を避け、「中国が歴史問題を重視する理由」を強調する方針だ。中国側は首相の靖国参拝を厳しく批判してきたが、結果的に日本国内の反発にもつながった点を考慮。談話を「日本国民へのメッセージ」と位置づけ、幅広い理解を求める。

 複数の日中関係者が明らかにした。中国政府内でまとめられた談話の草案は、すでに胡主席に提出されており、最終的な決裁を待っている。胡主席自身の政治判断や直前の情勢によって内容が見直される可能性もある。

 草案では、これまで繰り返してきた「A級戦犯をまつった靖国神社への参拝」に対する直接の批判は避けている。

 一方、▽国交を正常化した72年の日中共同声明で、日本側が「戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と表明した▽98年の日中共同宣言で両国が「過去を直視し、歴史を正しく認識する」ことで一致した、などの経緯を改めて指摘する。

 さらに「正しい歴史認識」が日中両国の友好関係の「政治基礎」になっていると説明。これを否定する行為は容認できないとして「日本の指導者が過去に表明した反省を実際の行動に移す」ことへの期待を表明する。

 同時に、中国側が「歴史問題」にこだわる理由は「恨み続けるためではなく、歴史を鑑(かがみ)として、未来に目を向けるため」と説明中国側が望むのは非難の応酬ではなく、未来志向によるウインウイン(お互いが勝者になる)関係だとして日本側の理解を求める方針だ。

 背景には、これまで厳しいメッセージばかりが注目され、「対日関係重視」という中国側の方針が日本に十分に伝わってこなかったとの思いがある

 ただ、こうした姿勢が中国国内で「弱腰」と受け取られれば、指導部への批判につながる可能性も否定できない。講話発表後も両国関係に好転の兆しがなければ、胡主席が4月に訪米する際、「日本の歴史認識問題」を米中首脳会談で提起し、日本側を牽制(けんせい)する選択肢も検討されている


 なんだかヘタれたのか?とも思える内容ですが、記事をよく読んでみると靖国、戦犯というキーワードが出てこない『だけ』で、立場自体は何にも変わってません。これで日本国民の感情を考慮したと踏んでるところが凄いですね。

 そもそも、なぜ中国の言う事に日本国民が反発するのか、その辺がまるでわかってないように思います。具体的に靖国や、いわゆる戦犯というキーワードをあげて非難する事にはもちろん、ありとあらゆる内政干渉に怒ってるのだ。要するに『お前がいちいち口出すことじゃないだろ』って事。

 で?中国が歴史問題に拘るのは『恨み続けるためではなく、歴史を鑑(かがみ)として、未来に目を向けるため』って、こんな大嘘を誰が信じるというのでしょうか。恨み続ける事が理由なのではなく、中国人民に恨みを持たせ続けることによって、国内に向けてはガス抜き、外に向かっては対日外交カードに使ってきた、そしてこれからも使いたいというのが本当の理由でしょう。

 それに、未来に目を向けるため、戦後日本は中国に対して事あるごとに謝罪、求められれば援助、そのほか様々な配慮をしてきた。こういった事実の積み重ねを無視し、『~をしたら歴史を正しく理解してない』などと言う。こんな言いがかりはもう通用しない。未来に目をむける必要があるのは日本ではなくて中国だろう。

 中国の言うとおり、日本の要人が靖国神社に参拝しなくなったとしましょう。中国の為政者ならどうするか想像してみます。何か『事件』をでっち上げて、いきなり日本を非難する。当然、日本側は寝耳に水ですから『そんな事実はない』と否定する。こんな反応があれば、『日本は歴史を正しく理解していない』と、再度非難することによって『過去に目をそむける日本』の一丁あがりです。そう、なんだって可能なんです。

 『歴史を正しく理解していない』というのは、日本が本当に理解していないのではなく、中国が『そう言ってるだけ』だし、靖国神社に参拝すれば『日中両国の友好関係の政治基礎』に反するというのは、ただの決め付けに過ぎない。日本国民は徐々にこのような構図に気付き始めたのだ。こんな中途半端な談話を出したって、もう騙されやしない。本当に『Win-Win』の関係を構築したいなら、まず最初に反日をやめろ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:麻生外相 『包囲網ってわかってるか?』
関連エントリー2:公明党代表 中国様と仲良くしたくば金払え

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。