管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京新聞 『何がなんでも中韓との友好!』
 中韓との政治的関係がギクシャクしている・・それが心配だ~と事あるごとに主張する東京新聞(中日新聞)。中韓をあからさまに擁護し、日本を一方的に叩くスタイルを貫く、当代随一の売国新聞として、当ブログでは度々社説・記事を取り上げてまいりました。今回紹介する東京新聞の社説は、これまでに紹介したものよりは若干電波が抑え気味。まずはご覧頂きましょう。(東京新聞から以下引用)

日中韓交流 多様な文化を広げたい

 日中韓三カ国の間で共演や共作による文化の交流が盛んになっている。映画、音楽、文学など幅広い分野に及ぶ。政治の対立を超えて、相互理解を促す文化交流の役割はますます重要だ。

 東京で今月開催された東京交響楽団の定期演奏会は「中国音楽家の台頭」がテーマだった。著名な李心草氏が指揮し、国際コンクール優勝者の黄蒙拉氏が見事なバイオリン演奏を披露した。

 日本と中国の音楽家が一体となって感動を生み出し、アンコールが繰り返されたのである。

 戦後の両国間の文化交流を担ってきた、日本中国文化交流協会の創立五十周年を記念する催しだった。

 戦後、文化交流が始まったのは、一九五五年の片山哲元首相の訪中がきっかけだ。周恩来首相との間で「両国人民の友好親善を促進するため文化交流を増進させる必要がある」との意見で一致した。翌五六年に東京で中島健蔵、千田是也両氏を軸に同協会が設立されたのである。

 七二年の国交正常化までの十六年間を含め、ときには政治の障害を乗り越えて、映画、演劇、音楽、文学、絵画各分野での人的交流や公演などの交流が実現してきた。

 今や両国間には多くの団体や有志などによるさまざまな文化の交流がみられる。さらに最近は韓国なども含めて国境を越えた文化交流の広がりと受容が進んでいる。国民の心を通わせ、隣国文化への理解を促す機会が増えるのは喜ばしい。

 例えば、中国の巨匠、陳凱歌監督による日中韓トップスターの競演作「PROMISE」が公開され、話題になった。韓国テレビドラマの人気も日中両国で高い。

 文学では村上春樹氏の作品が中国語、韓国語に翻訳されてベストセラーとなり、若者の間で流行になるほどだ。

 また中韓の青少年の多くは日本のアニメを見て育っている。

 日本政府はアニメを文化外交の柱にする考えだ。それには中韓両国との間で交流とともにコピーなど著作権問題を解決する必要があろう。

 現在、日本は中韓両国との間で政治的に冷却関係にある。国民感情の悪化は、相手国への理解不足も一因だ。

 中国の温家宝首相は政治対話、経済交流とともに民間交流の促進を対日政策に挙げた。民間交流の柱となるのは文化交流だが、政治関係の改善が不可欠である

 お互いに長い交流の歴史を尊重したい。人の心に触れる文化交流が相互理解、相互信頼を築いていくことを信じて、交流が広がるよう望む。


 一見して特に問題が無いように見える社説ですが、いくつか気になる箇所がありますので、ツッコミを入れておきましょう。これまでの経緯(関連エントリーを参照)もあることですし(笑)。

 さて、この社説では日中韓のこれまでの文化的交流の歴史、近年、かつてないほどの交流拡大が行われている現状などを並べて、主に政治以外の分野での交流拡大は結構だけれども、政治関係の改善が不可欠である、との主張がなされています。

 文化交流?経済交流?民間交流?結構でしょう。ただし、これに政治関係の改善が不可欠というのは違うと思う。なぜといって、本来、これらの交流は政治とは別次元で『自然に』行われるものであり、全く関係ないとは言わないけれど、ここにあまりにも強く政治が絡んできた事が『不自然』なのだ。

 文化交流をすれば『日中友好』が云々、経済交流をすれば日本政府の歴史認識が云々と言って政治が絡んでくる。それに、東京新聞は中国に民間団体があるかのように書いているが、中国政府が推す『民間団体』は額面どおり受け取ってはいけない。あれは民間の仮面を被った中国政府の一員。つまり、中国政府が容認、あるいは推進する交流のすべてに『政治』が絡んでおり、またそこには中国政府の意図が紛れている。

 政治がダメなら他の分野で交流を拡大しよう・・と言いながら、なぜ子供達に反日教育を施し続けるのか、なぜ今でも反日プロパガンダが絶え間なく中国人民に喧伝され続けているのか、よく考えてみるが良い。本当に『友好』を求めるなら、まず見たこともない相手を憎む教育、宣伝をやめるのが筋だ。これは韓国にも言えること。

 国民感情の悪化の原因を相手国への理解不足に求めているが、中韓側の理解不足、誤解の原因はまさに反日教育、宣伝にあるし、これらをやめない限り中韓の国民感情は良くならない。それに、日本側の国民感情悪化の原因は、これまで政治的配慮もあってか、マスコミなどが隠してきた中韓の実態が『知られる』ようになったからだ。この上、日本側に相手国への理解不足を云々するのは随分バカにした話だと思う。

 友好!友好!と号令をかける前に、マスコミは純粋に文化、経済、民間という言葉を信じている日本人に警鐘を鳴らすべきだ。言葉に騙されてはならない。私は交流をストップしろとは言わないが、せめて相手側の意図を心得つつ付き合って欲しい。でなければ、相手側の強い『政治的メッセージ』を刷り込まれ、反日日本人の大量生産は止まらない。まあ、中韓の傀儡機関紙である東京新聞には無理な注文でしょうが。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:反日マスコミ 『一年の計は元日にあり』
関連エントリー2:中国政府の主張 『日本マスコミは全て東京新聞のようになれ』
関連エントリー3:東京新聞 『反日って楽しいなあ』
関連エントリー4:東京新聞 『北朝鮮問題を解決したくば中韓の言う通りにしろ』
関連エントリー5:東京新聞 『東アジアの関係が悪いのは全て小泉&麻生のせい』
関連エントリー6:韓国 潘基文氏を何がなんでも支持しろ by 東京新聞
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

麻生外相 『包囲網ってわかってるか?』
 先日オーストラリアを訪問し、日米豪閣僚級戦略対話に出席した麻生外相。会談では中国の不透明な軍拡に対しての懸念が共有され、中国に透明性の向上を求めていくことで一致。海洋国家であることに加え、自由、民主主義という価値観を共有する3国は、今後ますます連携を強化していくものと思われます。

 この日米豪の連携には英国も加わるとの話もあり、実現すれば凄い事なわけですが、さらに凄い事になりそうな動きがあるようです。こちらをご覧ください。(Yomiuri Onlineから以下引用)

NATOが日豪と連携強化へ、麻生外相を5月招待

 【ブリュッセル=林路郎】北大西洋条約機構(NATO)は、日本、オーストラリアとの関係強化の一環として、5月初旬にブリュッセルで開かれる理事会に麻生外相を招待することを決めた。

 麻生外相は4日に日本の閣僚として初めて理事会で演説し、関係強化に向けた日本の姿勢を示す。

 NATO関係者が本紙に明らかにした。NATOは冷戦終結後、アフガニスタンでの治安維持やイラクでの治安部隊訓練、パキスタン大地震の被災地支援など、欧州から離れた「域外」での任務が増えており、デホープスヘッフェル事務総長らは、アジアを中心に同様の任務を抱える日豪との連携を働きかけていた。

 NATO関係者は、日豪が「自由、民主主義の価値観」「作戦能力が高い」「国際貢献の実績」という点で、「NATOとの共通点が大きい」と評価している。日豪との関係強化は、台頭する中国を政治的にけん制する意味もありそうだ。

 NATO側は、11月にラトビアのリガで開く首脳会議に向けて協力分野を具体化させる方針で、麻生外相を招く際に、日本側と協議を詰める。日・NATO間では、人道支援や災害対処に関するNATOの演習に自衛官を非公式のオブザーバーとして参加させる案も浮上している。また、日本の幹部自衛官1人が今夏からローマのNATO国防大学に留学する。NATOは、韓国、ニュージーランドとも日豪と同様の連携強化を検討している。
(2006年3月23日3時7分 読売新聞)


 ス・スゲエ・・展開が速すぎてついていけない。日米豪関係に加えてNATOとも関係を深めていく、と。こちらも『自由、民主主義』の価値観を関係強化の理由に挙げてますね。これには中国はもちろん、最近独裁色を強めるロシアへの牽制も含まれていると思われます。

 中国とロシアといえば、今月21日に胡錦濤主席とプーチン大統領が首脳会談を行い、一時は『対日歴史認識で中露一致か?(産経新聞)』なんていう情報があり、鬱陶しい中韓に加えてロシアまでもが反日ストーカーになる事を心配していましたが、歴史認識の一致はなく、対米対抗路線である程度の意見の一致はあったものの、蜜月と呼ぶには程遠い結果に終わったようです。(中国はプーチン氏に失望か、パイプライン決着せず:中国情報局)

 日米豪、そしてNATOの関係が強化されるという情報をロシアは得ていたのか、その辺は私にはわかりませんが、その上で、ロシアは中国との連携強化は得策ではないとの判断を下したのかもしれません。日米豪に加えてNATO加盟国まで敵に回せば、いかに中露が昇竜のように台頭してきているとはいえ、勝ち目はゼロ。

 さて、麻生氏がこのNATOの会合でどんな演説をするのか、とっても楽しみですが、日米豪戦略対話、NATOとの関係強化、そのどちらにも麻生氏が登場し(外相だから当たり前か(笑))、中国との舌戦も含めて八面六臂の大活躍。そんな麻生氏率いる外務省が、こんな文章を発表しました。こちらをどうぞ。(asahi.comから以下引用)


中国軍事力に「不透明部分」 外交青書で初めて言及

2006年03月23日06時21分

 外務省の06年版「外交青書」の内容が22日、明らかになった。国防費が18年連続で2ケタ増を記録するなど軍備増強を続ける中国について「国防費の増額や軍事力の近代化において、なお不透明な部分がある」と指摘した。防衛庁の防衛白書は従来、中国国防費の透明性が十分でないと指摘してきたが、外交青書で言及するのは初めて。 <後略>



麻生さん凄すぎ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:麻生絶対支持宣言!PART2
関連エントリー2:麻生外相 『これが外交だ!』

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。