管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国にどう対峙するのか 『海洋派と大陸派』
 中国の罵詈雑言には正論、突かれて痛い急所を的確に捉えて反撃する麻生外相。先日の参院予算委員会では、過去5年間で3倍に増えた中国と北朝鮮の貿易量に対して『中国が何の目的でそんなことをしているのかよく理解できない。きちんとした理由を提示してほしいと中国側に申し入れている』と述べ、北朝鮮問題を解決するすると言うだけで、実際は金王朝の延命に手を貸している中国の卑怯な行動に不快感を示しました。

 テロ支援国家を支援している・・こう言われたに等しい中国は大慌て。さっそく談話を出したようです。こちらをご覧ください。(Yomiuri Onlineから以下一部引用)

「外交常識に背く」中国が麻生外相の批判連発

 麻生外相の中国に関する発言などに、中国政府が反発するケースが目立っている。政府内では「外相発言の批判部分ばかりに注目して対立を深めていることは日中両国にとって不幸だ」(外務省幹部)と懸念する声があがっている。

 麻生外相は15日の参院予算委員会で、中国と北朝鮮の貿易量増大に関し、「(中国が北朝鮮を)助けているのではないか」と不快感を示し、中国側に説明を求めていると強調した。

 これに対し、中国外務省の秦剛・副報道局長は16日の記者会見で「中朝貿易について、日本が中国外務省に交渉で説明を求めてきた事実はないし、このようなことは認められない」と述べ、「日本外交当局の最高責任者が近ごろ、外交常識に背く言論を何度も発表しているのは、理解しがたい」と外相を批判した。<後略>


 わははは・・よっぽど痛かったんですね。知らぬ存ぜぬで通しますか。一応ヤバイ事をやってるという認識はあるようですね、それならやめろよというお話です。ただ、続く言葉で外交常識に背く云々と、まさか中国に言われるとは思ってなかっただけに、これには驚いた。

 まさに『お前が言うな』の典型例ですが、こんな言葉しか思い浮かばなかったんでしょう。対日本談話テンプレートに『日本が反撃してきた場合』ってのは無かったでしょうから。ま、弱ってる相手をイジメるのは私の美学に反しますので、今日のところはこれで勘弁してやる(笑)。

 さて、舌戦による外交に完全勝利を収めた麻生外相は昨日、日米豪外相による戦略対話に出席するべく、オーストラリアに飛び立ちました。どんな話し合いがなされるのか、こちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下一部引用)

中国軍拡に日米豪結束 あす初の閣僚級戦略対話

 麻生太郎外相は十七日からオーストラリアを訪問し、十八日にシドニーで開かれる日米豪三カ国による初の閣僚級戦略対話に臨む。急激な軍拡を続ける中国が大きなテーマとなるのは確実で、三カ国外相が中国問題で意見交換する。中国脅威論が国際社会に広がる中、三カ国が結束して中国に対応していくことを明確に示す節目の会談となる。

 会談には麻生外相のほか、ライス米国務長官、ダウナー豪外相が出席する。日米外相による戦略対話や日豪外相会談もあわせて行われる。

 ライス長官は十六日、シドニーで行われた米豪外相会談後の会見で、中国の急速な軍拡について「巨額であり、中国はこれが何を意味するのかを明らかにする責任がある。軍事力増強の理由を明かさないのはかつてのソ連を思い出させる」と強い懸念を表明した。

 日豪両国は米国とそれぞれ二国間同盟を結び、9・11米中枢同時テロ以降、米国を軸に三カ国の協力関係はイラク戦争やその後の復興支援活動、アフガニスタンでの治安活動や支援活動、大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)への積極的参加などで結実している。外務省幹部は「日米豪の外交・安全保障関係はさらに緊密化していく」と話している

 日米関係筋は日米豪に英国を加えた四カ国を「海洋同盟」と指摘し、今回の戦略対話について「『海洋同盟』が、軍事力を背景に覇権をうかがう『大陸帝国』の中国、さらに海洋戦略に乗り出した中国にどう対処するかを決めていく上で今回の戦略対話は重要な一歩になる」としている。

 中国の二〇〇六年の国防予算は前年実績比14・7%増で、十八年連続で二ケタの伸びを示し、核戦力の近代化を進める一方、通常戦力でもロシアから戦闘機や軍艦など最新鋭の兵器を購入し、海空軍力を中心に増強している。

 中国の胡錦濤政権は中国脅威論を打ち消すために「平和的台頭論」を掲げるが、「歴史上、新興国が勃興(ぼっこう)するときに平和的だった試しはない。“平和”は覇権を確立するまでのポーズにすぎない」(日中関係筋)という見方が強い。<後略>

 
 日本政府は、昨年マレーシアで行われた『東アジアサミット』で中国の提唱する『東アジア共同体』に対抗する形で『自由・民主主義』を全面に押し出し、インド、オーストラリアを引き込んだ『ゆるやかな共同体構築』を提唱しました。

 これは中国の提唱する『東アジア共同体』が中国による冊封体制の確立である事に警戒心を抱いた米国の意向も働いていますが、日本はアジアの主導権争いに負けて中国の属国になるわけにはいかないし、また、近代化以降から先の大戦まで『大陸』にのめり込んでイタイ目にあった歴史を考えると、『海洋同盟』は当然選択するべき道であると言えます。

 現政権の小泉、麻生、安倍ラインは間違いなくこの『海洋同盟派』であり、戦前でいう『英米派』。先日訪韓し、中国案に全面的な賛意を寄せる盧武鉉大統領と『日中韓』の連携強化で一致した福田元官房長官、上記ラインに引退させられた恨みからか、こちらも『日中韓』の連携強化を言い出した、本来『海洋同盟派』であったはずが風見鶏っぷりを発揮して転向した中曽根氏は戦前でいう『大陸派』に例えるとわかりやすい。(Yahoo ニュース福田氏)(Yahoo ニュース中曽根氏)

 大陸、半島に深入りしてはならない。これが近代化以降、先の大戦を経て現在までに得た最大の教訓だと私は思っていますので、ことさら『友好・協力・連携』などと言って中韓と運命共同体になろうとする動きは看過できない。やってる事が見え透いてる媚中、媚韓派は論外としても、今後、この『大陸派』の台頭に警戒が必要かもしれません。

 中国封じ込めの性格が強い海洋同盟ですが、同時に我らが麻生外相は中国が覇権主義をやめて、民主的な国になるのなら共生できる、とメッセージを発し続けている。本当に中国が変わる事が出来るなら(かなり可能性は低いとは思いますが・・)、私はこの方針に反対しませんし、また中国が変わらないとなれば、海洋同盟で一致協力して中国の覇権・膨張主義を押さえ込めば良い。

 日中韓の連携強化を訴える媚中韓派、大陸派などは『対等な関係』を構築できるかのような夢を抱いているようだが、中韓の言う『日中韓の緊密な連携』とは、歴史認識などで日本を完全に屈服させ、奴隷として使役する事を指す。『連携を云々する前に日本は正しい歴史認識にたって行動するべき』と、機会があるごとに中韓が言うのはそのためだ。

 このような中韓の意図を見抜けない、あるいは無視してのめり込もうとする動きは絶対に支持できない。媚中派や大陸派は主体性がまるでなく、任せてしまえばズルズルと中韓に引きずられるだけだ。私は海洋同盟派、特に中国を主体的に誘導しようと頑張っている麻生外相を支持する。


banner  
  ↑ ↑ ↑

この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

韓国 日本政府の『ノムヒョンホイホイ』
 昨日のエントリーで16日、福田元官房長官らが訪韓し、盧武鉉大統領と会談したというニュースを紹介しました。会談翌日、福田氏らは日韓・韓日協力委員会の総会に参加。そこに大統領からのメッセージが届いたようです。まずこちらをご覧ください。(聯合ニュースから以下引用)

「過去を直視し韓日友好関係の発展を」盧大統領
2006/03/17 11:29
【ソウル17日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は17日、韓日・日韓協力委員会合同総会への祝賀メッセージとして、「韓日両国の友好関係を発展させるには、過去を直視する勇気が必要」と述べた。

 盧大統領は、直視した上で歴史認識を正しく確立し、行動で実践することが何よりも重要だと強調した。特に、韓日両国の緊密な協力は、北東アジア地域に平和と繁栄の新たな秩序を作る中核的要素だとし、「東アジア共同体に向けた韓日間の協力をテーマとする今会議が、互いの理解を深め、隣国に対しどのような態度を取るべきかをしんしに省み、悩むきっかけになることを期待する」と述べた。


 えー・・『過去を直視する勇気が必要』が祝賀のメッセージなの(笑)?韓国人ってお祝いの言葉を述べる時に要求を入れるのがスタンダードなんでしょうか。例えば『結婚おめでとう、金貸してくれ。』みたいな。ウゼー・・

 前日の福田、盧武鉉会談では、福田氏が『大統領は日本に厳しい』という印象を持っているが、だいぶ印象は違う』とおべんちゃらを言った上で『(首脳関係を)革命的に進展させよう』と熱く呼びかけたわけですが、なーんにも配慮は無し。やっぱり無駄ですね、盧武鉉氏に何を言っても。

 で?新たな秩序『東アジア共同体』とやらを構築するにあたり、『隣国に対しどのような態度を取るべきかをしんしに省み、悩むきっかけになることを期待する』ってか。これって自分に言ってるんでしょうか。しんしに省みたことは未だ嘗て一度も無いでしょうし、お悩みになったことも無いでしょうからね。ああ、きっと個人日記と祝辞用の原稿を間違えたんでしょう・・なわけないか。

 さて、少し話は変わりますが、昨日のエントリーで引用した記事の中で、盧武鉉大統領は靖国神社内にある『遊就館』を訪問したいとの希望を福田氏に伝えていました。この発言への日本政府の反応が入ってますので、ご覧ください。(NIKKEI NETから以下引用)


首相「是非行ってほしい」・韓国大統領「遊就館」訪問希望で

 小泉純一郎首相は17日、韓国の盧武鉉大統領が靖国神社の戦争資料館「遊就館」を視察したいとの意向を表明したことについて「ぜひ行っていただきたい。妨害はしません」と述べた。ただ訪問への首相同行に関しては「ご自由にされた方が良いのではないか」と消極姿勢を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 安倍晋三官房長官も同日の記者会見で、大統領の遊就館訪問について「まさに大統領の判断だ。日本としてはオープンで、いつでも大統領を迎える用意がある」と語った。 (20:11)

 
 おお!?何だか余裕綽々ですね。韓国側の『意図』を見抜いた上で、何かトラップを用意してるんでしょうか。そう感じさせる余裕ぶりです。まあ、遊就館は単なる戦争賛美とやらの施設ではありませんから、ロクに見もせずに『酷い戦争賛美だ!!』と盧武鉉大統領がやれば・・

 政府が即座に反論→どこかテレビ局が遊就館の真実を詳しく紹介→国民が『なんだまた根拠も無しに批判してやがるのか』と激怒→『遊就館は戦争賛美の施設』なんて嘘をばら撒いてるナベツネ率いる読売新聞の部数が激減→靖国神社に参拝客、遊就館に見学者殺到・・って流れを作ろうとしてる?だったら良いなあ(笑)。さあこれで困ったのが韓国。早速こんな談話を出してます。(NIKKEI NETから以下引用)

韓国大統領府「遊就館訪問は靖国参拝反対のため

 【ソウル=峯岸博】韓国の青瓦台(大統領府)は17日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が靖国神社併設の戦争資料館「遊就館」の訪問を希望している問題について、報道官を通じ「特に日本国民が我々の靖国参拝反対の意味を正確に評価できるようにするため」と説明した。 <後略>


 なんだよ、最初から逃げを打ちやがって。小泉、安倍両氏の余裕ぶりに恐れをなしたか?『あれ?遊就館って見られたら困る施設じゃなかったの?』って感じですかね。で、『別に見られて困るわけじゃないし、ご自由にどうぞー。』と言われたら、『参拝に反対するために遊就館を訪問する』と。

 うーん、全然意味がわからないんだけど。見る前に評価が定まってるじゃないか。遊就館は靖国神社が戦争賛美をしている、という参拝反対派の根拠(?)になってるんですが、ちゃんと見た上で『こことここがおかしい。であるから戦争賛美にあたる』と指摘すれば、まだ日本国民も韓国の『靖国参拝反対の意味を正確に評価でき』ましょうが、最初から反対目的で見学して、一体なにを正確に評価しろと言うのか。

バカじゃないの?



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。