管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国は日本との戦争を望むのか?
 昨日まで中国の北京で行われていた日中局長級協議。東シナ海ガス田問題が進展しない中、協議に先立って訪中していた媚中派の二階経産相は『中国側から新提案がある』と話していましたが、その『新提案』とやらの中身が判明したようです。まずこちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下引用)

ガス田協議 「尖閣で共同開発」 中国提案、政府拒否へ

 【北京=野口東秀】東シナ海の石油ガス田開発をめぐる第四回日中政府間協議が七日終了した。日本外務省筋によると中国側は新たにわが国固有の領土である尖閣諸島と日韓共同大陸棚まで共同開発の対象とするよう提案した。中国は「白樺」(中国名・春暁)ガス田の開発中止にも応じず、日本側は反発を強めている。

 日本の外務省関係者によると、中国側の新提案で共同開発の対象とされた尖閣諸島と日韓共同大陸棚には石油ガス田が埋蔵されているとの指摘が以前からあるが、試掘データがないため埋蔵の有無ははっきりしない。

 そのため、中国側の新提案には、日本の領土である尖閣諸島まで対象に含めることで、日本政府を強く揺さぶる狙いがあるとみられる。

 李肇星外相は七日、人民大会堂での記者会見で「中国の開発活動は、中日双方による争いのない中国の近海で行われている」と述べ、あくまで「白樺」「樫」(中国名・天外天)などの開発は「共同開発の対象外」とする姿勢を示唆した

 協議では、東シナ海の日中間の境界線をめぐる議論は平行線をたどった。日本側が「白樺」などの生産開始時期を含めた情報提供を求めたうえで開発中止を要求したことにも中国側は反発した。

 日本側代表の佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長は協議終了後、「中国側には協力を通じて前進を図るとの意欲はあったと思うが、それが現実的な中身に反映されているかどうかは別の問題だ」と中国案の受け入れは難しいとの立場を示した。次回協議は東京で行われる。
(産経新聞) - 3月8日2時52分更新


 ・・・最悪。これが『新提案』ですか。尖閣諸島周辺とすることで日本をあからさまに挑発して緊張を高め、日韓共同大陸棚とすることで韓国を引き込んで日本vs中韓という対立の構図を作ろうとしているわけだ。戦争したいの?中国は。(参照リンク:日韓共同大陸棚について※極東ブログ様)

 こんな提案を受け入れられるわけがありません。日中中間線付近での試掘に反対し、『中国と衝突しても、問題は解決できず、東シナ海の天然ガス開発問題については、中国と粘り強く交渉を行うべき』と言っていた二階氏の引き出した提案がこれです。中川前経産相の時代よりも完全に押し込まれてますね。

 そりゃあナメられて当然です。二階氏は『衝突・刺激はしない』と、『話し合い』以外のオプションを全て放棄してしまっているのですから。相手が何もしないとなれば、どんな無茶苦茶な要求でも可能。なぜって、相手は衝突・刺激する事を恐れていくらでも後退してくれるのだから。やっぱりこの人事は大間違いでしたね。協議が進展しないどころか、逆に押し込まれて問題をややこしくしている。もう更迭しかないでしょう。二階氏は。

 さて、誰がどう見たって中国は日中中間線付近で一方的に開発を進めているわけですが、李外相に言わせると『中国の開発活動は、中日双方による争いのない中国の近海で行われている』となるそうです。その『争いのない場所』とやらに海軍の艦艇を派遣しまくっているくせに。まあ、この人は昨年の反日暴動で日本の公館が破壊された際、『悪いのは日本』と言い切ったキ印ですから、これくらいは想定の範囲内。が、先日、想定の範囲外のキ印発言をしたようです。こちらをごらんください。(Yahoo ニュースから以下引用)

「ヒトラー」挙げ靖国参拝非難=公式会見で異例発言-中国外相

 【北京7日時事】中国の李肇星外相は7日、全国人民代表大会(全人代=国会に相当)が開会中の北京の人民大会堂で記者会見し、日中関係に関して小泉純一郎首相の靖国神社参拝を念頭に「中国や他国民は日本の指導者によるA級戦犯参拝を受け入れられない」と強く非難した。

ヒトラーやナチスを挙げ、「ドイツの指導者は戦後、崇拝していない」とした上で「ドイツ人も、日本の指導者がばかげた不道徳な行為をなぜ行うのか理解できない」と述べ、小泉首相に反省を求めた。

李外相はさらに、「米国人も1941年12月に発生した事件(真珠湾攻撃)を忘れていないし、日本侵略者はマラッカ(マレー半島)も空襲し、多くの民衆を傷つけた。このような例はとても多く、3時間かけても話し終わらない」と、日本の過去に対し強い批判を続けた。

 李外相の発言はドイツや米国の当局者らの話を引用した形になっているが、中国外相が内外記者の出席した公式記者会見でここまで対日非難を展開するのは極めて異例。こうした発言に日本国内の反中感情が高まるのは必至で、日中関係が一層悪化する恐れが強い。 
(時事通信) - 3月7日21時1分更新


 またヒトラーやナチスと同一視ですか。昨年のAPECやら東アジアサミットでもやってましたが、よっぽどお好きなんですね。ナニナニ?崇拝?まるで、靖国神社がいわゆるA級戦犯『だけ』を慰霊する施設かのごとく言ってるが、違うだろ。靖国神社ってのは日本のために戦って散った将兵が祀られている『追悼施設』だ。参拝は英霊全体にするのであって、中国などが問題視するいわゆる戦犯とされている英霊はその中の一部に過ぎない。

 で?『ドイツ人も、日本の指導者がばかげた不道徳な行為をなぜ行うのか理解できない』ってあんたいつからドイツ人になったの?靖国の真の姿を知れば、ドイツ人も含めて中韓以外の人々は理解してくれるでしょうよ。それに、道徳など皆無の中国人に不道徳と言われるなんて噴飯モノ。

 他人に反省と謝罪を求める前に、『中国は有史以来、侵略行為をしたことが無い』とか『歴史上、中国は日本に悪い事をしたことは無い』などと恥知らずな事を放言してないで、一度くらい日本のように反省・謝罪してみたらどうか。

 あ、ひとつだけ驚いた発言箇所があります。李外相が日本軍の行為について『3時間かけても話し終わらない』と言ってるところ。ええー!!驚いた。たったの3時間しか話せないの?私は中国の悪逆非道っぷりを休憩なしで3日は話し続けられますよ。しかも『事実』のみで。


関連エントリー:中国 媚中派を持ち上げて自分の首を絞める中共


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国 日韓戦略対話 『何しに来たの?』
『私の任期中は会談しないで良い』・・こう言って関係改善をする気が無い事を表明し、先日の独立運動式典では、日本の憲法改正に文句をつけるというトンデモない内政干渉を行った盧武鉉大統領。あまりにも酷い内政干渉に日本政府は不快感を表明し、受けた韓国の潘基文外相は発言の訂正をするでもなく『日本の指導者は、わが国民が持つ日本の歴史認識を重く受け止めなければならない』と、日本側の立場を一切無視した傲慢な態度を見せた。

 首脳レベルでの対話が完全に成立しなくなった日韓関係。そうは言っても話し合う事は山ほどあるはず。レベルをひとつ下げた形での『対話』をするべく、韓国の外務次官が来日しました。こちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下引用』

靖国参拝中止を重ねて要求 韓国外務次官

 谷内正太郎外務事務次官と韓国の柳明桓外交通商次官は6日午後、都内の外務省飯倉公館で日韓戦略対話を行った。同対話は小泉純一郎首相が昨年10月、靖国神社を参拝して以降初めて。会談内容の詳細は発表されていないが、柳氏はあらためて首相の靖国参拝中止を要求し、日韓関係修復へ向けて双方の間の溝は埋まらなかった。

 柳氏は麻生太郎外相、安倍晋三官房長官ともそれぞれ会談し、拉致問題解決や北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議早期再開へ向け引き続き協力していくことで一致した。
(共同通信) - 3月7日1時11分更新


 こっちも靖国ですか。何しに来たんだよ。アホのツートップをフォローするのが『次官』の仕事だろうが。内政干渉への説明とか謝罪はしたのか?それに、韓国政府の立場は北朝鮮擁護で拉致問題などの人権問題は見て見ぬフリ、核問題などを含めた北朝鮮問題の解決は『やるやる』と言うだけで、実際は北の時間稼ぎに手を貸している。そんな国と日本がどう協力するのか。もう一回言いますが、何しに来たの?

 上が上なら下も下。歴史認識がどうのとか、靖国参拝が云々と言い続ける前に『戦後六十年の日本の歩みをよく見てほしい』という小泉総理の言葉を噛み締めたらどうか。日本は最近もこんな配慮をしている。こちらをどうぞ。(Yahoo ニュースから以下一部引用)

サハリン残留 韓国人子孫の留学支援 外務省が北大に要請

 外務省は三日、戦時中に徴用などで朝鮮半島から樺太(現ロシア・サハリン州)に動員され、戦後、残留した人々の子孫を対象に新年度、留学制度を新設する計画を明らかにした。これまで同地の残留韓国人支援策は一時帰国などが中心だったが、「未来志向の日韓関係構築」の一環として若い世代に着目、教育面で支援する。<中略>

留学制度については、麻生太郎外相が昨年十一月に韓国・釜山の東西大を訪れた際、同大側が一昨年からサハリンの韓国系留学生を受け入れている実績を踏まえ「経済的に苦しく、教育環境に恵まれていないケースがある」として、日本側の対応を要望。外務省が同大の事例を参考に計画をまとめた

 戦後、サハリンに残留した日本人は引き揚げが認められたが、朝鮮半島出身者は一九五二年のサンフランシスコ平和条約発効で日本国籍を失い、引き揚げは認められなかった。さらに九〇年まで韓国と旧ソ連の国交がなかったため、残留を余儀なくされた。

 外務省によると、サハリン州の人口は約五十三万人で、朝鮮半島出身者は約四万人に上る。
(西日本新聞) - 3月4日2時35分更新

 
 このような配慮が韓国側の言う『謝罪は口だけで行動は伴っていない』というものなんでしょうか。ハッキリ言ってここまでの支援をする必要は無いと思う。が、政府は過去への反省やそれに伴った約束を誠実に履行している。さらに言えば、戦後一度も海外で武力行使したことは無く、侵略の意図など何処を探したって無い。なのに『日本は憲法を改正して戦前回帰するつもりだ』などと言う。どうかしてるよ。

 もう靖国や歴史認識とやらの話しか出来ないなら来るな。みんな忙しいんだから。それに、政府もあんまり配慮していると、この元朝鮮人達に妙な輩がくっついて『謝罪・賠償要求』マシーンに改造されて、またぞろ厄介なことになるぞ。

追記:この戦略対話とやらでは、こんな虫の良い要求もしてきたそうです。こちらをどうぞ。(東亜日報から以下引用)


日本外相、潘長官の国連総長支持要請に確答せず

MARCH 08, 2006 03:07

7日付の朝日新聞によると、外交通商部(外交部)の柳明桓(ユ・ミョンファン)第1次官が麻生太郎外相を表敬訪問し、国連事務総長の出馬宣言をした潘基文(バン・キムン)外交部長官への支持を求めた。

同紙によると、麻生外相はこれに対して「アジアから選出されるのは良いが、いろんな国から候補が出ているために、もう少し検討したい」とし、明確な答弁をしなかった。 <後略>


呆れた・・


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:盧武鉉大統領 『引きこもってやる』
関連エントリー2:韓国 『見よ!この国民性の違い』
関連エントリー3:韓国 潘基文氏を何がなんでも支持しろ by 東京新聞

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。