管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 『中共への造反始まる?』
 先日のエントリーにて、強まる中国の言論統制に不満を募らせている人々が、中国共産党の宣伝部の解体を訴えている、というニュースを紹介しました。事の発端は『氷点週刊』という週刊誌に掲載された『他国(日本)の歴史認識を云々するのも良いが、自ら省みることも必要なのではないか?』という趣旨の論文。

 氷点週刊がこの論文を掲載した事に激怒した中共は『中国人民の感情を傷つけた』として同誌を休刊に追い込み、編集長は更迭。復刊の条件として同論文を批判する記事を掲載するよう求めた。この露骨なやり口に怒った同誌の編集長、元党幹部、学者などが反発し、言論統制の本丸である宣伝部の解体を求めるという、中共にとってはかなりヤバイ状況が生まれています。

 中国共産党が管理する『中国の歴史・その認識』以外は認められない中国。当然、『反日』も党による指示ですから、違った事を言ったり書いたりすれば『マズイ』事になるわけですが、氷点週刊の件と同じく党の見解とは『違う』事を主張しだした人がいるようです。こちらをご覧ください。(sankei webから以下一部引用)


田中上奏文」 中国側「存在しない」偽文書認める

 中国が日本の大陸侵略意図の証拠としてきた「田中上奏文」について、中国政府直属の学術研究機関である社会科学院の蒋立峰・日本研究所所長が「存在しなかったという見方が主流になりつつある」と述べ、偽文書であることを事実上認めていたことが1日、分かった

 昨年12月に中国を訪問した新しい歴史教科書をつくる会の八木秀次会長(当時)らのグループに語った。

 田中上奏文は、昭和2年に当時の田中義一首相が昭和天皇に報告した文書の体裁をとり、日本や欧米では偽文書であることが証明されているが、中国では歴史教科書に記述されるなど事実として宣伝されてきた。

 しかし、蒋所長は八木氏らに「実は今、中国では田中上奏文は存在しなかったという見方がだんだん主流になりつつある。そうした中国の研究成果を日本側は知っているのか」と、中国の研究成果としても偽文書が通説であることを明らかにした

 蒋所長は社会科学院の世界歴史研究所や日本研究所で日本近現代政治史や中日関係の研究を長年続けてきた中国の日本研究の責任者。

 八木氏は「偽文書だと分かっているなら、中国政府は田中上奏文を根拠とした対日非難をやめ、教科書記述も改めるべきだ」と話している。八木氏らと中国側のやり取りは1日に発売された月刊「正論」4月号に掲載されている。<以下略>


 これはかなりの爆弾発言じゃないでしょうか。記事中にもあるように『田中上奏文』は日本の中国侵略の意図の根拠として歴史教育には必ず出てくる文章。まずどんなものか見てみましょう。

世界を征服しようと欲するなら、まず中国を征服せねばならない。中国を征服しようと思うなら、まず満州と蒙古を征服しなければならない。

我が国は満州と蒙古の利権を手に入れ、そこを拠点に貿易などをよそおって全中国を服従させ、全中国の資源を奪うだろう。中国の資源をすべて征服すればインド、南洋諸島、中小アジア諸国そして欧州までが我が国の威風になびくだろう。


 と、このような内容なんですが、中国以外の国では既に『偽文章』と断定されており、今ではソ連の謀略であったという説が有力だそうです。ところが、中国ではこの文章を事実として教え、『この様な意図があるのだから~に違いない』という論法で日本の悪逆非道っぷりを誇張、ねつ造も含めて教育、宣伝し続けてきたわけです。

 本来であれば、記事中の八木氏の言葉にあるように『偽文書だと分かっているなら、中国政府は田中上奏文を根拠とした対日非難をやめ、教科書記述も改めるべき』なんですが、対日批難材料のかなりがこの偽文書に含まれる意図を根拠として依存しているので、中共としては引っ込めるわけにはいかないでしょう。

 ただ、氷点週刊の件といい、この歴史研究者達の件といい、統制を強めたにも関わらず、党の見解と違う事を言う人が出てきたということは、体制の綻びが露見してきたと言えるのかもしれません。このふたつの件が『連携』していると仮定するならば、言論界、知識層における中共への造反は本格化しているのか?という想像も出来る。いずれにせよ、要チェックです。今後も注意深くウォッチしていきたいと思います。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:中国に芽生えた言論の自由の芽を摘むな

外部参考リンク:謀略文書・田中上奏文
外部参考リンク:『歴史歪曲』今こそ中国は詫びよ 櫻井よしこ氏HP
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

盧武鉉大統領 『内政干渉ってなに?』
 韓国で年に数回開催される反日の祭典。昨日はその中の1日でした。こんなおいしいイベントにあの男が黙っているわけはありません。そう、われらがネタ職人である盧武鉉大統領の登場です。まずこちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下引用)

韓国大統領、「3・1独立運動」式典で日本批判

 【ソウル=福島恭二】韓国の盧武鉉大統領は1日、日本による植民地支配に抵抗する「3・1独立運動」87周年記念式典で演説し、小泉首相の靖国神社参拝、歴史教科書、竹島(韓国名・独島)問題など昨年1年間の日韓関係を振り返ったうえで、「韓国国民が、日本が侵略と支配の歴史を正当化し、再び覇権の道に進むかもしれないとの疑念を持つことは当然のことだ」と述べ、日本を批判した。

 盧大統領は、小泉首相が参拝に関して戦争に反対する決意を確認するもので、個人の問題で他国が干渉すべきではないと主張していることに言及し、「国家指導者の行為は、人類普遍の良心と歴史の経験に照らして適当かどうか評価しなければならない」と指摘。

 さらに、「日本が世界の指導的国家になろうとすれば、まず人類の良心と道理に合うように行動し、国際社会の信頼を確保すべきだ」と強調した。

 ただ、盧大統領は「我々は改めて謝罪を要求はしない。謝罪に合った実践を要求するものだ」と述べ、強い口調で「過去の謝罪と賠償」に取り組むよう求めた昨年の演説に比べて、トーンダウンした
(読売新聞) - 3月1日11時27分更


 うーん・・相変わらずの電波っぷりに乾杯。またも総理の靖国参拝に反対しているわけですが、政府はそろそろ指摘してあげたほうが良いとおもうんだけど。韓国とは戦争してませんって。日本と戦争してない国が、戦没者を慰霊する行為に文句言う事、また、いわゆるA級戦犯の合祀云々を問題視することの『おかしさ』を。

 まあそれはさておき、盧武鉉大統領の発言内容を見ていきましょう。まず、日本側の『内政干渉である』という意見に対して『人類普遍の良心と歴史の経験に照らして適当かどうか評価しなければならない』って、あんた神様かなんかかね(笑)?

 そもそも嘘と妄想で塗り固められた、とてもじゃないが『歴史』とは言えない韓国の『歴史みたいなもの』に普遍性なんて全然無いし、嘘を盾にとって日本を恫喝するその姿に『良心』のかけらも見当たらない。さらに言えば、人類であるかどうかも疑わしい方に適当かどうか評価される筋合いではない。

 で?『人類の良心と道理に合うように行動し、国際社会の信頼を確保すべきだ』って、日本は『世界に良い影響を与える国ランキング』で第1位ですが何か?日本に否定的な評価を与えたのは中国と韓国だけ。中韓を除く国際社会の信頼を勝ち得てますよ?残念ながら。(詳細は関連エントリー参照)

 と、人類の良心だの道理だの普遍だの、アヤシイ新興宗教の教祖にでもお成りになったら如何かと思う盧武鉉大統領ですが、この他にも電波を放出したようです。こちらをどうぞ。(徳島新聞から以下引用)

日本の憲法改正に反対 盧武鉉大統領

 【ソウル1日共同】韓国の盧武鉉大統領は1日の演説で、「日本が『普通の国』になることは法を変えて軍備を強化することではない」と述べ、憲法改正の動きに反対を表明した。


 これまた酷い内政干渉です。他国の憲法改正に口を出すとは・・一体何様のつもりなんでしょうか。しかも勝手な妄想で『軍備の強化』とか憲法改正とは関係のない話を出してるし。あれ?そういえば日本国内にも同じような事を言ってる人達がいるなあ。自衛の戦力を持っているのに持っていないことになっている憲法の現状を『現実』に合わせましょうというのが憲法改正の主眼点なのに、軍備増強に繋がるとか『軍靴の響きが聞こえる』とか『戦争するに違いない』とか言ってる人達。憲法を現実に即した形に改める事と、軍備増強したり戦争したりする事は別問題なんだけど、盧武鉉さんの認識とシンクロしてるのは何でだろう?

 おっと、話がずれてしまいました。とはいえ、最初の記事にもあるように、若干トーンダウン気味に見える盧武鉉大統領。先日は自分から『私の任期中は(日本の首脳と)会談しない』と関係改善を放棄してしまいましたので、要求を出しても仕方ないと判断したのかもしれません。そんな盧武鉉大統領に朗報です。(朝鮮日報から以下引用)

「韓国は米国が日本の利益を支持することに不満」
米CSIS副会長、韓米同盟に懸念示す

 米戦略国際問題研究所(CSIS)のカート・キャンベル首席副会長は27日、ワシントンで韓米経済研究所(KEI)が主催した「参与政府3周年記念国際学術会議」に出席し、韓米同盟関係について、懸念を示した。

 キャンベル副会長は「これまで国防総省が韓米同盟の最大の後援者だったが、一部の国防総省の関係者らは、北東アジア地域に駐留する米軍を迷わず日本に集中すべきと考えている」と懸念を示した。

 キャンベル副会長は「韓国は米国が日本の利益を公に支持することに不満を持っており、米国は韓国が中国の立場を静かに支持していることに不満をもっている」とし、「6か国協議から軍事戦略懸案に至るまで、韓米間の利害が相反する」と指摘した。

朝鮮日報


 おお!盧武鉉大統領の大嫌いな米軍が出て行ってくれるかもしれません。まあ、在韓米軍の機能が日本に来る事には反対ですが、良かったですね!念願の赤化統一まであと少しです。あ、それからもし半島有事になった際は日本に助けを求めないでくださいね。『韓国は米国が日本の利益を公に支持することに不満を持って』いるんでしょう?敵国だよ、ハッキリ言って。敵国を助ける道理などありませんから、悪しからず。


関連エントリー1:『日本を悪く言うのは中韓だけ』の証明
関連エントリー2:盧武鉉大統領 『引きこもってやる』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。