管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾の決断
 昨夜のエントリーで、台湾が中国との将来的な統一を前提とした諮問機関『国家統一委員会』、委員会が採択した『国家統一綱領』の廃止を決定する、というニュースを紹介しました。台湾の陳水扁総統は昨日午後、国家安全会議の席上で『運用停止』を指示したようです。まず、こちらをご覧ください。(Yahoo ニュースから以下引用)


統一綱領と委員会廃止 台湾、対中政策を変更 大陸と関係悪化の恐れ

 【台北27日遠矢浩司】台湾の陳水扁総統は二十七日開いた国家安全会議幹部会議で、廃止検討を表明していた中台統一政策に関する「国家統一綱領」と総統の諮問機関「国家統一委員会」について「運用停止」を指示した。統一委の予算・人員措置を取りやめるなど事実上の廃止措置。陳総統は今回の措置について「台湾海峡の現状を変えるものではないが、(統一を前提とせず)台湾の未来は住民が決めるべきだ」と述べた。

 二〇〇〇年に独立志向の陳政権が発足して以降、統一委は一度も開催されておらず綱領も名目だけの存在だったが、陳総統は同年の就任演説で内外に配慮した形で「五つのノー」として統一綱領などを廃止しないとしていた。中国は「廃止は独立への危険な動きだ」と批判しており、中台関係が今まで以上に悪化する可能性がある。

 陳総統は就任以降、中国との対話を呼び掛け一時期は独立色を薄めるなど現実対応路線を取ってきたが、中国は台湾への軍事的圧力を高め、陳政権との対話は拒否し、台湾の最大野党・中国国民党との連携を強めている。今回の決定は、中国を揺さぶると同時に、二〇〇八年総統選へ向けて「独立志向」に原点回帰することで、自らの求心力の回復と、国民党との差異化を図る狙いがある。

 統一委は、李登輝総統(国民党)時代の一九九〇年に設置、九一年に統一綱領を策定した。綱領は、台湾と中国大陸を「ひとしく中国の領土」と認定し、三段階に分けて長期的には統一に至ると定めていた。陳総統は一月末、初めて統一綱領などの廃止検討を表明していた。
(西日本新聞) - 2月28日2時18分更新


 廃止となれば中国の反発が必至ということで、表現には気をつけたようです。ただ、中国様は『アレ』ですから、そんな細かな心配りは意に介さず、強い語気で陳総統を罵っています・・曰く『政治的信義と道徳、人格の徹底的な破綻』とか、『陳水扁が新たな破壊活動を企てていることのあらわれだ』などなど、いちいち紹介するとキリが無いのでこれ位にしますが、いつも通り『お前が言うな』的な恫喝を繰り返しています。

 今後、中国は硬軟取り混ぜて台湾の世論を分断しにかかるでしょうし、お得意の宣伝工作を世界中で展開すると思われます。硬軟の『硬』の部分は直接的な軍事圧力をかける、あるいは陳総統をはじめ『台湾派』を口汚く罵りかつ冷遇し、『軟』の部分は国共内戦後、台湾に渡ってきた国民党など『統一派』への宥和の呼びかけを強めて厚遇する、と。

 中国の『一方を厚遇して一方を冷遇する』というやり口は対日外交でも媚中派とその他という形で顕著に見られますが、交渉窓口がひとつしかない中国に対して、交渉窓口が複数存在する民主主義国家である日本、台湾は分断工作に曝されやすい。とはいえ、中国が厚遇するのは『隷属』する者達であることを肝に銘じてしっかりと対峙してほしい。(もちろん日本も)

 いずれにせよ、上記事の陳総統の言葉にもあるように『台湾の未来は台湾に住む住民が決めるべき』であって、中国ではない。統一しなければならないという『前提』を廃して一旦フラットにしたことは大きな前進だ。台湾の人々がどんな決断をするのか見守りたいと思いますが、私は信じています。いつの日か『台湾独立万歳』と言える日が来る事を。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

韓国 潘基文氏の幸せ回路
 次期国連事務総長に立候補した韓国の潘基文外相。人事に大きな影響力をもつ米国が東欧の候補を推す旨明らかにし、日本には『虫のいい話をしてやがる』と華麗にスルーされ、中国は否定的ではないものの意中はタイのスキアラット氏。莫大な援助を与え、降りかかる国際的な圧力から擁護してやっている北朝鮮にも『無理』と冷たく突き放されてしまいました。(詳細は関連エントリー参照)

 事務総長就任はもちろん、アジアの候補者になることすら難しい情勢の中、諦めるどころか潘氏は『幸せ回路』発動でますます意気軒昂のようです。こちらをご覧ください。(朝鮮日報から以下引用)

【国連事務総長選】潘長官「北の人権問題は無関係」

 潘基文(パン・ギムン)外交通商部長官は24日、内外信ブリーフィングで、「北朝鮮の人権に対する韓国政府の対応がUN事務総長選出に障害にならないか」という米CBS記者の質問に、「北朝鮮の人権のような特殊な問題がUN事務総長への出馬に直接関係するとは思わない」と述べた。

 潘長官は「北朝鮮の人権問題をめぐる国際機関の投票で見せた韓国政府の態度と関係し、一部で批判が上がっているのはよく知っている」としながら、「韓国政府は各種のきっかけを通じ北朝鮮の人権問題に対し懸念を表明してきた」と話した。

朝鮮日報


 潘氏は記者の質問が理解できてないですね。これが北朝鮮とあまり関係がない、例えばアフリカや南米の候補者であれば、北の人権問題が直接選定の基準にはならないでしょう。が、北朝鮮という『地域』は大韓民国の一部(とされている)であり、北に住む人民は韓国民、つまり潘氏にとっては自国民ということだ。

 この記者の質問を言い換えれば『自国民の人権が蔑ろにされているが、あなた、あるいはあなたの政府は問題視していない。そんな人が国連の事務総長になれると思ってるの?』ってことだ。その質問に潘氏は『あんまり関係ないんじゃねーの』と応えたわけですね。

 で、北朝鮮の人権状況は問題視しない、というのがここ最近の韓国政府の立場だってことは、日本や欧米はよーく知っており、『韓国政府は各種のきっかけを通じ北朝鮮の人権問題に対し懸念を表明して』いないからこそ国連総会の場で非難決議に棄権した韓国政府の行動を批判してるわけだ。よくこんな明々白々の嘘をつけますね。

 幸せ回路を発動すれば、北朝鮮という地域は韓国の一部であるという『現実』が消えて、まるで遠くて関係の薄い国の出来事のような『特殊』な事例になり、『北を刺激しない』という方針で人権問題にタッチしなかった事実が『各種のきっかけを通じ北朝鮮の人権問題に対し懸念を表明してきた』ということに変わる、と。いやあ・・便利ですねえ、幸せ回路って。


関連エントリー1:韓国 潘基文氏が国連事務総長という悪夢
関連エントリー2:韓国 潘基文外相 『北にも見放されちゃった』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。