管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生外相 『中共のスパイ活動にご用心』
 最近、中韓や反日マスコミによってバッシングを受け続ける麻生外相。今までの日本であれば、首が吹っ飛んでいてもおかしく無いほどのネガティブキャンペーンを受けながら、麻生外相は今日もお元気です。18日、都内で行われたタウンミーティングの席で、昨年明らかになった在上海日本領事館員の自殺問題に関して発言されたようです。まずこちらをご覧下さい。(Sponichi Annexから以下引用)

外相 自殺は「女性問題で強要」

 04年5月に在上海日本総領事館員が自殺した問題について、麻生太郎外相が18日、中国側から女性問題に付け込まれ、暗号電文解読の情報提供を強要されたことが原因だったことを明らかにした。都内で開いた外務省タウンミーティングで述べた。政府はこれまで詳しい説明を避けていただけに、外相の発言は、ぎくしゃくする日中関係にも影響しそうだ。

 麻生外相は自殺した領事館員について「中国側から女性問題で脅迫された」と説明。「ゆすったネタが暗号の乱数表を渡せとか…」と述べ、脅迫の内容を初めて明らかにした。

 その上で、「国を売るわけにいかないから自殺する。(中国側は)追い込みをかけたみたいなもの。遺書も残っているし、はっきりしている。断固対応するのは当然だ」と指摘。今後も抗議を続ける考えを示した。

 政府はこれまで「プライバシー」や「遺族の意思」などを理由に、「中国公安当局関係者の遺憾な行為があった」とする以上の詳しい説明は避けていた。

 麻生氏は、同種の問題の再発防止についても言及。「外交官たる者は、そんなモテるような面をしていないんだから、(異性が)来たら“危ねえな”と思うような訓練をしなくてはいけない」といつもどおりの毒舌で持論を展開。そして「この種の話はこの世界ではよくある。訓練、教育、しつけは非常に大事。外務省は真しに反省すべきだ」と強調した。

 女性の色仕掛けで弱みをにぎり、情報を得ようとする工作は、スパイ用語で「ハニートラップ(はちみつのわな)」といわれ、外交官は「くれぐれも女性に注意するように」と教育されている。自殺した領事館員は電信官。暗号情報などが渡れば、外交機密などがすべて漏れる恐れがあり、特に要注意と促されていた。

 関係者によると自殺した領事館員は、日本の外務省と総領事館が連絡を取り合う際に使う暗号の組み立てなどに携わっていたとされる。

 1月24日の参院本会議で、小泉純一郎首相は「機密漏えいの形跡はない」と断言していた。
[ 2006年02月19日付 紙面記事 ]


 今まで週刊誌などの報道では中国側のスパイ活動の手法が取り上げられていましたが、政府は言葉を選んで詳細は明らかにしていなかった。日本側の再三にわたる抗議にも関わらず、中国側は一貫してこの事実を否定し、領事館員の自殺はイジメが原因などと嘯いていましたが、麻生氏が事件詳細の公開というカードを出したことで、中国はいつまでも逃げてばかりはいられなくなりました。麻生さんGJです。ガンガン追い込んでやってください。

 ところで、『ぎくしゃくする日中関係にも影響しそうだ。』とか『いつもどおりの毒舌』なんて書かれていますが、私が慣れてしまったのか、私自身が麻生氏の物言いを好むせいか、この程度で既にギクシャクしている日中関係がさらにギクシャクするとは思えないし、『外交官たる者は、そんなモテるような面をしていないんだから云々』と、一部例外はあるとは思いますが、ほぼ事実を指摘しているこの発言は毒舌だとも思えないのですが、皆さん如何でしょうか(笑)?

 麻生氏はこのタウンミーティングでこれからの日中関係そのものについても発言しています。こちらをどうぞ。(TBSニュースから以下引用※リンク切れの可能性あり)

外相、中国と将来見据えた対話呼びかけ

 外務省タウンミーティングに出席した麻生外務大臣は、靖国問題で冷え切った中国との関係について、覇権主義を捨て、将来を見据えて話し合おうと呼びかけていると強調しました

 「(中国に対し)この地域の覇権主義を求めることは、両方でやめようじゃないか、というのが提案。そこから先の話をさせてもらおう」(麻生太郎 外相)

 先週、中国の載秉国外務次官と会談した際、提案したということで、載次官も、「まったく異論はありません」と答えたということです。(18日18:20)


 現在、麻生氏は対中強硬論者であると誤解を受けてしまうような報道がなされていますが、実際は全く違います。当ブログで何度も引用させてもらっている麻生氏の外交演説の中でこう言ってます。

中国の台頭を歓迎したい

 中国とは、古今の歴史を通じ日本が最も大切にしてきた国の一つです。その中国がいま台頭してきた、それこそは、わが日本が待ち望んでいた事態にほかなりません。アジアに近代が幕を開けてこの方、経済の建設、そして政治体制近代化の両面において、日本の独走の続く状態があまりに長く続き過ぎたとは思われませんか。いま中国経済の力強い発展によって、アジアはむしろ万古不易の姿に戻りつつあるのだと言えましょう。

 競争とは経済社会において、ほぼ常に良いものです。強い相手を見てこそ、自らを高めていくことができる。わたくしはそれゆえ、中国の台頭を祝福し、これを心から歓迎したいと考えているものです。経済面で両国は既に、活発な競争をしようとしている。大いに慶賀すべきことで、それによってこそ互いに伸びていくことができるでしょう。


 どうですか?闇雲に中国を敵視するような人間がこんな事を言うでしょうか。麻生氏は対中強硬論者ではなく、良い競争相手として中国を見ている。ただし、不透明な形での軍拡や『やってない』と意図を隠しながら東シナ海~南シナ海~インド洋まで海軍を使って触手を伸ばす事には懸念を表明している。隠さずに話してくれ、というだけの話。
 
 麻生氏を叩いているマスコミは、こういった麻生氏の持論を殆ど報道せず、中国が反発しそうな発言だけを切り抜いて報道する。中国に跪くだけの歪な関係を『言うべきは言う』正常で対等な関係にし、かつ台頭する中国と共生しようと考えている麻生氏は軍国主義者でもなければ攻撃的でもない。実にバランスの取れた感覚を持っている。ちょっと口が悪いけれども・・それはご愛嬌だ。

 麻生氏のような人物こそ、日中関係を正常で対等かつお互いにメリットのあるものに出来ると私は信じています。今、日本は右傾化していると言われている。が、右傾化とはこんな物ではない。日本の国民は今まで隠されていた中国の横暴を知り、日本が良い様に利用されてきた事実を知ってしまった。私も含めてこれに怒っていることは確かでしょう。しかしながら、まだ爆発するところまでは至ってない。

 この上、これまでの歪な関係を放置し続ければ、世論は間違いなく沸騰し、必ず本物の対中強硬論者が台頭する。そうなる前に麻生氏のようなバランス感覚に優れた人物がトップに立てば、全面衝突のような最悪の事態を回避できると私は考えます。日中関係が本当に良くなって欲しいと思うのなら、マスコミはネガティブキャンペーンを今すぐやめろ。

 
参考リンク:麻生外務大臣演説 わたくしのアジア戦略


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

中国で対日賠償請求始まる 『外道、犬畜生の類』
 中国や韓国による一連の『歴史認識』という名を借りた日本への恐喝行為。日韓基本条約締結によって、国及び個人の請求権の問題が『完全かつ最終的に解決』しているにも関わらず、韓国は個人による請求は別問題だとして日本に要求を突きつけている。

 このような条約を無視した行為に走るのは特定アジアの特徴とも言えますが、中国もとうとう一線を越えてくるようです。こちらのニュースをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

強制連行 中国国内で初提訴へ 河北省の76歳男性日本企業に賠償請求

 【北京17日傍示文昭】日中戦争中に日本に強制連行されたと主張する中国河北省の男性(76)の代理人は、炭鉱で過酷な労働を強いられたとして日本企業を相手に、近く損害賠償請求訴訟を中国国内の裁判所に起こす意向を明らかにした。十七日、中国紙の新京報が報じた。

 戦時中の強制連行などをめぐり、中国人被害者が日本企業や政府を相手に損害賠償を求める訴訟が日本では多数起こされているが、民間人による対日賠償請求訴訟が中国国内で提訴される初めてのケースとなる。

 訴えによると、男性は一九四四年四月に日本に強制連行され、三井三池鉱業所傘下の炭鉱で働かされた。四五年に解放されたが、その間、非人道的な生活を強いられ、報酬は一切支払われなかったという。

 中国民間対日賠償請求連合会が男性の委託を受けて提訴する。同連合会の童増会長は「今の状況では、民間賠償が日本で勝訴できる可能性は低い。中国国内で提訴することは理論的にも成り立つと思う」と話し、日本で裁判経験のある弁護士の支援を求めている。
(西日本新聞) - 2月18日2時22分更新


 強制連行ねえ。もうこの『強制』と『連行』をつなぎ合わせた造語をみるだけで胡散臭いわけですが、日本でダメなら中国でやりましょう、という事ですね。ただ、中国は72年の日中共同声明で『日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言』しており、これまで中国国内でこの手の動きを容認していませんでした。

 まだこの訴訟がどうなるかはわかりませんが、原告勝訴なんてことになれば、中国政府は『個人間の対日賠償請求』を容認したと見てよいでしょう。司法の独立など望むべくも無い中国において、勝訴=中国政府の意向ということになりますので、ODAに替わる新たな金蔓にしようという魂胆なのか。

 国及び個人の請求権の問題が『完全かつ最終的に解決』した、と明記されている日韓基本条約とは違って、日中共同声明は『戦争賠償の請求を放棄する』と曖昧な記述になっているため、無理に解釈すれば個人の請求権はある、と解釈できないでもない。が、中国がこれを認めてしまえば、日本が戦後行ってきた様々な『善意』による援助はすべて無意味ということになってしまう。

 戦争賠償の放棄をした中国に対して、日本は約6兆円ものODAを拠出し続けてきた。それだけではなく多種多様の援助、配慮をし続けてきた。中国のご宣託を100%鵜呑みにし、謝罪し続けてきた結果がこれです。日本が金を出せば出すほど謝罪すればするほど中国は反日教育を強化し、各地に『抗日~館』なるものを建設してきた。

 中国が豊かになり、『もうODAは必要あるまい』と言えば旧日本軍の遺棄兵器の処理の為に金を出せ!と恫喝して何兆円もの金を要求し、ODAが取れないとなれば戦争賠償の話を蒸し返す・・なぜこんな外道どもに配慮し続けなければならないのか!私には全く理解できない。

 『中国は賠償を放棄してくれた。けれども迷惑をかけたんだから賠償とは違う形で助けよう』と日本は恩を返し続けてきた。だが中国はどうだ。60年前の出来事を盾にとって、日本が長い間示してきた誠意を一顧だにせず、さらに日本にイチャモンをつけて金を毟ろうとする。犬畜生の類、いやそれ以下だ。

 中国が賠償問題を蒸し返すのなら、政府は厳重に抗議することは当然として、ODAの即時全額返還、日中共同声明などの政治文書の無効を訴えるべきだ。これ以上、中国の横暴を許すべきではない!

 と、かなり頭にきたまま、感情的なエントリーになってしまいましたが、もっと頭にくる輩を発見。(asahi.comから以下一部引用)


第2次大戦の中国人労働者、国内で初の対日訴訟へ

2006年02月17日

 第2次世界大戦中に日本に強制連行され、炭鉱労働に従事させられた河北省の農民・田春生さん(76)がこのほど、中国民間対日索賠(賠償請求)聯合会を通して、対日賠償請求訴訟を起こすことになった。民間の対日賠償請求訴訟の場が日本から中国に移った初のケースだ。新華網が伝えた。 <後略>


 おい朝日新聞よ、『強制連行され』って断定してるが、断定するに足る証拠はあるんだろうな?また韓国の慰安婦騒動を再演するつもりか?まともな報道機関なら、この場合『強制連行されたと主張する』と書くのが当たり前なんじゃないのか。中国様に文章の添削でもしてもらったのか?さすがは中共の犬、やる事が違いますね。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。