管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社民党 『老害ホイホイ』
 昨日、結党10周年を迎えた社民党が党大会を開いたようです。党大会を前に福島党首は『非武装中立』路線に回帰することを表明。党勢拡大に繋げることが出来るか、党大会の模様を見てみましょう。こちらをご覧下さい。(ライブドアニュースから以下引用)

名誉党首「おたか節」健在
10年目の社民党、村山、土井両氏を選ぶ
名誉党首「おたか節」健在

【ライブドア・ニュース 02月12日】-「おたか節」は健在─。設立10周年を迎えた社民党は12日の党大会で、初代党首の村山富一氏(82)、2代目党首の土井たか子氏(77)を「名誉党首」に選んだ。ともに国会議員からは退いているが、あいさつに立った両氏は、現役時代と変わらぬ平和憲法へのこだわりを見せた。

 1994年発足の自社さ連立政権で旧社会党初の首相になった村山氏。かつて「無所属になっては」と打診されたことを明かし、「私から社会党を取ったら何もなくなる」と断った経緯を披露。同党への思い入れを語った。平和憲法に対しても、「私も82歳。命ある限りこの道(護憲)を守り続けて生きたい」と力強く語った

 続いてあいさつした土井氏は、消費税導入が争点となった89年の参院選で、旧社会党委員長として同党を躍進に導いた。2003年に政界引退したが、「一党員としての政治活動はますます盛んにしなければと思っている」と張りのある声で“現役ぶり”をアピールした。

 「ダメなものはダメ」のはっきりとした物言いも健在。「自衛隊は違憲状態」とする同党宣言を“先祖返り”と揶揄されていること対して、「そういう事を言うのは改憲派の人たち。彼らは『戦前回帰』をやっている」と痛烈に批判した。そして、「万年“青春”でいよう。それは平和憲法を生かし、平和憲法とともにあること」と力を込めた。【了】


 名誉党首ですか。ずいぶん古手を引っ張り出してきましたね。党首が存在感の無い人ですし、かつてメディアへの露出が多かった辻元氏も逮捕後メッキリ見かける機会が無くなりましたしね。昔の名前で通る人を『蜜』にして支持者を引き寄せようという事か。まあ、両氏とも頭が『お花畑』ですから、適役かもしれませんが。

 では、お二人の発言を見て参りましょう。まずは『ガンコにヘーワ!!』がモットーのおたかさんこと土井名誉党首(笑)から。非武装中立路線に回帰した事を各方面から批判されていることについて『そういう事を言うのは改憲派の人たち。彼らは『戦前回帰』をやっている』と、言われたら言い返す、変わらぬ気の強さを見せてくれています。が、バーカ!と言われて『お前のほうがバーカ!』とやってるだけで何ら反論になっていないし、野党が大好きな『説明責任』を果たしてない。

 なぜ政権担当時に『自衛隊容認路線』に転換し、またなぜ『非武装中立路線』に戻したのか。その辺の説明がまるで無い。責任ある政権与党の一員だった頃は非武装などと言えず、野党になれば非武装と言い出す。これは無責任ではないか?与党だろうが野党だろうが、国民の信を得て働く国会議員という責任ある立場であるはずなのに、野党ならば無責任で良いとでも思ってるのか?国民を愚弄するんじゃない。

 次に『私も82歳。命ある限りこの道(護憲)を守り続けて生きたい』と語る阪神大震災発生時、自衛隊を憎むあまりに出動要請を渋り、救える命を救わなかった『人命よりも護憲が大事』の村山元首相。国民を守る事より憲法が大事、日本より中韓が大事という、脳の回路が真逆に繋がっているこの御仁。自衛に関する認識は簡単に変えてしまいますが、譲れない一線があるそうです。こちらをご覧下さい。(神戸新聞から以下引用)

首相は談話理解してない 村山元首相が前原氏に
2006/02/12 00:12

 民主党の前原誠司代表は11日夜、村山富市元首相と都内で会談した。

 村山氏は過去の戦争の「反省とおわび」を表明した村山首相談話(1995年)を出した経緯を説明し「今の政権では(談話は)出せない。小泉純一郎首相は談話の趣旨を理解していない。理解していたら靖国神社に参拝できない」と批判。小泉首相本人にも以前会った際に同様の指摘をしたことを明かした。

 前原氏に対しては「(党運営の方針などは)ぶれずに自分で決断することが大事だ。自分も首相の時にそうしてきた」とアドバイスした。

 前原氏は社民党が自衛隊を「違憲状態にある」としたことについて、異論を提起、両氏は社会格差是正の必要性で一致した。武村正義元官房長官、枝野幸男民主党憲法調査会長らが同席した。


 村山談話・・戦後の謝罪外交を土下座外交にまで昇華させた最悪の談話ですが、村山政権以後、現政権までこの談話を踏襲しており、終戦記念日には村山談話に沿った形での首相談話が出されます。『靖国参拝すれば理解していない』というのは村山氏の『主観』であり、中韓の主張だ。少なくとも首相経験者が言うべきことではない。見識を疑う。

 それに、前原氏へのアドバイスで『ぶれずに自分で決断することが大事だ。自分も首相の時にそうしてきた』なんて言ってますが、非武装中立から自衛隊容認にぶれたのは何なの?それ以外ではぶれて無いんじゃないくて、ぶれるもへったくれも『何もしなかった』だけだろうが。ボケてんじゃないの?

 この前原氏との会談内容、特に小泉総理の靖国参拝を批判したという件は中国のCRIも取り上げており( ソース:村山富市元首相、小泉首相の靖国神社参拝を批判)、余計な燃料をあちらに投下しているようです。で、またぞろ孔泉@ひょっとこ報道官などが『日本の首相経験者も批判する靖国参拝を強行する小泉総理は戦争賛美の極右』なーんて談話を出して、共同か朝日が記事にする、と。永久機関ですな、まるで。

 昨日のエントリーで取り上げたナベツネ氏もそうですが、村山、土井氏も『アレ』ですねえ・・もう議席を失って引退したのに、担がれればホイホイ出てきて見苦しいなあ。

老害は消え去れ!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

韓国 反日だけが生きる道
 今年3月から恒久化する予定の韓国人のビザ免除。交流が拡大する、観光客が増えるといったプラスの面がある一方で、もともと多い不法滞在者のさらなる増加、武装スリ団などの犯罪増加が懸念されています。政府が方針を決定したのが今月の6日。主要全国紙は社説でこの問題に触れてきませんでしたが、昨日ようやく産経新聞が書いたようです。まずこちらをご覧下さい。(sankei web から以下引用)

【主張】韓国人ビザ免除 外交摩擦が浮いてみえる

 日本政府は、韓国人の日本への入国査証(ビザ)を観光や商用、訪問など短期(九十日以内)については恒久的に免除することを発表した。

 つまり韓国人は今後、観光や知人訪問などならビザ無しで自由に日本と往来できるようになったのだ。日本での不法滞在外国人の中で韓国人がなお多いという現実を考えれば、これは韓国に対する画期的な友好政策といっていい。

 韓国側もこれにこたえ、不法滞在や“遠征スリ”など犯罪防止にさらに努力してほしい

 日韓の往来は昨年すでに四百万人を超えている。今年は双方で五百万人を目標にするなどお互い最大の交流相手だ。日本の今回の措置には観光誘致拡大の狙いがあるが、ノービザで韓国人の日本訪問は確実に増えるだろう。

 韓国人は日本の温泉文化や食文化に親近感があり関心が高い。近年はゴルフツアーやスキーツアーも人気だ。日本は近年、物価も安くなった。韓国は経済発展を背景に、人口五千万人足らずで海外旅行一千万人という海外旅行ブームになっている。日本の観光産業にとって韓国が“いいお得意さん”になることは間違いない。

 観光にしろ何にしろ、日本訪問の韓国人が増えればそれだけ現代の日本情報が韓国社会に広がることになる。となると韓国人の日本イメージも過去より現在中心のものになるだろう。そうすれば韓国のマスコミや政治指導者が日本についていまなお「お経」のように批判している「軍国主義復活」とか「覇権主義」「領土拡張主義」などといった古い過去イメージが、いかに見当はずれのものか分かるだろう

 日韓では「友情の年」の昨年、文化イベントをはじめ多くの交流行事があった。地方での自治体交流もきわめて活発だ。もちろん日本ではテレビドラマなど韓流ブームで韓国に対する親近感が広がっている。

 韓国もこれまで一年更新で続けてきた日本に対するノービザの恒久化を発表したが、こうした雰囲気は「靖国神社参拝をやめない限り首脳会談はやらない」などといった現実離れした政治・外交上の摩擦を、きわめて浮いたものにしている。この機会に韓国の対日外交が旧態を脱し、早く平常心に戻ることを期待したい。


 なるほどね。産経としては基本的に賛成の意向ということでしょうか。不法滞在や犯罪に対する手当てを韓国側に求め、現在の韓国の外交にも批判を加えており、ままバランスの取れた内容だと言えるかもしれません。ただし、正直な感想としてはかなり甘い認識なのでは?と感じるところもある。
 
 沢山の韓国人が来日することによって、日本のありのままの姿を見て感じる事が出来れば、彼らが持つ『悪い日本』というイメージが崩れ、反日をやめるかもしれない、という観測ですが、果たしてそうか。確かにある一定の数の人達は産経の主張するように『古い過去イメージが、いかに見当はずれのものか分かる』かもしれない。が、韓国内にはこんな動きもある。こちらをご覧下さい。(オーマイニュースから以下引用※韓国語)


■金完燮氏の「カミングアウト」は、「理由のない反日教育」の産物

独島は日本領だから返せとか、李完用は尊敬するに値する人物だとか、日本が明成皇后を殺害したのは良いことだった等々非常識な発言で社会的物議を醸している金完燮(キム・ワンソプ)氏。彼を見ると、「韓国人なのに、どうしてあんなことができるのか?」という疑念とともに、一方では「韓昇助(ハン・スンジョ)・池萬元(チ・マンウォン)・金完燮のような親日派が次々と出現する理由は何なのか」を知りたい気持ちを持たざるを得なくなる。<中略>

そもそも、金完燮氏のような親日派が堂々と「カミングアウト」(親日宣言)する根本理由は何だろうか? 単刀直入的に言って金完燮氏の「カミングアウト」は、「理由のない反日教育」の産物だと言える。従来の韓国社会の反日教育が「理由ある反日教育」だったなら、金完燮氏のような人物があんなに「無謀に」「カミングアウト」を試みなかったに違いない

従来の反日教育過程で、韓国社会は一つの間違いを犯した。それは、「どうして反日をしなければならないか」という「理由」をきちんと説明していなかったという点だ。日本が韓国に脅迫的な「理由」は何なのか、怠りなく日本を警戒せねばならない「理由」は何なのか、という明確な根拠を提示しなかったのだ。単に「日本は悪い」という掛け声だけ叩き込んでいた。その意味で、我が国の社会の反日教育は「理由のない反日教育」だったのだ。<中略>

「理由のない詰め込み主義的反日教育」がもたらした最大の問題点は、日本に対する韓国人たちの「免疫力」を弱めたという点だ。「日本は悪い」と学んだだけで、「日本はどうして悪いか」という理由は学んだことがないから、実際に日本文化に晒されると何の抵抗力もない「免疫欠乏症」に置かれるようになるのだ。日本文化に本格的に晒されたり日本人と頻繁に接触する過程で、韓国人の「免疫欠乏症」はその深刻な問題点を現わすことになる。日本文化は自己を合理化するもっともらしい「理由」を、「免疫欠乏症患者」に突き付けるからだ。

問題はここで生ずる。日本は自己を防御するための理由を持っているのに対して、韓国人は日本を否定するに足る明らかな理由がないという点だ。詰め込み主義的反日教育の影響を受けて反日意識を持ってはいるが、「日本がどうして悪いか?」という具体的質問を一たび受けると二の句が告げないのだ。他人への説明以前に、自分自身にもまともに説明できないのだ。

このように「理由」を付けることができない韓国人たちに、日本は「理由」を突き付ける。こうした状況に直面した韓国人たちにとって、日本の提示する理由が妥当か否かは重要ではない。日本が「理由」を持っているという点が驚くべき事実として認識されるのだ。「理由」がないと思っていた日本が「理由」を持っていると知って、「心理的衝撃」を受けるようになる。一たび先入観が崩れてしまえば、日本の提示する理由が妥当か否かを検証しないままこれを無条件に受け入れるようになる。<中略>「私は今まで韓国社会に騙されていた」と考えるようになれば、その時からは心の中でも「祖国」を攻撃するようになる。<中略>

日本が我が民族を苛酷に収奪したというから、その36年間で韓国経済は言葉も出ないほど疲弊したのだろうと思っていたら、実際に日本人に会ってみると、植民統治期間に韓国が近代化
されたという根拠が提示される。その時から日本に対する「先入観」が崩れて、遂には「李完用は愛国者だ」とか「日本のおかげで朝鮮が近代化された」などと主張するようになる。<中略>

いま私たちに必要なことは、今度の機会に真の意味での「反日教育」を一段階グレードアップすることだ。今後、韓日交流がいっそう拡がれば、より多くの韓国人が日本人の「理由ある」主張に晒されるであろう。そんな状況で第2・第3の金完燮を予防しようとするなら、新しい社会環境・知識水準などに相応しい洗練された「反日教科書」を準備する必要がある。「理由ある」反日教育だけが、真の解決になるであろう。


 す、す、スゲエ・・何が凄いって、これまでの反日教育は日本が悪いという『理由』を提示せずに詰め込んできたが故に対抗出来ない、だから『理由』をつけるべきだとしているところ。これって普通は自らを疑うべきところなんですが、韓国人は違うようです。

 そもそも理由があれば、わざわざ隠す必要などない訳です。その『理由』とやらが無いために『単に日本が悪い』という掛け声を叩き込んできたわけだ。理由が無いとなれば『自分達が間違ってるのか?』という疑問を抱くのは当然ですし、キム・ワンソプ氏なども自らを見つめ直した結果、『韓国の反日は間違っている』という声を上げたんでしょう。

 日本人が韓国人に突きつける『理由』とは、客観的な資料に基づく証拠であり、単なる伝聞や妄想ではない。キム氏など韓国で親日派認定されている人だって、愛国心を持つ韓国人。当然、日本が提示する証拠への反証を探した事でしょう。だが、どこを探したって無い。韓国の教科書に記載されている『歴史』とやらが、日本はもちろん世界(特定アジアを除く)で認識されている歴史とは著しく乖離している事を知ってしまったのだ。
 
 そうとなれば、韓国の反日には正当性が無く、ただ単に反日をやりたいだけじゃないか!と思うのも当然であり、根拠も無く隣国を糾弾し、無用な摩擦を生み出す危険性に警鐘を鳴らすのもまた当然。妄想を払いのけ、出来る事なら隣国と仲良くしたいと願うキム氏などが本物の愛国者と言えるのではないでしょうか。

 それをどう勘違いすれば『洗練された新たな反日教科書』を作るべきだ、という主張になるのか。そしてなぜ『理由ある反日教育だけが、真の解決』になるのか・・意味がわからない。過去の歴史を論ずるには『当時の』客観的な資料、証拠をもってするしかない筈だ。またねつ造の上にねつ造を重ねるってことなのか。嘘に何を積み重ねたって真実にはならないのに。

 このような想像を絶する主張を見ると、産経の観測は希望的に過ぎないのではないか?と思ってしまいます。『反日だけが生きる道だ』と信じ込んでる韓国人の果たしてどれだけの人間がキム氏のように目が覚めるのか甚だ疑問だ。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。