管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナベツネという男 『老害は消え去れ』
 男80にしてボケる。この言葉がピッタリはまる人物は大新聞読売のグループ会長、現役の主筆としてご活躍中の渡邉恒雄氏。ナベツネという通称で知られるこの御仁は靖国神社、もっと言えば戦前の日本を憎むあまり、最近、迷走に迷走を重ねています。

 今年1月、長年敵対関係にあった朝日新聞と『反靖国参拝』で手を組み、『論座(朝日新聞系列)』にて朝日の論説委員である若宮氏と一緒に小泉総理の靖国参拝を糾弾。さらにサヨクの大物である筑紫哲也氏の番組『ニュース23』に出演し、ここでも反靖国参拝の主張をぶった。

 まだまだ足らぬとばかりに、今度は米国『ニューヨークタイムス』で何か喚いているようです。こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用※韓国語)

【読売新聞会長~『喜んで神風が出撃したと言うのは嘘』】

日本で保守的な論調の読売新聞・渡辺恒雄会長兼主筆が歴史も
分からない小泉純一郎総理が勉強もしないと批判して注目を集めている。

渡辺会長は11日(現地時間)、発刊されたニューヨーク・タイムズとの週末ワイドインタビューで「小泉、この人は歴史や哲学が分からないのに勉強もしないし、教養もない」と語った。

渡辺会長は引き続き「彼が『靖国参拜の何が間違いのなのか』『靖国を批判する国は中国と韓国しかない』など愚かな事を言うのが正にそれだから」とし、続いて「彼の無知から始まった事だ」と批判した。

太平洋戦争の終盤に行き詰まった軍部が神風特攻隊を出陣している時期、二等兵で軍に入隊した渡辺会長は神風に対しても苦言を漏らした。

彼は「彼らが『天皇陛下万歳!』と叫んで勇敢に喜んで行ったと言うことは全て嘘であり、彼らは屠殺場の羊のみだった」とし、「一部の人は立ち上がる事が出来なくて機関兵士達により無理矢理飛行機の中に押し入れられた」と語った。

ニューヨークタイムズは事務室で2時間の間インタビューを行った渡辺会長が「今年で年が80とあまり残っていない」と言い出した後、日本が凶悪だった戦争の時代を認める必要があると強調したと伝えた

発行部数が1千400万部と世界最大の新聞社の会長である彼が、過去に紙面を通じて熱心に育成したナショナリズムが浮び上がっているのに対し、今では疑問を申し立てているということ。

渡辺会長の初行動は去年の6月、社説を通じて小泉総理の神社参拜を批判することから始まった。これはそれまでの靖国訪問に対する外国の批判を本能的に批判する傾向があった読売としては態度を180度変えた事だ。

日本とアジア近隣諸国の関係に対する渡辺会長の憂慮を反映したこの社説は、靖国神社に代わる追悼施設を作ることを促しながら政界に波紋を拡げた。

渡辺会長はA級戦犯の東條英機前総理をヒトラーに比喩しながら、小泉総理はミリタリズムを賛美する祠堂を崇拜すると批判した。

特に戦争を経験した多くの戦後リーダー達のように、渡辺会長も戦争を全然経験していない人々が更に感情的なナショナリズムを訴えているに対し、気にいらなく思っているという事である。
(中略)

日本が過去の蛮行を自ら検証しなければ、決して成熟した国にはなれないと確信する渡辺会長は、約60年前に発生した事件に関する年間シリーズ記事を載せるように指示をした。

彼はこのシリーズが一部の政治家の見解を変え始めたとし、「私は日本全体を変える事が出来ると思う」ともっと大きな野心を打ち明けたとニューヨークタイムズは付け加えた。

訳文は2chからの転載


 何ですか?これ。無茶苦茶じゃないですか。ナニナニ?『靖国を批判する国は中韓しかない』ってのが嘘だって?ほう。ならば『国の見解』として反対している国を挙げてみよ。引退した政治家とかはダメ。それは個人の見解だから。国として靖国参拝に反対しているのは中韓しかありません。

 で?特攻で散華した隊員は『屠殺場の羊のみだった』とは・・これには怒りを禁じえない。中には嫌だった人も居たということならば話はわかるが、言うに事欠いて『屠殺場の羊のみだった』だと?勇敢に戦ったと言うことが『全て嘘』だと?ふざけるな!侮辱するにも程がある。

 戦争経験者だったような事を言ってるが、1945年7月に入営し、終戦の2日前に除隊しており、一度も戦闘行為に参加してないじゃないか。戦時の日本に暮らしていたというだけで、特攻がどんなものであったかなんて、知らないんじゃないの?軍でいじめられたからって、私怨フィルターで物事すべてを断ずるな。

 まあしかし節操の無い御仁だ。朝日の若宮、TBSの筑紫と来てNYTですか。NYTと言えば、有名な反日記者『ノリミツ・オーニシ』氏が居ますが、これもオーニシ氏との対談なんじゃないの?

Shadow Shogun Steps Into Light, to Change Japan

By NORIMITSU ONISHI Published: February 11, 2006

Japan's most powerful media baron, Tsuneo Watanabe, has recently spoken out, questioning the nationalism his newspaper has cultivated.
ニューヨークタイムス


 やっぱり。どうしようもねえな・・この人は。まあ、地金が出たと言えばそれまでなんですが、実に鬱陶しい。日本で退潮気味の反日機運に息を吹き返させるべく手を貸すとは。やっとまともな国になりつつあるのに、世界一の発行部数を誇る読売を極左反日マスコミにでも変貌させて時代を逆行させるつもりなのか?

 おい、ナベツネよ、もう80なんだからおとなしくしてろよ。いつまでも影響力を行使するなんて迷惑も迷惑大迷惑だ。老害は消え去れ!そして読売新聞よ、早くこの妖怪を叩きだせ。いつまでもこの御仁を主筆に留め、この手の反日活動を続ける事を黙認するなら、読売も朝日と同じ『反日マスコミ』のレッテルを貼られるぞ。いや、貼ってやる。


関連エントリー:国立追悼施設建設にナベツネ参戦 『妖怪退散!』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

公明党は自民との連立を解消すべき 5
 今年3月から実施される韓国人ビザ恒久免除。治安の悪化が心配される中、『犯罪件数の増加は無く、問題ない』とした政府が免除方針を決定したというニュースが流れてから、僅か数日でこんな事件が起こりました。(日刊スポーツから以下引用)

韓国人のすり集団3人逮捕、5人逃走

 警視庁捜査3課は10日までに、地下鉄の駅ですりをしたとして、窃盗容疑などで住所、職業不詳金陳球容疑者(39)ら自称韓国人の男3人を逮捕した。ほかに5人が逃走したとみられ、行方を追っている。

 これまで韓国人のすり集団は3~4人で犯行を繰り返すことが多かったが、最近は摘発を逃れやすいように多人数化が進んでいるという。

 調べでは、金容疑者らは9日午前11時10分ごろ、東京都中央区の地下鉄東京メトロ銀座線銀座駅で、千葉県市川市の女性(55)のショルダーバッグから、現金5万円やキャッシュカードなどを盗んだ疑い。

 金容疑者ら3人が、盗んだキャッシュカードを使い、隣駅の現金自動預払機(ATM)コーナーで現金を引き出そうとしたところを、捜査員らが取り押さえた。3人は包丁を振り回して抵抗したという。

 東京都内の昨年1年間のすり被害は約6400件で、前年より約1800件減少しているが、このうち韓国人すり集団の犯行とみられるものは約1200件と、約400件増加している。

[2006/2/10/14:26]


 やっぱりね。検挙数の増加が少なかっただけで、実際の犯罪件数としてはかなり増えてるわけだ。包丁を振り回して抵抗って・・これはスリじゃなくて強盗でしょ?凶悪犯じゃないですか。ビザ免除で強盗がワンサカ来日するのか・・これでも『問題なし』とするのか?政府は考え直すべきではないか?いや、今すぐ撤回しろ。

 と、いきなりケチがついたビザ免除の方針ですが、韓国政府の強い要望を受け、積極的に推進していたのは公明党。中韓の要望に応える事が主な仕事になっている公明党は韓国への配慮を勝ち取ってさぞや嬉しかったでしょう(怒)。続いて中国様へもお追従しているようです。こちらをご覧下さい。(共同通信から以下引用)

首相の靖国参拝けん制 戴次官、神崎氏らと会談

 公明党の神崎武法代表は10日午後、中国の戴秉国外務次官と国会内で会談し、戴氏は小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「靖国参拝は政治的原則にかかわる問題だ」とけん制した。

 戴氏は「日中双方が昔了解したことを今言えるかどうかにかかっている」と指摘。公明党の同席者は、日本が侵略の事実を認めた1998年の日中共同宣言を念頭に、A級戦犯を祭った靖国神社への参拝は同宣言の精神に反しているとの認識を示したとみている

 さらに、戴氏は「日本の多くの政治家も今の日中関係を続けてはいけないと思っているだろう。美しい未来のために努力すべきだ」と強調した。
 これに対し、神崎氏は「日中関係は世界の平和にとっても重要だ。公明党は一貫して首相は靖国神社を参拝すべきではないと主張してきた」と応じた
 戴氏は安倍晋三官房長官とも会談した。


 なんだこれ?中国様に怒られて『でもね、ボク達は小泉総理に行っちゃダメだって言ってたよ!』って、お前らはスネオか。日中共同宣言に基づいてないというなら、怒鳴り込んで来た中国はどうなんだ?宣言の内容を見てみましょう。

双方は、主権及び領土保全の相互尊重、相互不可侵、内政に対する相互不干渉、平等及び互恵、平和共存の諸原則並びに国際連合憲章の原則が、国家間の関係を処理する基本準則であることを確認した。

以上、日中共同宣言から抜粋。全文はこちら→日中共同宣言


 『尖閣諸島は中国のものだ』と言ったりガス田を一方的に開発して主権・領土の相互尊重に反し、日本の領空・領海を侵犯。靖国参拝、歴史教科書、果ては自民党の総裁選にも口を出して内政干渉しまくり。『すべて日本が譲歩しろ』的な平等・互恵とはかけ離れた態度を貫き、ミサイルの照準を日本の主要都市に合わせて平和共存の諸原則にも反している。日中共同宣言に基づいてないのは一体どっちだ?

 公明党はこれらの問題で中国に抗議したことはあるのか?いつも中国の言い分を垂れ流してるだけじゃないのか。それでも日本の政党と言えるのか!呆れるよ。本当に。しかも悪い事に公明党は連立与党の一員。政権与党内に現政権と立場を完全に異にする政党が存在するなんてあり得ない。

 おい公明党よ、そんなに現政権のやる事が気に入らないなら連立を解消して下野しろよ。その昔、村山政権時代に『自衛隊容認』に方針転換し、最近また『非武装中立』に戻した卑怯者の社民党が『小泉政治は末期症状(日経)』なんて言ってるぞ。社民党は先祖がえりする事によって、党勢拡大に繋がると見ているそうだ。末期症状の小泉政治にお付き合いする理由はあるまい。もともと社民党に考え方が近いんだから、カルトはカルト同士、共闘したら如何か。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。